楽天モバイルの申し込み方法を完全ガイド!実際の手順やエラー時の対処方法も解説

RM契約

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルはデータ無制限で月額3,278円と非常に安く使えるので、その安さから乗り換え(MNP)や新規契約の検討をしている人も多いかもしれません。

申し込みから利用開始までの手順は非常に簡単で最短2日で届きますが中にはエラーで申し込みできなかったりするケースもあるので手順や注意点についてはしっかり確認しておきましょう。

本記事では楽天モバイルの申し込み手順だけでなくトラブルの対処方法や契約審査、キャンセルや返品など申し込み手続きに関する様々な情報を詳しくまとめています。

スムーズに楽天モバイルの利用開始できるように事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
  1. 楽天モバイルの申し込みはオンラインがお得!
  2. 楽天モバイルの申し込み手順
    1. 手順1:事前準備する
    2. 手順2:公式オンラインショップから申し込み
    3. 手順3:端末やSIMカードを自宅で受け取る
    4. 手順4:回線の切り替え(MNP転入)をする
  3. 楽天モバイルの申し込み状況を確認する方法
  4. 楽天モバイルの申し込みができない理由と対処方法
    1. クレジットカードのエラーで申し込みできない
    2. 申し込み画面が進まない
    3. サーバーエラーでつながらない
  5. 楽天モバイルで申し込む前に確認すべき注意点
    1. パートナー回線エリアだと月5GBまで
    2. 18歳以下の未成年者はオンライン申し込みできない
    3. 楽天アンリミット以外の新規申し込みはできない
    4. 複数回線の同時申し込みはできない
    5. キャンセルや返品ができないケースもある
    6. iPhoneは台数制限がある
    7. 解約金がかかる可能性あり
  6. 楽天モバイルの申し込みで利用できるキャンペーン
    1. 楽天アンリミットが3ヶ月間無料キャンペーン
    2. iPhoneに乗り換えで楽天ポイントがもらえる
    3. androidに乗り換えて楽天ポイントがもらえる
    4. SIMのみ契約でも楽天ポイントがもらえる
  7. 楽天モバイルがおすすめできる理由
    1. 楽天回線エリアならデータ無制限の使い放題
    2. いつ解約しても解約金はなし
    3. 通話やSMSが無料で使える
  8. 楽天モバイルの申し込み方法まとめ

楽天モバイルの申し込みはオンラインがお得!

楽天モバイルの申し込みは店舗よりもオンラインショップがおすすめです。

というのも月額料金や利用できるキャンペーンは店舗もオンラインも同じですが24時間好きなタイミングで申し込みが可能で在庫切れになりにくいというメリットがあるからです。

楽天モバイルの店舗数は全国でも800店舗と少ないため混雑しがちで来店予約をしないと待ち時間が長く人気の端末が買えないということも珍しくありません。

またオンライン限定キャンペーンなどを実施していることもあるので、少しでもお得に申し込みするならオンラインショップで申し込みするといいでしょう。

コロナにおける緊急事態宣言の影響で一部店舗で休業や営業時間の短縮が実施されています。可能な限りWEBで申し込みするのがオススメです。

楽天モバイルの申し込み手順

楽天モバイルでは申し込みから利用開始までにかかる日数は最短2日で申し込みの流れは大まかには下記になります。

  1. 事前準備をする
  2. 楽天モバイル公式サイトで申し込み
  3. 自宅で端末やSIMカードを受け取る
  4. 回線の切り替え(MNP転入)する

オンラインショップの申し込み手順は難しいわけではありませんが、間違えると審査に落ちたり端末が届くまでに時間がかかるケースもあるので流れをしっかり把握しておきましょう。

手順1:事前準備する

まずは楽天モバイルで申し込みする前に必要なものを準備しておきましょう。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード/キャッシュカード
  • 楽天会員ユーザーIDとパスワード

ちなみにSIMのみ契約でも必要なものは変わりませんが、楽天モバイルに端末を持ち込みするならSIMフリー端末やSIMロック解除が必要になるので事前に用意しておきましょう。

本人確認書類

楽天モバイルの申し込みに必要な本人確認書類をまとめました。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳
  • 健康保険証 + 補助書類
  • 日本国パスポート + 補助書類
  • 住民基本台帳カード + 補助書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードを本人確認書類にするなら補助書類の提出も必要になるので下記の補助書類の中からいずれかを準備しておきましょう。

  • 公共料金の請求書/領収書
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

補助書類は発行日が3ヶ月以内でないと使えないので、楽天モバイルで申し込みする直前に発行しておくといいですね。

また「本人確認書類に記載された氏名と住所」と「補助書類に記載された氏名と住所」は一致していないと書類不備で契約審査に落ちてしまうので注意しましょう。

MNP予約番号

楽天モバイルへ電話番号そのままで乗り換えるのであればMNP予約番号が必要なので転出元のキャリアで取得しておきましょう。

ただMNP予約番号の有効期限は取得日含め15日間になっていて、楽天モバイルでは有効期限が7日以上残っていないと申し込みできないので取得するタイミングに注意しましょう。

MNP予約番号は手続きをすれば即日発行できるので楽天モバイルで申し込みする直前に取得しておくといいですね。

楽天モバイルで新規契約する人はMNP予約番号は不要です。

クレジットカード/キャッシュカード

楽天モバイルの支払い方法はクレジットカード払いや口座振替だけでなく楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードも使うことが可能です。

ただ支払い方法によって端末の支払い回数が異なるので注意したほうが良さそうです。

一括払い24回分割48回分割
楽天カード
その他のクレジットカード×
楽天銀行デビットカード
スルガ銀行デビットカード
××
口座振替×××

ちなみに楽天モバイルでは口座振替だとプラン料金しか支払えないので端末代金は代引きで現金払いすることになります。

また口座振替手数料も毎月110円かかるのでクレジットカード払いにしておくのがおすすめですね。

楽天会員ユーザーIDとパスワード

楽天モバイルの申し込みには楽天会員IDが必要なので、楽天会員じゃないという人は事前に登録しておくようにしましょう。

なお楽天会員情報として登録している住所宛に購入した端末やSIMカードが郵送されるので、実家の住所だったり旧住所だと受け取れないといったことにもなります。

そのため楽天会員として登録している氏名や住所が間違えていないか確認した上で、必要であれば会員情報の更新や変更をしておくとスムーズですね。

手順2:公式オンラインショップから申し込み

楽天モバイルの申し込みは楽天モバイル公式オンラインショップから専用の申し込みページにアクセスして手続きします。

スマホだけでなくPCやタブレットからでもアクセスできるので事前準備さえしておけば手続き時間も10分程度なので簡単に申し込みができます。

1.オンラインショップにアクセス

まずは楽天モバイルにアクセスして上部の「お申し込み」をタップしましょう。

2.プランとオプションを選ぶ

楽天アンリミットのプランが表示されるので「プランを選択する」をタップします。

自動的にカートに追加されるので、そのままオプションの追加や削除をしておきましょう。

ちなみに楽天モバイルでは「スマホ交換保証プラス」「故障紛失保証 with AppleCare Services」などの端末保証オプションは申し込み時にだけ加入が可能です。

オプションサービス選択でチェックをしないなら後から追加加入ができないので注意しましょう。

オプションを選択したらそのまま下にスクロールしてSIMタイプを選びます。

SIMタイプに注意

楽天モバイルでは物理SIMだけでなくeSIMにも対応しているのでどっちにするかSIMタイプを選択しましょう。

  • 物理SIM:nanoSIMなど従来のカードタイプのSIMカード
  • eSIM:スマホに内臓された一体型のSIMカード

ちなみに物理SIMからeSIMに変更して乗り換えることも可能ですが、eSIMは対応機種でないと使えないのでeSIMを使いたい人は事前に調べておきましょう。

SIMタイプを選んだらスマホを購入する人は「製品選択へ進む」、SIMのみ契約するなら「この内容で申し込む」をタップしましょう。

3.購入したい端末を選ぶ

製品選択へ進むをタップすると機種一覧が表示されるので購入したい端末を選びましょう。

iPhone13やiPhone12を購入するなら「iPhone」を、androidなら「スマートフォン・その他」を選んでおくだけなので簡単ですね。

端末を選んだらカラーや容量、端末代金の支払い回数を選んで「カートに追加する」をタップします。

ちなみに端末を間違えてカートに追加してしまったら最上部の「カート」をタップすれば追加した製品を削除することができます。

4.楽天会員ログインをする

すでに楽天会員の人はユーザーIDとパスワードを入力してログインしておきましょう。

楽天会員ではない人は「楽天会員に新規登録(無料)してサービスを利用する」をタップするとその場で新規会員になることができますので登録しておきましょう。

またパスワードを忘れた人も「ユーザーID・パスワードを忘れた場合」をタップすればメールで再発行することができます。

5.本人確認書類のアップロード

楽天会員の情報が表示されるので氏名や生年月日、住所を確認します。

なお本人確認書類に記載している情報と楽天会員の情報が一致していないと申し込みしても書類不備で契約審査に落ちてしまいますので注意しましょう。

本人確認書類の種類を選択して「表面を読み取る」をタップすると写真フォルダが開けるようになるので本人確認書類の画像を選んでおけば自動的にアップロードされます。

ちなみに本人確認書類は書類によっては表面だけでなく裏面のアップロードが必要なケースもあります。

細かくルールが決まっているので本人確認書類のアップロードに関するルールは事前に確認しておくといいでしょう。

楽天モバイルで本人確認する方法

楽天モバイルでは本人確認書類をアップロードしないで別の方法でも本人確認することができます。

  • 本人確認書類の画像をWEBでアップロードする
  • AIかんたん本人確認(eKYC)
  • スマホやSIMカードを受け取り時に自宅で本人確認

AIかんたん本人確認、いわゆるeKYCとはオンライン上でAIが自動的に本人確認してくれるサービスでスマホやアプリで顔写真と本人確認書類を登録すればその場で本人確認が完了します。

主に楽天モバイルでeSIMを使うときに利用する本人確認の方法で、eSIMの申し込み後5分で利用開始できるメリットがあります。

また本人確認書類のアップロードができないという人は自宅で端末やSIMカードを受け取るときに配達員に書類を渡して本人確認してもらうこともできます。

ただeKYCも自宅で本人確認する方法も使える本人確認書類が限られているので素直にアップロードするのが無難ですね。

6.MNP予約番号の入力

本人確認書類のアップロードが済んだら契約内容を選びます。

今使っている電話番号をそのまま引き継いで乗り換えるなら「他社から乗り換え(MNP)」を選んで引き継ぐ電話番号とMNP予約番号を入力して「次へ進む」をタップしましょう。

ちなみにMNP予約番号の有効期限が7日以上残っていないと「次へ進む」が押せないので注意しましょう。

新規契約なら好きな電話番号を選べる

楽天モバイルで新規契約するなら好きな電話番号を3つの中から選ぶことができます。

また楽天モバイルでは有料で1,100円かかりますが、電話番号の下4桁を任意の電話番号にできるサービスがあるので電話番号を自分で決めたいという人にはおすすめです。

電話番号を決めたら「次へ進む」をタップしましょう。

7.支払い方法を登録

楽天モバイル支払い方法に応じて支払い名義人やクレジットカードやキャッシュカードの番号を入力して「申し込み」をタップします。

なお支払い方法の登録だけでなく配送日や配達時間、お届け先住所の指定もできますが、書類不備などで審査が長引くと希望通りの日時に届かないケースもあるので注意しましょう。

ちなみに機種代金は楽天ポイントを使って安くすることもできるので利用するポイント数を設定しておくといいですね。

8.申し込み完了

「申し込む」とタップすると楽天モバイルから「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。

メールには申し込み番号が記載されていて回線切り替え(MNP転入)や配送状況の問い合わせ、申し込みのキャンセルなどに使うのでメールを紛失しないように注意しましょう。

ちなみに楽天モバイルからのメールは全て楽天会員のユーザー情報に登録しているメールアドレス宛に送られます。

そのため申し込み完了メールが届かないという人は楽天会員のユーザー情報を確認してみましょう。

契約審査にかかる時間は1日ほど

楽天モバイルで申し込みが完了するとすぐに契約審査になりますが審査にかかる時間は通常であれば1日ほどです。

ただ本人確認書類に不備があったり申し込み内容が間違えていると審査結果がくるまでに1週間以上時間がかかることもあるので申し込みは慎重にした方がいいですね。

楽天モバイルの審査に落ちると審査結果がメールで届きますのでメールの案内に従ってすぐ再申し込みするようにしましょう。

ちなみに審査に通ったら審査結果メールはこないので代わりに「発送完了メール」が届きます。

審査状況はMy楽天モバイルから確認することができます。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

手順3:端末やSIMカードを自宅で受け取る

楽天モバイルで審査完了すると指定した住所に新しい端末やSIMカードが届きます。

ただ契約者本人が手渡しで受け取ることが必要で家族や代理人が代わりに受け取ることはできないので注意したほうが良さそうです。

また自宅で本人確認をする人は端末やSIMカードが届いたタイミングで配達員に本人確認書類の原本を提示してその場で本人確認をしてもらいましょう。

届くまでに何日かかる?

楽天モバイルでは申し込みから届くまでに最短2日かかりますが、配送地域や天候によっては最大で4日ほど時間がかかることもあります。

配送業者はクロネコヤマトと佐川急便を配送先や発送時間に応じて変えているので発送完了メールに記載された伝票番号から到着日時を確認しておくといいでしょう。

ちなみに発送完了メールが送られた後の配送に関するトラブルは楽天モバイルに問い合わせても対応はしてくれないので、配送業者の直接問い合わせる必要がありますので注意しましょう。

手順4:回線の切り替え(MNP転入)をする

端末やSIMカードを受け取ったら楽天モバイルのSIMカードを端末に挿して回線の切り替えの手続きをしましょう。

回線の切り替えはMNP転入とか開通作業とも言われますが、どちらにせよMy楽天モバイルから下記の手順で手続きすることができます。

  1. My楽天モバイルにアクセスしてログイン
  2. 右上の「メニュー」から「申し込み履歴」をタップ
  3. 回線切り替えしたい申し込み番号をタップ
  4. MNP開通手続きの「MNP転入する」をタップ

ちなみに申し込み番号は申し込み完了のお知らせメールに記載されています。

MNP転入する」をタップすると自動的に古い端末が圏外になって回線切り替えが完了します。

ただ回線切り替えをするタイミングを間違ってしまうと使えなくなる期間ができてしまうので長時間不通になってしまうので注意しましょう。

受付時間回線切り替え時間
9:00〜21:00まで当日中に完了
21:01〜翌8:59まで翌9:00以降

基本的には9時〜21時までにMNP転入すれば当日中に回線切り替えができますが、21時以降だと翌日9時以降になってしまいます。

利用開始日はいつ?

楽天モバイルの利用開始日は回線切り替えが完了した日になります。

他社から楽天モバイルへMNPして乗り換えるなら回線切り替えが完了すると自動的に転出元のキャリアは解約になりますので解約手続きは不要です。

例えばauから楽天モバイルに乗り換えて10月10日に回線切り替えをするとauの解約日と楽天モバイルの利用開始日は10月10日になるということですね。

もちろん楽天モバイルを月の途中で利用開始しても契約月の料金は日割りになるので無駄なく使うことができます。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルの申し込み状況を確認する方法

楽天モバイルの審査状況や発送状況はMy楽天モバイルの「申し込み履歴」から24時間いつでも確認することができます。

PCやスマホのアプリからMy楽天モバイルを起動したら右上の「メニュー」をタップすると申し込み履歴があります。

申し込み履歴を確認すると申し込み番号ごとに申し込み日や現在のステータス、進捗状況が確認できます。

ただ申し込み状況のステータスはリアルタイムで反映されないので月末など申し込みが混み合う時期だとステータスが準備中のままで進まないというケースもあるので注意しましょう。

ステータス状況
準備中契約審査中
出荷準備中契約審査はOK、配送待ち
完了受け取り済み、切り替え完了
取消済みキャンセル済み

中にはステータスが準備中のまま製品が届くこともありますが1週間以上準備中のままで届かないようなら楽天モバイルカスタマーサポートに問い合わせしてみるといいでしょう。

  • 電話番号:0800-805-0090
  • 受付時間:9時〜20時

ちなみに楽天モバイルのカスタマーサポートは日中だと混雑で電話がつながらないことも多いので、受付開始する朝9時に問い合わせするのがおすすめです。

楽天モバイルの申し込みができない理由と対処方法

楽天モバイルでは申し込み時にエラーなどで申し込みができないケースが発生しています。

申し込みできない理由のほとんどの場合が下記3つの原因によるものなのでエラーが発生したり申し込みができないときはご紹介する対処方法を試してみましょう。

  • クレジットカードのエラー
  • 申し込み画面が真っ白で進めない
  • サーバーエラーでアクセスができない

クレジットカードのエラーで申し込みできない

クレジットカードや支払い画面でエラーになる人は契約できる回線数の上限を超えていたり支払いに使えるクレジットカードが間違えていることが主な原因です。

楽天モバイル側のエラーもあればクレジットカード会社側のエラーもあるので申し込みできない時は下記の対処方法を試してみましょう。

  • 別のクレジットカードを登録する
  • 複数枚のクレジットカードを登録する
  • 楽天ポイントの設定を確認する
  • 口座振替で支払い登録する

クレジットカード会社によっては楽天モバイルの申し込みを制限しているケースもあるのでクレジットカードのエラーがでたら別のクレジットカードで登録するのが手っ取り早いです。

同じクレジットカードだと5回線まで

楽天モバイルでは1枚のクレジットカードで過去分を含めて5回線までしか使えませんので、同一のクレジットカードで6回線目だとエラーで申し込みができないことがあります。

過去分を含めて5回線以上の申し込みしているなら別のクレジットカードで支払い登録をするとエラーは解消します。

過去に楽天モバイルで解約後に再契約していた人などは5回線までの上限数を超えていることがあるので注意しましょう。

楽天ポイントは3万ポイントまで

機種代金の支払いに使える楽天ポイントの上限は通常会員なら3万ポイントまでになるので、支払い登録画面で3万ポイント以上に設定するとエラーで申し込みできません。

使用する楽天ポイントを3万ポイント以下に設定し直せばエラーは解消します。

ちなみに楽天のダイヤモンド会員なら一度に使えるポイントの上限は50万ポイントまでなので、ダイヤモンド会員の人は50万ポイント以下に設定しておきましょう。

楽天モバイルで使えるクレジットカードは?

楽天モバイルでは下記のクレジットカードブランドに対応しているので、対応していないクレジットカードを登録すると当然エラーで申し込みができません。

  • 楽天カード
  • VISA
  • Master
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

また手持ちのクレジットカードが楽天モバイルに対応していても、クレジットカード会社で楽天モバイルの申し込みを制限しているケースもあります。

そのため他のクレジットカードを持っていないという人はクレジットカード会社に問い合わせて制限の緩和や解除をしてもらうといいでしょう。

申し込み画面が進まない

楽天モバイルの申し込み画面が真っ白で進めなくなって申し込みできないというケースが頻発しています。

これはインターネットのブラウザが原因なので、下記の対処方法を試してみましょう。

  • ブラウザや端末を変えて申し込みする
  • 申し込み画面の再読み込みをする
  • ブラウザの設定を変更する

楽天モバイルの申し込みが進まない

「次へ進む」や「カートに追加する」などのボタンを押すとページが表示されず申し込みできないことが多いですね。

対応ブラウザで申し込みする

楽天モバイルの公式ページは対応ブラウザがあるので非対応のInternetExplorerからアクセスしていると画面が真っ白になって進めなくなる不具合があります。

そのため下記の対応ブラウザでアクセスすれば正常に表示されることもあるので試してみましょう。

  • Google chrome
  • safari
  • Firefox

ちなみに筆者は対応ブラウザのGoogleChromeアプリから申し込みしましたが画面が真っ白になって進めない現象がおきていました。

ただ推奨ブラウザなら再読み込み(リロード)すれば正常表示ができるようになったので試してみるといいでしょう。

他の端末から申し込みする

スマホから申し込みをしようとしている人はPCから楽天モバイルにアクセスして申し込むと画面が真っ白になる不具合が起こりにくいのでおすすめです。

またブラウザのシークレットモードで申し込みすると画面が真っ白になる不具合が解消されるというケースもあるので試してみるといいでしょう。

サーバーエラーでつながらない

楽天モバイルでは月に数回緊急メンテナンスなどを実施していて申し込みする時間帯によっては一時的にサーバーエラーでアクセスできないケースもあります。

また月末や申し込みが殺到する9月や3月の連休前などは混雑して申し込みやアクセスができないケースもあるので時間帯や時期などは注意しておきましょう。

ちなみに緊急メンテナンスであれば楽天モバイル公式ページからメンテナンス情報ページに掲載されるのでアクセスできないときはチェックしておくといいでしょう。

楽天モバイルで申し込む前に確認すべき注意点

楽天モバイルの申し込みをする前に確認しておきたい注意点をまとめてみました。

  • パートナー回線だとデータ上限が月5GBまで
  • 18歳以下の未成年はオンライン申し込みができない
  • 楽天アンリミット以外の新規申し込みはできない
  • 複数回線の同時申し込みはできない
  • キャンセルや返品ができないケースがある
  • iPhoneは購入できる台数に制限がある
  • 解約金がかかることもある

特にキャンセルや返品はタイミングによっては受付できないこともあるので、契約して即解約することにもなり兼ねません。

月額料金が余計にかかるだけでなく短期解約者として契約しにくくなってしまうこともあるのでしっかりチェックしておきましょう。

パートナー回線エリアだと月5GBまで

楽天モバイルは楽天回線とパートナー回線の2つの通信回線に接続ができますがアンリミットはパートナー回線で利用するとデータ無制限ではないので注意しましょう。

楽天回線パートナー回線
データ上限無制限月5GBまで
速度制限なしあり
制限下の通信速度1Mbps

パートナー回線エリアでは楽天アンリミットでもデータ上限が月5GBまでになっていて、超過すると翌月まで速度制限がかかります。

速度制限下での通信速度は1MbpsなのでネットやLINEをする程度であれば問題なく使えますが、動画などは読み込み待ちになるなど使い勝手が悪くなってしまいます。

そのため楽天モバイルで申し込みをする前にご自身の地域が楽天回線エリアとパートナー回線エリアのどっちにつながるか確認しておきましょう。

18歳以下の未成年者はオンライン申し込みできない

楽天モバイルでは18歳未満の未成年者だとオンラインショップで申し込みができないので保護者同伴の上で店舗に来店して契約することになります。

ただあくまで未成年者の子供が楽天モバイルの契約者になる場合だけ店舗で申し込みになるので両親が契約者になるのであればオンラインショップで申し込みが可能です。

ちなみに楽天モバイルでは支払い名義を別の家族にすることができるので例えば子供に使わせるのに親のクレジットカードで支払い登録するということもできます。

楽天モバイルでは18歳以下の未成年者でもオンラインショップで申し込みができるように変更になりました。

未成年の方も、Webや楽天モバイルショップ(店舗)のいずれでもお申し込みいただけます。

楽天モバイル公式サイトより引用

ただ未成年の子供を契約名義にする場合は保護者や親権者の本人確認書類も提出する必要があるので注意しましょう。

楽天アンリミット以外の新規申し込みはできない

楽天モバイルにはアンリミットというプランしかないので旧プランのスーパーホーダイや組み合わせプランの新規申し込みはできません。

そのため利用場所や端末などの都合で楽天アンリミットが使えないとかプランが合わないという人は代替プランがないので注意しましょう。

複数回線の同時申し込みはできない

楽天モバイルのオンラインショップでは1回の申し込みにつき1回線しか手続きができないので複数回線の申し込みをするときは回線数の分だけ1回線ずつ手続きをすることになります。

2回線目以降でも申し込み手順は1回線目と同じですが本人確認書類も再度アップロードすることになるので注意しましょう。

キャンセルや返品ができないケースもある

楽天モバイルでは端末やSIMカードを受け取ってしまうと返品やキャンセルが一切できないので注意しましょう。

ただ製品を受け取る前であれば何度でも申し込みの取り消しができるのでキャンセル窓口から取り消しの手続きをするといいですね。

キャンセルには10日程度時間がかかるので、申し込み履歴を確認しておかしいと気がついたら即キャンセルなど対応することをおすすめします。

ちなみに楽天モバイルで端末とSIMのセット申し込みをしていて端末のみやSIMのみキャンセルはできないので全てキャンセルしてから申し込みしなおすようにしましょう。

二重申し込みで間違えて端末を受け取ってしまってもキャンセルや返品はできず楽天モバイルの解約が必要になります。

iPhoneは台数制限がある

iPhone本体は、楽天モバイル公式サイト・楽天モバイル公式 楽天市場店・楽天モバイルショップあわせておひとり様1点限りのご注文とさせていただきます。複数回に分けてのご注文や、楽天モバイル公式 楽天市場店やショップでご購入済みの場合、キャンセルとなる可能性がございます。

楽天モバイル公式サイトより引用

楽天モバイルのiPhoneは一人につき1台までしか買えないという台数制限があります。

別の店舗で申し込みしたり複数回に分けてもキャンセルになりますが、厳密には楽天会員IDにつき1台までなので複数の楽天会員IDがあればiPhoneを2台以上購入が可能です。

家族で複数台のiPhoneを購入する場合は家族それぞれで楽天会員IDを用意しておくといいですね。

ちなみに台数制限を知らないで申し込みすると勝手にキャンセルされたと勘違いするケースも頻発しているので注意したほうが良さそうです。

解約金がかかる可能性あり

楽天モバイルで乗り換え(MNP)の申し込みをすると最終的にこれまで使っていたキャリアは解約になるのでタイミングによっては解約金がかかることもあります。

また解約金だけでなくMNP転出手数料や端末残債など転出元のキャリアに支払う費用がないか確認してから申し込みするのをおすすめします。

解約するタイミングによっては1万円以上の費用がかかることもありますし、楽天モバイルには解約金を負担するキャンペーンなどもないので注意したほうが良さそうですね。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルの申し込みで利用できるキャンペーン

楽天モバイルで実施しているお得なキャンペーンをご紹介します。

端末とのセット契約だけでなくSIMのみ契約でもキャンペーンが利用できるので誰でもお得に申し込みができます。

楽天アンリミットが3ヶ月間無料キャンペーン

スペック
受付期間終了日未定
特典・アンリミット料金が3ヶ月間無料
・ユニバーサル料金が3ヶ月無料
・電話リレーサービス料が3ヶ月無料
条件下記のいずれかの条件を満たすこと
(1)アンリミットに新規加入する
(2)アンリミットに乗り換えで加入する
(3)旧プランからプラン移行する
申し込み方法条件を満たせば自動的に特典付与される
受付しているショップ・楽天モバイルの店舗
楽天モバイルオンラインショップ
注意点・一人につき1回のみ利用可能
・SIMのみ契約でも利用できる

楽天モバイルのアンリミットは3ヶ月間は無料キャンペーンを実施しています。

楽天アンリミットはいつ解約しても違約金などはかからないので3ヶ月の無料期間が終了してすぐに解約してもペナルティはないので気軽に申し込みできます。

そのため電波が届くかどうか不安という人でもお試しで契約できて便利ですね。

ただ一つの楽天会員IDで2回線契約するときなどは最初の1回線しか特典適用にならないので、複数の楽天会員IDを用意しておくようにしましょう。

iPhoneに乗り換えで楽天ポイントがもらえる

詳細
受付期間終了日未定
特典楽天ポイント20,000ポイント付与
条件下記全ての条件を満たすこと
(1)楽天モバイルへ乗り換える
(2)契約後に楽天リンクで10秒以上の通話をする
申し込み方法楽天リンク利用月の翌々月末に自動付与
受付しているショップ楽天モバイル
・楽天モバイルショップ
注意点・新規契約は対象外
・旧プランからのプラン移行は対象外
・ポイントの有効期限は6ヶ月間

楽天モバイルでiPhoneの申し込みをする人は楽天ポイント20,000円相当がもらえるキャンペーンを実施しています。

回線の切り替え後に楽天リンクを使って10秒以上の通話をするだけで誰でも楽天ポイントがもらえるのでキャンペーンを利用しておいて損はないですよね。

ちなみにアンリミットの3ヶ月無料キャンペーンとの併用もできるので乗り換え(MNP)を検討している人は検討してみるといいでしょう。

androidに乗り換えて楽天ポイントがもらえる

詳細
受付期間終了日未定
特典最大25,000円相当の楽天ポイントを付与
・Rakuten BIG:25,000円
・OPPO A73:25,000円
・OPPO Reno3 A:25,000円
・AQUOS sense4 lite:25,000円
・Galaxy S10:20,000円
・AQUOS R5G:20,000円
条件下記全ての条件を満たすこと
(1)楽天モバイルへ乗り換える
(2)対象のandroidスマホを購入する
(3)契約後に楽天リンクで10秒以上の通話をする
受付してるショップ楽天モバイル
・楽天モバイルショップ
申し込み方法楽天LINKを利用した月の翌々月末に自動付与
注意点・楽天ポイントの有効期限は付与日から6ヶ月間
・購入機種に応じてポイント額が違う

楽天モバイルで販売しているandroid端末を購入すると最大で25,000円相当の楽天ポイントが付与されます。

対象機種によって付与される楽天ポイントが違うので事前にどれくらいポイントがもらえるのか確認しておくといいですね。

ちなみに条件を満たしていれば楽天LINKで発信した翌々月末に楽天ポイントは自動的に付与されます。

SIMのみ契約でも楽天ポイントがもらえる

詳細
受付期間終了日未定
割引額15,000円相当の楽天ポイント付与
条件下記全ての条件を満たすこと
(1)楽天モバイルへSIMのみ契約で乗り換える
(3)契約後に楽天LIKから10秒以上の通話をする
受付してるショップ楽天モバイル
・楽天モバイルショップ
申し込み方法楽天LINKを利用した月の翌々月末に自動付与
注意点・楽天ポイントの有効期限は付与日から6ヶ月間

楽天モバイルでSIMのみ申し込みする人は楽天ポイント15,000円相当がもらえるキャンペーンを実施しています。

SIMのみ契約だとキャンペーン自体を実施していないキャリアも多いので、そう考えると楽天モバイルはSIMのみ契約でもキャンペーンが手厚いと言えるでしょう。

楽天モバイルがおすすめできる理由

楽天モバイルはデータ使い放題で月額3,278円と激安プランですが、それ以外にも様々なメリットがあるのでおさらいとしていくつかご紹介します。

携帯電話の料金を節約したい人にはおすすめなのでぜひチェックしてみましょう。

楽天回線エリアならデータ無制限の使い放題

楽天モバイルは楽天回線エリアならデータ無制限の使い放題が3,278円で利用できます。

auやドコモ、ソフトバンクにもデータ使い放題プランはありますが料金は7,000円ほどかかるのでそう考えると非常に安いのがわかりますよね。

データ使い放題プランプラン料金
楽天モバイルUN-LIMITⅥ3,278円
au使い放題MAX7,238円
ドコモギガホプレミア7,205円
ソフトバンクメリハリ無制限7,238円

また料金プランの安さからテザリングを利用して自宅の固定回線やWiFiの代わりに楽天モバイルを使う人も多く、爆発的に契約数を伸ばしています。

データをたくさん使う人だけでなく1GBまで無料なのでデータをあまり使わない人にも大きなメリットがあります。

いつ解約しても解約金はなし

楽天アンリミットは契約期間なしプランなので、いつ解約しても違約金がかかりません。

また違約金だけでなく事務手数料やSIM発行手数料なども一切かからないので無駄な費用をかけずに利用できるという点はメリットですね。

楽天モバイルその他キャリア
違約金(解約金)0円10,450円
事務手数料0円3,300円
SIM交換手数料0円3,300円
SIM再発行手数料0円3,300円
MNP転出手数料0円0円

携帯電話は申し込み時に様々な手数料がかかることで結果的に初期費用が高くなるケースもありますが、楽天モバイルでは初期費用0円で申し込みができるのでお得ですね。

通話やSMSが無料で使える

楽天モバイルは楽天リンクという通話アプリを利用することで国内通話がかけ放題、SMSも無料になるのはメリットです。

auやドコモ、ソフトバンクだと通話かけ放題オプションに加入することになりますし、格安SIMだとそもそもかけ放題がないこともあるので電話をよくする人には便利ですね。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルの申し込み方法まとめ

楽天モバイルは店舗ではなくオンラインで申し込みするのがおすすめです。

オンラインでの申し込みは難しく思うかもしれませんがチャットや電話でサポートしてくれるので手続きが不安な人はチャットから問い合わせしてみてもいいかもしれませんね。

オンラインショップでは申し込みにかかる時間も10分程度なのでスムーズに手続きするために事前準備や注意点などは把握してから申し込みするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました