iPhoneSE(第2世代)はどこで買うのがお得?一番安く買うための格安SIM比較

スマホ比較

iPhoneSE(第2世代)は大手3キャリアだけでなく楽天モバイルやワイモバイルなど様々なキャリアで販売しています。

販売しているキャリアによって端末価格やキャンペーンが違うので、iPhoenSE(第2世代)はどこで買うのが一番安いのか知りたいという人も多いですよね。

  • iPhoneSE(第2世代)を安く買うならどこがお得?
  • iPhoneSE(第2世代)を安く買う方法?
  • iPhoneSE(第2世代)は大手キャリアと格安SIMどっちがお得?
  • iPhoneSE(第2世代)にオススメの格安SIMは?

iPhoneSE(第2世代)は安く買うと定価で購入するよりも2年間で9万円ほど料金節約につながります。

ぜひ本記事をチェックして購入するショップやキャリアのキャンペーンをうまく活用しながらiPhoneSE(第2世代)を最安値で購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

iPhoneSE(第2世代)を安く買うならどこがお得?

ショップによって値段が違う!

iPhoneSE(第2世代)は2021年現在、ドコモやau・ソフトバンクだけでなく様々なキャリア(店舗)で販売しています。

ただiPhoneSE(第2世代)の値段は販売キャリアやショップによって異なるので価格比較をしてみました。

定価64GB128GB256GB
ドコモ一括:54,024円
24回分割:2,251円
一括:62,568円
24回分割:2,607円
一括:75,240円
24回分割:3,135円
au一括:55,270円
24回分割:2,302円
一括:61,250円
24回分割:2,552円
一括:75,215円
24回分割:3,133円
ソフトバンク一括:57,600円
24回分割:2,400円
一括:64,080円
24回分割:2,670円
一括:78,480円
24回分割:3,270円
楽天モバイル一括:55,170円
24回分割:2,298円
一括:61,150円
24回分割:2,547円
一括:75,115円
24回分割:3,129円
ワイモバイル一括:57,600円
24回分割:2,400円
一括:64,080円
24回分割:2,670円
販売なし
UQモバイル一括:42,900円
24回分割:1,787円
一括:54,780円
24回分割:2,282円
販売なし
アップルストア一括:49,280円
24回分割:2,053円
一括:54,780円
24回分割:2,282円
一括:66,880円
24回分割:2,786円
ビックカメラ一括:49,280円
24回分割:2,053円
一括:54,780円
24回分割:2,282円
一括:66,880円
24回分割:2,786円
ヨドバシカメラ一括:49,280円
24回分割:2,053円
一括:54,780円
24回分割:2,282円
一括:66,880円
24回分割:2,786円

通常価格(定価)でみるとiPhoneSE(第二世代)が安いキャリアはUQモバイルですね。

ただauやドコモ、ソフトバンクではキャンペーンを利用することで通常価格よりも2万円ほど安く買うこともできます。

また回線契約なしで端末のみ購入するならビックカメラやヨドバシカメラも1%のポイント還元がもらえるので割安かもしれません。

つまりiPhoneSE(第2世代)を安く買う方法は通常価格ではなくキャンペーンや割引を利用していくらで買えるか?を確認することが重要ですね。

なおiPhoneSE(第2世代)のキャンペーンは利用条件があるのでどこが最安値になるのかは一概には言えないことも多いです。

ただiPhoneSE(第2世代)を誰でも安く買える方法はあるのでご紹介していきましょう。

iPhoneSE(第2世代)を誰でも安く買う方法

キャンペーンを使う!

結論から言えばiPhoneSE(第2世代)を安く買うにはiPhoneSE(第2世代)と格安SIMをセットで購入するのが誰でも安く買える方法です。

少し前は格安SIMの契約と端末本体のみを別々で買うのが最安値で使う方法でした。

ただ2021年現在では格安SIMを提供するワイモバイルやUQモバイルでiPhoneSE(第2世代)を安く買えるキャンペーンを積極的にやっています。

そのため格安SIMと端末本体のみを別々で安く購入するよりもiPhoneSE(第2世代)と格安SIMをセットで購入する方がトータルで安く購入することができるようになったわけですね。

なお格安SIMだけでなく大手キャリアや端末本体のみ購入する場合でもiPhoneSE(第2世代)を安く購入する方法はあります。

格安SIMはちょっと・・・という人は大手キャリアやビックカメラ、ヨドバシカメラのキャンペーンもご紹介するのでチェックしてみましょう。

iPhoneSE(第2世代)と格安SIMのセット購入なら機種値引きキャンペーン

格安SIMのワイモバイルや楽天モバイルではiPhoneSE(第2世代)と格安SIMのセット購入で機種代金の値引きを実施しています。

このiPhoneSE(第2世代)の機種値引きキャンペーンを利用すると安く買うことが可能です。

キャンペーンの利用条件も緩いのでiPhoneSE(第2世代)を誰でも安く買える方法だと言えます。

ワイモバイル64GB128GB256GB
通常価格57,600円64,080円販売なし
WEB購入限定39,600円46,080円販売なし

ワイモバイルオンラインストアでWEB購入すると自動的に値引きされるキャンペーンです。

楽天モバイル64GB128GB256GB
通常価格55,170円61,150円75,115円
乗り換え限定33,170円39,150円53,115円

楽天モバイルにMNPして乗り換えると自動的に値引きされるキャンペーンです。

なお格安SIMのUQモバイルはiPhoneSE(第2世代)を安く買えるキャンペーンはありません。

ただUQモバイルは通常価格が安いのでiPhoneSE(第2世代)を店舗で購入したい人はお得に買えます。

大手キャリアならiPhoneSE(第2世代)を安く買うサポートキャンペーン

auやドコモ、ソフトバンクではiPhoneSE(第2世代)を購入して2年後に返却すると機種代金が安くなるキャンペーンがあります。

auは「かえ得プログラム」、ドコモは「スマホお返しプログラム」、ソフトバンクは「トクするサポート+」というキャンペーンですね。

au64GB128GB256GB
通常価格55,270円61,250円75,215円
かえ得プログラム利用時28,750円31,970円39,215円
ドコモ64GB128GB256GB
通常価格54,024円62,568円75,240円
お返しプログラム利用時38,016円41,712円50,160円
ソフトバンク64GB128GB256GB
通常価格57,600円64,080円78,480円
得するサポート利用時28,800円32,040円39,240円

auやドコモ、ソフトバンクのiPhoneSE(第2世代)が安く買えることがわかりますね。

ただiPhoneSE(第2世代)を36回分割や48回分割で購入し25ヶ月目以降にキャリアに返却する必要があります。

iPhoneSE(第2世代)をリース契約するというイメージなのでキャンペーンを利用しずらいというのはデメリットかもしれません。

回線契約なし端末本体のみ購入するならポイント還元キャンペーン

アップルストアやビックカメラ、ヨドバシカメラではiPhoneSE(第2世代)のSIMフリー端末が販売しています。

iPhoneSE(第2世代)のSIMフリー端末の最安値はアップルストアではなくビックカメラかヨドバシカメラです。

というのもビックカメラやヨドバシカメラなら通常価格の1%がポイント還元されるので割安で購入ができます。

ワイモバイル64GB128GB256GB
アップルストア49,280円54,780円66,880円
ビックカメラ
(1%ポイント還元)
49,280円
(492pt)
54,780円
(547pt)
66,880円
(668pt)
ヨドバシカメラ
(1%ポイント還元)
49,280円
(492pt)
54,780円
(547pt)
66,880円
(668pt)

なおビックカメラやヨドバシカメラでは数量限定でiPhoneSE(第2世代)の一括1円キャンペーンなども突発的に実施していることがあります。

Twitterなどで常に情報収集が必要な上にすぐに在庫切れになってしまうので定期的に確認する必要がありますね。

大手キャリアと格安SIMはどっちがお得?オススメの人は?

格安SIMの方がお得!

iPhoneSE(第2世代)を安く使うなら格安SIMの方がお得です。

というのも大手キャリアだと2年後にiPhoneSE(第2世代)を返却しないと安く買えないですし、プラン料金も割高ですよね。

例えばソフトバンクのメリハリ無制限とワイモバイルのシンプルLで比較してみても格安SIMの方が2年間で9万円も料金が安くなることがわかります。

ソフトバンクワイモバイル
iPhoneSE2(64GB)57,600円39,600円
データ量無制限30GB
プラン料金7,238円4,158円
2年間合計231,312円139,392円

ソフトバンクのメリハリ無制限はデータ使い放題プランですが、ワイモバイルのシンプルLと比較しても月額3,000円ほど高くなりますよね。

iPhoneSE(第2世代)をデータ使い放題で使いたい人以外は格安SIMを利用した方がお得です。

大手キャリアが向いている人はこんな人!

  • データ使い放題プランが利用したい
  • 店舗でサポートしてもらいたい

一方でiPhoneSE(第2世代)を1円でも安く買いたいならワイモバイルやUQモバイルなどで格安SIMと端末本体のセット購入するのがお得ですね。

iPhoneSE(第2世代)におすすめの格安SIMは?

特徴をチェック!

