UQモバイルは未成年でも契約できる!子供の年齢制限や必要書類に注意

UQ契約

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルは料金の安さと大手キャリア並みのサポート、回線速度が安定して速いといった様々なメリットがあります。

大手キャリアだと携帯料金で1万円以上かかることも珍しくないので、未成年の子供に持たせるには料金が高すぎると感じる人も多いかもしれませんね。

UQモバイルは未成年の子供に持たせるには最適なキャリアですが年齢制限があったり契約する店舗によっては未成年の契約ができないケースもあるので注意が必要です。

そこで本記事ではUQモバイルで未成年者の子供が契約するための方法や注意点などをまとめました。

特に親名義で契約するのか、子供名義で契約するのかによって手続きできる店舗に違いがあるので、事前にチェックしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

UQモバイルは未成年の子供でも契約できる!

UQモバイルは未成年の子供でも契約することができます。

厳密に言うと契約名義を子供にすることもできますし、親を契約名義にして子供を利用者登録するということも可能です。

ただ20歳以下の未成年者は契約に制限があるので、子供の年齢によっては自分名義で契約ができないケースもあるので注意しましょう。

子供名義なら年齢制限がある

UQモバイルは未成年者なら中学生(進学2ヶ月前)から自分名義で契約することが可能です。

実際には中学に進学する2ヶ月前なので小学生6年生の2月から自分名義で契約することができるというわけですね。

  • 20歳以上の成人:自分名義でのみ契約できる
  • 中学生から20歳未満:自分名義と親名義で選べる
  • 小学生以下:親名義でのみ契約できる

例えば18歳の高校生なら自分名義で契約できますが、小学生以下だと親名義での契約になるので子供を利用者登録することになります。

UQモバイルの未成年契約は何歳からという制限はないので、極端ですが0歳からでも利用者登録はできます。

オンラインショップで契約できない

またUQモバイルはオンラインショップだと未成年者の契約ができません。

厳密には20歳以下の未成年者を契約名義にするとWEB申し込みができないので、子供名義で契約するならUQスポットや家電量販店など店頭窓口で申し込みが必要です。

つまり親名義で契約するならオンラインショップで申し込みできますが、子供名義で契約させるなら店舗申し込みが必須ということですね。

しかも未成年者の店舗申し込みは子供だけで来店しても手続きできないので、必ず親権者(親)と同伴での来店が必要なので注意しましょう。

親から子供に途中で名義変更はできない

ちなみにUQモバイルでは改姓や承継はできますが、譲渡の名義変更ができません。

例えば申し込み時は親名義で契約しておいて後から子供に契約者変更するということができないので契約名義は慎重に検討したほうが良さそうですね。

契約名義と支払い名義を別にできない

UQモバイルは申し込み時に契約名義と支払い名義を分けることができません。

例えば未成年の子供名義で契約するなら子供のクレジットカードや口座振替で支払いすることになるということですね。

ただUQスポットや家電量販店、auショップなどの取り扱い店舗での申し込みに限り子供名義でも家族のクレジットカードや口座振替で支払いが可能です。

そのため子供名義だけど支払いは親にしたいという人は支払い名義人同意書も持参して店舗申し込みをしておくといいでしょう。

ちなみにUQモバイルでは支払い名義を後から変更することができないので注意しましょう。

もちろん子供名義のクレジットカードでも分割審査はあるので、限度額が少ないと審査落ちするケースもあります。

UQモバイルで未成年者の契約に必要な書類

UQモバイルで未成年者が契約する場合は、成人が契約するのと比較すると必要書類が非常に多いので注意しましょう。

具体的には本人確認書類をはじめ下記の書類が必要になります。

  • 【必須】未成年者の本人確認書類
  • 【必須】親権者の本人確認書類
  • 【必須】親権者同意書
  • 子供名義のクレジットカード or キャッシュカード(※子供が支払うなら)
  • 支払い名義人同意書(※親が支払うなら)
  • 戸籍謄本 or 住民票(※親が支払うなら)
  • MNP予約番号(※MNPして乗り換えるなら)

基本的には子供と親の本人確認書類と親権者同意書の提出が必要です。

ただ子供名義で親が支払うのであれば支払い名義人同意書や家族証明書類(戸籍謄本か住民票)も必要になるので事前に用意しておくといいでしょう。

支払い名義人同意書は店舗に準備してあるので、3ヶ月以内に発行した戸籍謄本か住民票だけ準備しておけば問題ありません。

また未成年者の身分証明書に学生証は使えないので下記の本人確認書類を用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保険福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード + 外国パスポート
  • 健康保険証
ちなみに未成年者で親がいない場合は親権を持っている後見人の本人確認書類や同意書が必要です。

未成年者は代理人手続きができない

なおUQモバイルは未成年の契約だと家族と未成年者が店舗に必ず同伴して申し込みする必要があります。

そのため委任状を持参した代理人が来店して子供だけとか親だけで手続きすることができないので2人の予定を合わせて来店予約をするようにしましょう。

あくまで未成年の契約は親権を持つ保護者と同意書が必要になるので、親なしでの契約はできないと考えておきましょう。

もちろん家族以外の第三者と一緒に来店しても契約はできません。

UQモバイルは未成年なら親名義で契約するがおすすめ

冒頭でもご紹介しているように、UQモバイルは未成年の契約だと年齢制限があったり、必要書類も多く手続きが非常に面倒です。

実際のところ、子供名義で契約すると下記のようなデメリットがあるのでオンラインストアでWEB申し込みできる親名義で契約するのがおすすめです。

  • 必要な書類が多く手続きが面倒
  • 保護者(親権者)と同伴して店舗に行く必要がある
  • 子供の年齢に応じて契約に制限がある

UQモバイルはWEB申し込みだと事務手数料が無料で、機種値引きやキャッシュバックなどオンライン限定のキャンペーンを実施しています。

そのため店舗申し込みよりもWEB申し込みの方が最大2万円ほど安く契約できますし、何より契約の手間が少ないというのは便利ですね。

もちろん契約者と利用者が別でも機種変更やプラン変更などは契約後にWEBで手続きできるので、一度契約してしまえば店舗に同伴する必要はないので便利だと言えるでしょう。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

【メリット1】オンラインショップで申し込みできる

UQモバイルは親名義で契約をするとオンラインショップでWEB申し込みができるようになります。

オンラインショップは店舗申し込みより安く契約できるだけでなく、来店予約をすれば待ち時間もなくiPhoneなど人気端末の在庫が切れにくいというメリットもあります。

  • 店舗より安く契約できる
  • 待ち時間がない
  • 在庫切れになりにくい
  • 好きなタイミングで1人で手続きできる

もちろん24時間好きなタイミングで手続きを進められますので、わざわざ家族と予定を合わせて来店する必要もないので便利ですよね。

UQモバイルは必要書類の不備で審査に落ちてしまうこともあるので、契約がしやすくシンプルな親名義の方がスムーズに手続きができます。

【メリット2】WEB限定のキャンペーンで安く使える

UQモバイルのオンラインショップでは端末のセット契約だけでなくSIMのみ契約する場合もお得なキャンペーンを実施しています。

親のスマホを子供に譲る場合でもSIMのみ契約すればキャッシュバックがもらえるので店舗よりもお得に契約ができると言えるでしょう。

  • 【端末セット契約】機種値引き(おトク割)で最大22,000円
  • 【SIMのみ契約】キャッシュバック最大10,000円
  • 【全員もれなく】事務手数料(SIMパッケージ料金)が無料

またオンラインショップでは契約事務手数料(SIMパッケージ料金)が無料になるので初期費用を抑えることができるという点も嬉しいですよね。

なおUQモバイルでは子供向けに型落ちiPhoneの中古端末をau certified(認定中古品)として激安販売しています。

新品で高額端末を持たせるのはちょっと・・・という人は機種値引きの対象にもなるau Certified(認定中古品)の検討をしてみるのも一つの手ですね。

【メリット3】必要書類が少なく手間がない

UQモバイルを未成年が契約するときの大きなデメリットが大量の必要書類ですね。

未成年者の契約はトラブルが発生する可能性があるにせよ、20歳以上の成人が契約する倍以上の必要書類があるため非常に手間がかかります。

もちろん必要書類に不備があれば審査に落ちてしまいますし、せっかく時間を合わせて来店しても書類が足りないと契約できないということにもなり兼ねません。

その点、親名義で契約しておけば本人確認書類とクレジットカードやキャッシュカードがあれば契約できるので余計な手間や時間を使わずに済みますよね。

UQモバイルの学割「UQ応援割」が実施中

画像引用元:UQモバイル

UQモバイルでは2022年学割の「UQ応援割」を受付開始しています。

5歳から18歳までの未成年者であればくりこしプラン+5Gに加入するだけで12ヶ月間毎月1,100円の割引が適用できるので加入して損はないでしょう。

詳細
受付期間2021年12月3日〜終了日未定
特典子供とその家族に12ヶ月間毎月1,100円割引
利用条件下記の条件を全て満たすこと
■子供
(1)契約者もしくは利用者の年齢が5歳〜18歳
(2)くりこしプラン+5Gに加入する
■家族
(1)子供と同じ自宅セット割グループに加入する
(2)くりこしプラン+5Gに加入する
申し込み方法■子供
条件を満たせば自動的に適用される
■家族
契約後に店舗で自宅セット割グループに加入する
申し込み店舗・UQモバイルの店舗
UQモバイルオンラインショップ
注意点・くりこしプランS+5Gは対象外
・家族の人数上限は主回線含めて10回線まで
・自宅セット割と併用ができる
・機種変更やプラン変更でも利用できる

もちろん未成年名義じゃなくても親名義で契約して未成年者を利用者登録するだけで自動的に割引が適用できるので申し込みも簡単です。

ただ家族にも学割を適用させるなら自宅セット割への加入や家族の人数に上限が決まっているので、下記記事を参考に条件や申し込み方法を確認しておきましょう。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルは未成年の子供でも契約できる!まとめ

UQモバイルは未成年でも子供名義・親名義どちらでも契約が可能です。

ただ年齢制限や必要書類が大量に必要な点、子供名義だとオンラインショップで申し込みできないなど様々なデメリットもあるので注意した方が良さそうです。

基本的にUQモバイルは店舗よりもオンラインショップでWEB申し込みした方が初期費用や月額料金を安くすることができます。

子供名義で契約してもメリットはほとんどないので、親名義で契約して通信費の節約や契約の手間がかからないように工夫するといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました