UQモバイルは通話料が高い?料金を半額にする裏技とかけ放題の注意点を解説

UQプラン

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルは通話料が高いというイメージを持たれている人も多いかもしれません。

ただ実際にはauやドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアと通話料金は同じで、かけ放題や無料通話サービスを使えば人によっては安くなることもあります。

そこで本記事ではUQモバイルの通話料についての詳細をまとめてみました。

通話料金を半額にする裏技についても解説していますので、通話料が高くて困っているという人もぜひチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

UQモバイルの通話料は30秒につき22円

UQモバイルはどんなプランでも22円/30秒で通話料金がかかります。

これは旧プランのおしゃべり・ぴったりプランやスマホプラン、新プランのくりこしプラン+5Gでも同じ通話料がかかるということになりますね。

くりこしプランS
+5G
くりこしプランM
+5G
くりこしプランL
+5G
料金1,628円2,728円3,828円
データ3GB15GB25GB
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
無料通話なしなしなし

一般的に携帯キャリアによって通話料が変わることはないので決してUQモバイルだけが高いというわけではありません。

ただUQモバイルのくりこしプラン+5Gは元々のプラン料金が安いために無料通話がついてないのでかけ放題にしたい場合は通話オプションに加入する必要があります。

旧プランのおしゃべりプランとぴったりプランには無料通話がついていますが、現在は新規加入ができないので注意しましょう。

通話かけ放題はオプションに加入する

UQモバイルのくりこしプラン+5Gには無料通話がついていません。

そのため通話をよくする人は通話頻度に応じて通話オプションに加入すればかけ放題にすることができます。

  • 通話パック:月60分間まで通話料が無料
  • かけ放題(10分/回):10分以内の電話が通話料無料
  • かけ放題(24時間いつでも):時間無制限で通話料が無料

通話かけ放題オプションは契約した後からでもMy UQmobileから途中加入や解除をすることができます。

もちろん月の途中で加入や解約をしてもオプション料金は日割り計算されるので好きなタイミングで申し込みできて便利ですね。

通話パック

通話パックは月額550円の有料オプションで月60分(1時間)以内なら通話料が無料になります。

通常、通話オプションなしだと1分あたり44円かかるので毎月2,640円分の通話料が0円になる非常にお得なオプションですね。

  • 月額550円の通話オプション
  • 月60分(1時間)以内なら通話料が無料
  • 長電話を月に1回以上する人にはおすすめ

一般的にかけ放題のオプションは1回当たりの通話時間が5分以内や10分以内など制限されていることがほとんどです。

そのため何分間電話しているかカウントしながら通話しないといけないのがデメリットですよね。

ただ通話パックなら1回あたりの通話時間を気にする必要はないので、つい長電話してしまう人にはかけ放題オプションよりも便利かもしれません。

ちなみに無料通話時間が余っても翌月に繰り越しできるわけではないので注意しましょう。

かけ放題(10分/回)

かけ放題(10分/回)は月額770円で10分以内の通話が何度でもかけ放題になるオプションです。

10分を超えたら超過した分だけ22円/30秒で通話料がかかるので、短い電話をメインに利用する人には最適なオプションだと言えますね。

  • 月額770円の有料オプション
  • 10分以内の通話なら何度でもかけ放題
  • 短い通話がメインの人には最適

ちなみに月の合計通話時間が18分以上ならかけ放題オプションなしよりもお得になるので家族間で連絡をしたい人には特におすすめです。

かけ放題(24時間いつでも)

かけ放題(24時間いつでも)は月額1,870円で時間無制限の通話かけ放題になるオプションです。

回数や時間に制限がないのでガラケーで通話し放題オプションに加入していた人や通話時間や通話料を気にせずに電話をしたいという人には最適ですね。

  • 月額1,870円の有料オプション
  • 時間無制限で通話料が無料
  • 仕事で電話をよくする人には最適
  • ガラケーでかけ放題にしていた人には最適

月間の合計通話時間が43分以上なら通話オプションなしよりもお得になります。

また仕事で使う場合など5分以上の通話が多い人はかけ放題(10分/回)よりもおすすめです。

着信を受ける側は通話料が無料

一般的に携帯電話の通話料は発信者(電話をかける側)が支払う料金です。

そのため着信を受ける側がかかってきた電話で通話する分には何分話しても通話料は無料になるということですね。

もちろん固定電話や携帯電話など種類によって通話料に違いはありませんし、通話オプションの無料通話時間を消費することもありません。

あくまで自分が電話をかける場合のみ通話料がかかるので電話を受けることが多いのであれば通話オプションに加入する必要はないかもしれませんね。

ちなみにフリーダイヤルの0120番号にかけるならかけ放題オプションに加入していなくても通話料は無料です。

UQお客様センターなど0120番号に電話で問い合わせしても通話料金は一切かからないと言うことになりますね。

海外への電話は国際通話料がかかる

ちなみに通話かけ放題オプションはあくまで国内通話に限定されています。

そのため日本から海外へ国際電話をするとかけ放題の対象外で国際通話料がかかってしまうので注意したほうがいいですね。

国際通話料
アメリカ
グアム
オーストラリアなど
20円/30秒
中国
韓国
台湾
香港など
55円/30秒
フィリピン
タイ
ベトナム
ヨーロッパ地域
65円/30秒
アフリカ地域85円/30秒
中南米地域95円/30秒

国際電話はかける地域によって通話料が違うので、間違えてしまうと高額請求になり兼ねません。

ちなみにUQモバイルは海外で利用するなら「auの世界データ定額」に加入すれば海外ローミングでデータ通信が可能です。

ただ国際電話がかけ放題になるオプションはないので、海外で使うなら通話料が高くなりがちだと言えるかもしれません。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

60歳以上ならかけ放題オプションが割引

UQモバイルでは利用者が60歳以上だと「60歳以上通話割」という割引が適用できます。

60歳以上通話割とは、かけ放題(24時間いつでも)のオプション料金を毎月1,100円割引してくれるキャンペーンです。

シニア割と違い割引期間がないので、通話オプションを変更したり解約しない限りはずっと時間無制限のかけ放題が割引されます。

詳細
受付期間2021年3月1日〜終了日未定
特典下記2つの特典がもらえる
(1)かけ放題(24時間いつでも)が1,100円割引
(2)キャリアメールが無料で使える
利用条件下記の条件を全て満たすこと
(1)契約者もしくは利用者が60歳以上
(2)くりこしプラン+5Gに加入する
(3)かけ放題(24時間いつでも)に加入する
申し込み方法条件を満たせば自動的に割引が適用される
注意点・月の途中に加入すると日割り計算される
・通話オプション変更しても加入できる
・かけ放題(10分/回)は対象外
・通話パックは対象外
・解約しない限りずっと割引される

通話割を使えば10分かけ放題と同じ値段で無制限かけ放題になるので、60歳以上のシニアがUQモバイルへ乗り換えるならおすすめなキャンペーンだと言えますね。

ちなみに今ならUQモバイルの学割「UQ応援割」を実施しているので、家族全員でUQモバイルへ乗り換えるのもありですね。

キャリアメールも無料で使える

通常、UQモバイルのキャリアメールは月額220円の有料オプションになっているのでフリーメールに移行して無料でメールを使うのが一般的です。

ただ60歳以上なら通話割でキャリアメールが無料で使えるのでガラケー利用者には特におすすめだと言えるかもしれません。

UQモバイルで通話料金を確認する方法

UQモバイルの通話料金はMy UQmobileから確認することができます。

毎月の請求金額がおかしいとか、かけ放題プランを何にするか決めるにあたり通話料がいくらかかっているのか調べておくといいでしょう。

UQモバイルの通話料を確認する方法

もちろん通話料の内訳も確認することができるので便利ですね。

ちなみに過去3ヶ月の利用明細はWEB(my UQmobileから)なら無料ですが、書面で欲しい場合は通話明細サービスに申し込みすれば発行することができます。

通話明細サービスは月額110円の有料オプションなので事前にMy UQmobileからオプション加入しておくといいでしょう。

通話料が確認できない時の対処方法

My UQmobileの通話料は当月1日〜確認日前日までの料金が反映されます。

例えば1月7日に通話料金を確認すると当月は1月1日〜1月6日までの通話料金が確認できるということですね。

ただ毎月1日はデータ反映のため通話料が確認できないケースもあるので、毎月2日以降に前月や当月の通話料金を確認しておくといいでしょう。

もちろんかけ放題オプションに加入していて無料通話分の範囲内で収まっている場合は通話料金は0円で表示されますね。

通話料が確認できない人は、確認するタイミングをずらすか通話オプションに加入しているかどうか確認してみるといいでしょう。

通話時間の確認はできない

ちなみにUQモバイルでは通話料金の確認はできても通話時間の確認はできません。

そのため通話パックに加入している人は無料分の残り時間を確認することができないので、60分を超えてしまわないように注意しましょう。

通話時間をカウントできる無料アプリを事前にインストールすれば通話時間を確認できるので、超過しないか心配な人はスマホに入れておくといいですね。

UQモバイルの通話料に関する注意点

UQモバイルの通話料に関する注意点をまとめてみました。

特に家族間やUQモバイル同士、auとUQモバイル間の通話は無料になると勘違いしやすいので事前にチェックするようにしましょう。

家族間通話が無料にならない

auでは家族割に加入していれば家族間通話が無料になるので、UQモバイルでも家族間なら通話料がかからないと勘違いしがちです。

ただUQモバイルでは家族間をはじめ、UQモバイル同士やau(Povo)とUQモバイル間の通話は有料で22円/30秒かかるので注意しましょう。

あくまで電話を受ける側は通話料がかからないのでかけ放題に加入している人から発信してもらうようにするといいかもしれません。

またもちろんかけ放題や通話パックなどオプションに加入すれば通話料を無料にすることができるので、家族に電話をよくかけるなら加入しておくのもいいですね。

かけ放題の対象外になる電話番号がある

ちなみにUQモバイルではかけ放題でも通話料がかかるケースがあります。

具体的には宅配便の再配達で使うナビダイヤル(0570番号)やテレドーム(0180番号)などが該当します。

かけ放題
ナビダイヤル(0570)非対応
テレドーム(0180)非対応
電話番号案内(104)非対応
国際電話非対応
衛星電話非対応
衛星船舶電話非対応
行政 1XYサービス(188/189)非対応
電報非対応
国内固定電話対応
国内IP電話(050)対応
時報(117)対応
天気予報(177)対応
災害伝言ダイヤル(171)対応

かけ放題の対象外となる電話番号にかける頻度は多いわけではありません。

ただUQモバイルでかけ放題オプションに加入しているのに通話料が請求されると勘違いしないようにしましょう。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルの通話料を半額以下に安くする方法

UQモバイルの通話料金が高いと感じるのであればスマホのアプリを利用して電話回線ではなくインターネット回線で通話をするといいでしょう。

うまく通話アプリを活用すればかけ放題オプションに加入しなくても通話料金を無料ないし半額以下に節約することが可能です。

電話代がかからないアプリをいくつかご紹介するので通話オプションに加入しないという人は試してみるといいですね。

通話アプリ

一般的にLINE通話やFaceTimeで通話をすれば電話代がかかることはないのでおすすめです。

相手のアカウントさえ知っていれば無料通話ができるので手軽に使える反面、パケット消費するので長電話しすぎるとデータ超過で速度制限になることもあります。

  • 友達登録しておけばすぐに使える
  • ビデオ通話やグループ通話もできる
  • 音声品質が良い
  • 通話料金は無料
  • パケット(データ)消費する
  • ガラケーや固定電話にはかけられない
  • アカウントを知らないと使えない

もちろんLINEやFaceTimeは無料アプリなので料金は無料です。

しかもUQモバイルは格安SIMでも珍しくLINEのID検索が可能なので友達登録が簡単で機能が使えないというデメリットもないので便利です。

IP電話アプリ

IP電話の仕組み自体はLINE通話と同じでインターネット回線を利用した電話アプリです。

ただIP電話用の電話番号(050番号)を新規発行できるので、LINEの友達ではない人やガラケー、固定電話などにも電話をかけることが可能です。

通話料が1.33円〜8円ほどかかりますが、UQモバイルの通話料と比較すると半額以下に節約することができるのでお得ですね。

  • 電話番号を2つ持てる
  • ガラケーや固定電話にもかけられる
  • 国際電話もかけられる
  • 通話料金を半額以下に節約できる
  • 有料アプリが多く月額料金がかかることも
  • 通話料金が1.33円〜8円ほどかかる
  • 緊急通報(110/119)やフリーダイヤルには電話できない

IP電話アプリの使い方も簡単でアプリを起動してそのまま電話をかけるだけで050番号での発信が可能になります。

ただIP電話は有料アプリが多いので無料で使いたいなら「SMARTalk」がおすすめです。

月額料金通話料
固定電話
通話料
携帯電話
SMARTalk無料8円/30秒8円/30秒
lala Call月額100円1.33円/30秒8円/30秒
G-call050月額280円1.33円/30秒8円/30秒
050Plus月額300円1.33円/30秒8円/30秒

SMARTalkは月額料金が無料ですが、固定電話への通話料金がLaLa Callなどと比較して高くなってしまうので注意しましょう。

楽天でんわアプリ

楽天でんわアプリはUQモバイルの通話料金を半額にしてくれるアプリです。

通常の電話アプリから電話をかけると通話料は22円/30秒ですが、楽天でんわアプリ経由で発信すると11円/30秒になるのでお得ですよね。

もちろんアプリが変わるだけで電話回線を利用しているので自分の電話番号から発信ができますし、楽天モバイルユーザー以外でも使うことが可能です。

  • 電話番号そのままで発信できる
  • 通話料金が半額になる
  • 楽天モバイルユーザー以外でも使える
  • 余計な設定や手続きは一切不要
  • 通話料金は楽天でんわに支払う
  • 口座振替での支払いができない
  • 緊急通報(110/119)に電話できない

楽天でんわアプリ経由で電話をかけると通話料金はUQモバイルではなく楽天でんわに支払うことになります。

そのためスマホの通信料と通話料を別々に支払う必要があるのがデメリットですね。

楽天でんわの支払いはクレジットカードとデビットカードだけで口座振替には対応していないのでクレジットカードを持っていない人は注意したほうが良さそうです。

UQモバイルの通話料は高い?まとめ

UQモバイルの通話料は通話オプションに加入すれば家族間やUQモバイル同士、auとUQモバイル間での通話も無料になります。

60歳以上なら時間無制限のかけ放題が770円と非常に安く使えるので、ガラケーユーザーでも安心して乗り換えることができるでしょう。

またかけ放題や通話パックなど有料オプションに加入しなくても通話アプリやIP電話のアプリを利用すれば通話オプションに加入しなくても無料ないし半額以下に節約も可能です。

通話料金は様々な節約方法があるので、ご自身の通話頻度に合わせて最適な方法で利用できるようにするといいですね。

タイトルとURLをコピーしました