2021年現在では格安SIMを提供するMVNO事業者数は1,516社、契約数で1,216万回線と2014年以降右肩上がりで契約数が増えてきています。

これはiPhoneSE(第2世代)に限らず格安SIMを利用した方がスマホの料金が安く、しかも通信速度も遅くならないというメリットが人気の理由ですね。

中でもiPhoneが買えるワイモバイルやUQモバイルなどは格安SIM最強と言われるほど人気の高い格安SIMでおすすめです。

人気の格安SIMには携帯会社ごとの特徴があるので下記にまとめてみました。

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで料金が安いだけでなく通信速度が安定して速いという点が大きな特徴です。

iPhoneSE(第2世代)をWEBで購入したい人なら最安値で買うことが可能です。

なお料金プランはシンプルS/M/Lとデータ量ごとに3つのプランから選ぶことができます。

シンプルSシンプルMシンプルL
データ容量5GB20GB30GB
プラン料金2,178円3,278円4,158円

またワイモバイルでは家族割やおうち割の併用をするとシンプルSが月額1,078円で利用できるようになります。

ワイモバイルはWEB購入で大きなメリットがある格安SIMなので、店舗でのサポートは期待できないので注意しましょう。

■おすすめの理由

  • ソフトバンク利用者は乗り換えしやすい!
  • 料金プランが安い
  • 通信速度が安定している
  • iPhoneSE(第2世代)がWEB限定キャンペーンで安い
  • 今ならプラン料金1ヶ月無料!

ワイモバイル

UQモバイル


UQモバイルはauのサブブランドなので通信速度も速くiPhoneSE(第2世代)が通常価格で一番安く買えるキャリアですね。

iPhoneSE(第2世代)はWEBで購入するならワイモバイルの方が安く買うことができますが、UQモバイルは店舗でも同じ料金なので店舗で購入するならUQモバイルが最安値です。

なおUQモバイルの料金プランはくりこしプランS/M/Lのデータ量ごとに3つのプランがあります。

くりこしSくりこしMくりこしL
データ容量3GB15GB25GB
プラン料金1,628円2,728円3,828円

UQモバイルをワイモバイルと比較するとUQモバイルの方がデータ量が少ない分プラン料金は安いですね。

なおでんきセット割を併用するとくりこしプランSが月額990円で使えるので自宅の電気をauでんきやUQでんきに変えるとさらにUQモバイルが安く使えます。

■おすすめの理由

  • au利用者は乗り換えしやすい!
  • 料金プランが安い
  • 通信速度が速い
  • iPhoneSE(第2世代)を店舗で購入するなら一番お得

UQモバイル

楽天モバイル


楽天モバイルは契約者数が400万回線を突破した今一番注目されているキャリアです。

もちろん楽天モバイルでもiPhoneSE(第2世代)の販売をしていて乗り換え(MNP)限定で22,000円の機種代金値引きをしてくれます。

楽天モバイルの料金プランはUN-LIMITⅥで、利用したデータ量に応じて料金が変わるデータ無制限プランが大きな特徴です。

アンリミット6
データ容量データ無制限
プラン料金0〜1GBまで:無料
1GB〜3GBまで:1,078円
3GB〜20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円

楽天モバイルのUN-LIMITⅥは毎月1GBまでならプラン料金がかかりません。

また20GB以上だとデータ上限なしで月額3,278円で使えるのでワイモバイルやUQモバイルよりも大容量データプランが使いたい人にはお得ですね。

ただ楽天モバイルは通信エリアがワイモバイルやUQモバイルよりも狭いので、申し込み前に楽天回線エリアかどうかチェックしておくといいでしょう。

■おすすめの理由

  • とにかく料金が安い!
  • データ無制限プランが使える
  • iPhoneSE(第2世代)に乗り換えるならお得
  • 今ならプラン料金3ヶ月無料!

楽天モバイル

iPhoneSE(第2世代)のスペック

iPhoneシリーズ最安値!

iPhoneSE(第2世代)はiPhone11とほぼ同じスペックがあります。

ただiPhoneSE(第2世代)の方がiPhone11よりも安いのでiPhoneシリーズの中ではコスパのいいスマホだと言えますね。

スペック
ディスプレイ4.7インチ
サイズ
(縦×横×厚さ)
138.4×67.3×7.3mm
容量(ストレージ)64GB
128GB
256GB
CPUA13 Bionic
バッテリー1,821mAh
カメラメインカメラ:1,200万画素
アウトカメラ:700万画素

なおiPhoneSE(第2世代)はディスプレイサイズが4.7インチなので手の小さい人でも片手で操作ができる点は人気の理由の一つですよね。

またiPhoneSE(第2世代)のバッテリー性能はiPhone8と同等で動画の連続再生で13時間、音楽の連続再生で40時間もバッテリーが長持ちします。

iPhoneシリーズの中では最高スペックとは言えないまでもそこそこの性能があるのでコスパ重視で1円でも安く買いたい人にはおすすめなモデルだと言えるでしょう。

iPhoneSE(第2世代)はどこで買うのがお得?まとめ

iPhoneSE(第2世代)はiPhoneシリーズの中では最安値で購入できるスマホなので検討している人も多いですよね。

ただ一番安いキャリアを探すとなると一概に言えないのも事実ですね。

iPhoneSE(第2世代)を誰でも安く購入する方法としては格安SIMと端末本体のセット購入がベストです。

大手キャリアで購入するのと比較して2年間で9万円ほど安く買えますので格安SIMで申し込みの検討をしてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました