UQモバイルの解約方法と手順は?違約金だけじゃない注意すべきポイントまとめ

UQ契約

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

UQモバイルを解約するときは違約金やタイミングなどが気になる人も多いかもしれませんが、それだけではなく様々な注意点があります。

知らずにUQモバイルで解約手続きをしてしまうと余計な手間や費用がかかってしまうこともあるので事前にチェックするべきでしょう。

そこで本記事ではUQモバイルの解約手順や違約金などを解説するだけでなく、知っておくべき注意点についても詳しくまとめています。

UQモバイルをトラブルなくスムーズに解約手続きするためぜひ事前に確認をしてみましょう。

スポンサーリンク

UQモバイルの解約方法

UQモバイルは電話でUQお客様センターに問い合わせれば簡単に解約手続きができます。

ただ解約内容によって手続きの手順や違約金がかかるかどうか、いつ解約されるかが違うので注意したほうが良さそうです。

電話番号を破棄MNP転出契約者が死亡
解約手続き必要不要必要
手続き方法電話自動解約電話
違約金かかることもかかることもかからない

ちなみにUQモバイルショップやUQスポットなどの店頭やWEBでは解約できないので、必ず電話でオペレーターと会話して手続きする必要があります。

電話番号を破棄して解約する手順

UQモバイルで使っている電話番号を廃止して単純に解約する場合はUQお客様センターに問い合わせれば即解約になりますので簡単ですね。

■UQお客様センター

  • 電話番号:0120-929-818
  • 受付時間:9時〜20時(年中無休)

UQお客様センターは混雑で電話がつながらないこともあるので午前中の時間帯に問い合わせるのがおすすめですね。

問い合わせ窓口に電話をかけると音声ガイダンスにつながるので下記の手順で手続きすれば10分程度で解約手続きが完了します。

  1. UQお客様センターに電話する
  2. 2(UQモバイルについて)」をプッシュ
  3. 5(他社へのお乗り換え・解約)」をプッシュ
  4. オペレーターにつながるので「解約したい」と伝える
  5. 違約金についての説明を受ける
  6. 解約手続き完了

解約手続きすれば即解約になるのでUQモバイルの解約日も手続きした日ということになります。

解約に必要なもの

ちなみに固定電話や他社の電話から問い合わせて解約するのであれば下記が必要なものになります。

  • 4桁の暗証番号
  • 解約する電話番号
  • UQモバイルの契約者氏名

なお4桁の暗証番号とはネットワーク暗証番号のことでUQモバイルを契約した時に決めておいた任意の数字4桁です。

事前準備が必要になるのでUQモバイルの携帯電話から問い合わせて解約すれば必要なものもないのでスムーズに手続きができますね。

MNP転出して解約する手順

UQモバイルで使っている電話番号をそのまま他社に引き継ぎ(MNP転出)するなら解約手続きは不要です。

というのも他社で乗り換え(MNP)の契約をして回線を切り替えればUQモバイルは自動的に解約になるからですね。

ただUQモバイルからMNP転出する場合はUQお客様センターでMNP予約番号の発行手続きが必要になるので電話で問い合わせして取得しておきましょう。

■UQお客様センター

  • 電話番号:0120-929-818
  • 受付時間:9時〜20時(年中無休)

オペレーターにMNP予約番号の発行をしたいと伝えれば手続きをしてくれますが、MNP転出する理由によっては引き止めや勧誘がしつこいこともあります。

そのためMNP転出して解約する理由を聞かれたら「仕事の都合で乗り換える」と伝えるとスムーズです。

  1. UQお客様センターに電話する
  2. 音声ガイダンスにつながるので「2」「5」の順で短縮番号をプッシュ
  3. オペレーターに「MNP予約番号を取得したい」と伝える
  4. 違約金などの説明を受ける
  5. SMSでMNP予約番号が届く
  6. 他社で乗り換え(MNP)の契約をする
  7. 回線を切り替える
  8. UQモバイルが自動的に解約される

UQモバイルではMNP予約番号の発行に必要なものはありませんし手数料もかからないので無料で何度でも取得できるので安心ですね。

ちなみにMNP転出すると解約されるタイミングは回線を切り替えた日になるのでMNP予約番号を取得しても即解約にはなりません。

あくまでMNP予約番号を取得しても回線の切り替えをしない限りはUQモバイルが使えるので気軽に取得することができます。

MNP転出手数料はかからない

UQモバイルは2021年3月まではMNP転出手数料が3,300円かかっていましたが、2021年4月以降は撤廃されているのでMNP転出しても手数料は無料です。

UQモバイルはMNP転出手数料が無料

ただ転出先のキャリアでは新規契約事務手数料が3,300円かかることもあるので、乗り換え先のキャリアで事務手数料がかかるかどうか調べておくといいでしょう。

ちなみに乗り換え(MNP)の契約をするショップによっては事務手数料を負担してくれることもあるのでショップ選びは非常に重要です。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

契約者が死亡して解約する手順

UQモバイルの契約者が死亡した時は遺族がUQお客様センターに電話で問い合わせれば解約の手続きができます。

基本的にUQモバイルでは契約者本人しか解約手続きができませんが、死亡した時だけ遺族が代理人として解約が可能なので窓口に電話しておきましょう。

■UQお客様センター

  • 電話番号:0120-929-818
  • 受付時間:9時〜20時(年中無休)

ちなみに契約者が死亡したときは電話した後に書面で解約申込書の返送が必要になりますので、即解約ではない点だけ注意しましょう。

具体的には下記の手順で解約ができます。

  1. UQお客様センターに電話する
  2. オペレーターに「契約者死亡のため解約したい」と伝える
  3. 自宅に郵送で解約書面が届く
  4. 遺族が記入してUQモバイルに書類を返送する
  5. UQモバイルへ届いた日に解約される

なお契約者の死亡診断書が必要になるので事前に用意しておくといいでしょう。

UQモバイルの解約にかかる違約金は?

UQモバイルは解約手数料はかかりませんが、加入しているプランによっては解約すると違約金がかかることもあります。

違約金
くりこしプランなし
スマホプランなし
おしゃべりプラン10,450円
ぴったりプラン10,450円
データ高速+音声通話プラン10,450円
データ無制限+音声通話プラン10,450円

本来なら違約金は不要な費用なので解約する前に違約金がかかるプランかどうか確認をしておくといいでしょう。

新プランはいつ解約しても違約金がかからない

UQモバイルのくりこしプランやスマホプラン加入者はいつ解約しても違約金は0円です。

2019年10月に電気通信事業法の改正によって2年縛りの契約期間や違約金が撤廃されているので10月以降に新規受付開始した新プランは全て違約金をかけずに解約が可能です。

契約期間や更新月を調べなくても好きなタイミングで解約できるので便利ですよね。

旧プランは違約金がかかるケースも

2019年9月以降に受付開始している「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速プラン」「データ無制限プラン」は契約期間が設定されています。

そのためUQモバイルを契約期間内(更新月以外)に解約してしまうと違約金が10,450円かかるので解約するタイミングには注意したほうが良さそうですね。

ちなみに契約期間のない新プランにプラン変更してから解約すると違約金をかけずに解約することができるの旧プランに加入している人はまずプラン変更の検討をしてみるといいでしょう。

UQモバイルを解約するベストなタイミング

UQモバイルで違約金回避して解約できるベストなタイミングをプランごとに解説しました。

加入しているプランによって契約期間や更新月が違うので下記を参考に調べてみましょう。

くりこしプラン・スマホプランの場合

UQモバイルのくりこしプランやスマホプランは契約期間や更新月がありません。

そのためいつ解約しても違約金は一切かからないので解約するタイミングもいつでもOKです。

契約期間更新月違約金
くりこしプラン
スマホプラン
なしなしなし

ただくりこしプランやスマホプランがいくら違約金がかからないからといって契約してすぐに解約すると短期解約になってしまいブラックリストに入ってしまうこともあります。

UQモバイルでブラックリストに入ってしまうと契約審査に落ちてしまうなどauやPovoを含め契約できないケースも出てくるので半年以上は解約しないで利用しておいたほうがいいでしょう。

おしゃべりプラン・ぴったりプランの場合

おしゃべりプランやぴったりプランは契約期間が2年間の俗にいう2年縛りプランです。

契約期間内に途中解約すると違約金がかかるので最後に乗り換えや機種変更をしてから26ヶ月目の更新月に解約するのがベストタイミングです。

契約期間更新月違約金
おしゃべりプラン
ぴったりプラン
2年間/自動更新26ヶ月目10,450円

また更新月に解約し忘れると再度2年間の契約が自動更新されてしまうため、次の解約タイミングが2年後になってしまいます。

そのためおしゃべりプランやぴったりプランに加入している人は事前に更新月を調べた上で解約するようにしましょう。

データ高速+音声通話プラン・データ無制限+音声通話プランの場合

UQモバイルで「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」に加入している人は最低利用期間が1年間になっています。

契約期間更新月違約金
データ高速+音声通話プラン
データ無制限+音声通話プラン
1年間/更新なし13ヶ月目以降10,450円

ただ自動更新ではないため最低利用期間1年を過ぎれば違約金はかからないので解約するタイミングは13ヶ月目以降であればいつでもOKです。

データSIMの場合

ちなみにUQモバイルのデータSIM専用プラン「データ高速プラン」「データ無制限プラン」に加入している人は音声通話プランとは違い契約期間や更新月はありません。

そのため新プラン同様にいつ解約しても違約金はかからないので解約するタイミングはいつでもOKです。

契約期間更新月違約金
データ高速プラン
データ無制限プラン
なしなしなし

ちなみにデータSIM専用プランから音声通話プランへの変更はできないので、くりこしプランやスマホプランなどの音声通話プランを使いたい場合は解約してから再契約しておくといいでしょう。

UQモバイルの更新月を確認する方法

UQモバイルではMy UQmobileから更新月を調べることができます。

契約期間が2年間で自動更新になっているおしゃべりプランやぴったりプランの加入者は人によって更新月が違うので解約する前に下記の手順で確認しておきましょう。

  1. My UQmobileにアクセスする
  2. ログインしたら下にスクールする
  3. 契約プランが表示されているので更新月を確認する

更新月だけでなく契約期間や契約開始日も表示されているので、いつ解約すればいいかわかりやすいですよね。

ちなみにスマホプランやくりこしプランなど更新月や契約期間がないプランに加入している人は更新月が表示されないので注意しましょう。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

UQモバイルを解約する前に確認したい注意点

UQモバイルは解約後に料金のトラブルになることも珍しくないので、解約する前に解約月の料金や端末残債などについてはしっかり確認しておきましょう。

解約月の料金は日割りになる

UQモバイルでは解約月の料金は日割り計算されるので月の途中で解約をしても無駄な料金はかからないので安心ですね。

もちろんくりこしプランだけでなくスマホプランやおしゃべりプラン、ぴったりプランなどUQモバイルの全てのプランで利用した日数分だけ料金を支払うことになります。

月末に解約しないといけないというわけではないので違約金がかからないのであれば、好きなタイミングで解約手続きをしておきましょう。

契約者以外の代理人が解約できない

UQモバイルの解約は契約者本人だけが手続きできるので、契約者以外の家族が代理人として手続きすることはできないので注意しましょう。

また契約者と使用者が異なる場合も必ず契約者が解約手続きすることになります。

例えば子供が使っているUQモバイルのスマホを解約するのであれば契約者の親が解約手続きすることになるということですね。

ただ冒頭でも解説したように、契約者が死亡した場合の解約手続きだけは遺族が代理人として解約手続きができます。

キャリアメールアドレスが使えなくなる

UQモバイルは解約するとキャリアメールアドレス(@uqmobile.ne.jp)は使えなくなります。

メールの送受信ができなくなるだけでなく履歴の閲覧もできなくなるので重要なメールはGmailやyahooメールなどのフリーメールに転送してバックアップを取っておくといいでしょう。

またWEBサービスの会員IDとしてUQモバイルのキャリアメールを登録していると解約後にログインできなくなることもあるので解約する前にメールアドレスの変更など準備しておくといいですね。

MNP予約番号は有効期限がある

UQモバイルのMNP予約番号は有効期限が取得日から15日以内になっています。

乗り換えの手続きは回線の切り替え完了までに1週間ほど時間がかかることもあるので他社で乗り換え(MNP)の申し込みをする直前にMNP予約番号の取得しておくといいでしょう。

ちなみにUQモバイルではMNP予約番号の有効期限が切れても同じ手順で再発行ができますし、有効期限が切れる前に再発行すれば有効期限を延長することもできます。

もちろん発行手数料は無料なので、気軽に何度でもMNP予約番号の取得ができます。

乗り換え手続きの途中でMNP予約番号の有効期限が切れると再申し込みになることもあるので余裕を持って発行するようにしましょう。

端末残債は解約後も支払い続ける

UQモバイルで端末を24回や48回の分割払いしている人は、端末代金を支払い終える前に解約しても端末残債は解約後も継続して支払うことになります。

例えば24回分割で購入していて10ヶ月目に解約すると残りの14回分の端末代金は解約後も残債として毎月請求されるということですね。

なおUQモバイルでは端末代金の残債を分割払いから一括払いに変更できるのでUQお客様センターに問い合わせしてまとめて支払うようにするのもありですね。

ちなみに携帯会社では2台以上の端末残債が残っていると契約審査に落ちることも多いので、端末残債はなるべく残らないようにしておきましょう。

SIMロック解除は解約後100日以内

UQモバイルで購入した端末は解約後100日以内ならSIMロック解除が可能です。

他のキャリアにUQモバイルの端末を持ち込みたいけどSIMロック解除をし忘れたという人でも後から手続きできるので便利ですよね。

ただSIMロック解除に対応しているのは下記の対象機種だけになるので注意しましょう。

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone11
  • iPhoneSE(第2世代)
  • iPhone7
  • iPhone6s
  • iPhoneSE(第1世代)

ちなみにUQモバイルを解約した後はMy UQmobileにログインできなくなるので、SIMロック解除の手続きもWEBで申し込みができなくなります。

そのためUQモバイルショップやUQスポットに行って申し込みすることになりますが、事務手数料が3,300円かかるのでなるべく解約前にWEBでSIMロック解除したほうがいいですね。

UQモバイルで購入した端末の支払いに滞納がなければSIMロック解除条件はありません。

SIMカードの返却は不要

UQモバイルでは解約してもSIMカードの返却は不要なので自分で破棄しておきましょう。

ただSIMカードは個人情報が入っているのでそのままにしておくよりもハサミで切ってから処分しておいたほうが安心です。

他の格安SIMでは解約するとSIMカードは郵送での返却が必須でしかも送料は自己負担になるので、そう考えると手間や費用をかけなくて済むので楽ですよね。

解約したのに請求がくるケースも

UQモバイルでは解約月の料金は解約した翌月以降に請求されます。

クレジットカード払いと口座振替で引き落としのタイミングは解約月から最大2ヶ月ずれることがあるので、解約したのに請求がくるという人は料金明細を確認しておきましょう。

クレジットカード払い口座振替
締め日毎月月末毎月月末
料金確定日毎月15日毎月15日
支払日締め日の翌々月締め日の翌月末

例えばUQモバイルを10月に解約すると口座振替なら解約月の料金は11月30日に引き落としになりますが、クレジットカード払いなら12月中に引き落としになります。

クレジットカード会社によって引き落とし日が違いますが、UQモバイルの解約後は最大2ヶ月間は請求や引き落としがあると考えておくといいでしょう。

ちなみに2ヶ月以上継続して引き落としされる場合は端末残債が残っていないか確認した上でUQお客様サポートに問い合わせしてみるといいでしょう。

WEBや店舗では解約できない

ちなみにUQモバイルはWEBや店舗で解約ができません。

冒頭でも解説しているようにUQモバイルの解約は電話でオペレーターと会話する必要があるので注意しましょう。

UQお客様サポートに電話がつながらないという人は夕方や土日の混雑する時間帯を避けて問い合わせするようにしましょう。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

オプションは解約しても日割りにならない

UQモバイルの有料コンテンツやオプションは解約するとオプション料金が日割りになるものと満額請求されるものがあります。

また解約すると端末保証オプションや有料コンテンツも自動的に退会になりますが一部のコンテンツでは別途退会手続きが必要なこともあるので注意しましょう。

退会手続きを忘れるとUQモバイルを解約したのに請求がくるというトラブルにもつながります。

契約月解約月自動解約
通話明細サービス満額請求満額請求される
電話きほんパック(V)日割り日割りされる
割込通話サービス日割り日割りされる
三者通話日割り日割りされる
迷惑電話撃退サービス日割り日割りされる
お留守番サービスEX日割り日割りされる
増量オプションⅡ12ヶ月間無料満額請求される
安心サポートパック(android)日割り日割りされる
安心サポートパック(iPhone)日割り日割りされる
故障紛失サポート
(android/au certified)
日割り日割りされる
故障紛失サポート
(with AppleCare services)
日割り日割りされる
使い方サポート日割り日割りされる
メールサービス(キャリアメール)日割り日割りされる
au スマートパスプレミアム30日間無料満額請求される
au HOME12ヶ月間無料満額請求される
子育てエールプログラム初月無料満額請求される
GeForse Now初月無料満額請求されない
YouTube Premium6ヶ月間無料満額請求される
Smash6ヶ月間無料満額請求される

満額請求されるオプションやコンテンツは月末に解約すると無駄な費用がかかりませんね。

ちなみにオプションやコンテンツの退会手続きだけするのであればUQエンタメマーケットから下記の手順で解約ができます。

  1. UQエンタメマーケットにアクセスする
  2. My UQログイン」をタップしログインする
  3. 画面右上の「Myページ」をタップ
  4. オプションの履歴が表示されるので「詳細」をタップ
  5. 解約手続きに進む」をタップ
  6. 内容を確認して「解約する」をタップ

UQモバイルの解約方法と手順まとめ

UQモバイルの解約方法はUQお客様サポートに電話するだけなので、他のキャリアと比較すると解約しやすく手続きも簡単です。

ただ解約金だけでなく解約月の料金や端末残債などプランによっては解約後に費用が発生することもあるので注意点については事前にチェックしておくといいですね。

またオプションやコンテンツの中には解約後も継続されるオプションがあるので退会手続きを忘れてしまうとUQモバイルの解約後も請求がくるケースもあるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました