【2021年版】UQモバイルを3年使ってわかった本当のメリット・デメリット!

UQ契約

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルはauやドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアと比較すると月額3,000円〜4,000円安いので固定費の料金節約にもつながります。

ただTwitterなどをみると評判は良さそうだけどUQモバイルって実際どうなの?と考えている人もいる多いかもしれませんね。

筆者自身は2018年6月からUQモバイルのiPhone6sを購入して3年使っているので、利用していて感じたメリットやデメリットをまとめてみました。

またUQモバイル利用者から見て「こういう人はやめとけ」「こういう人にはおすすめ」という点も解説しているので、UQモバイルを契約して後悔しないように事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
  1. UQモバイルのデメリット11個
    1. デメリット1:データ使い放題のプランはない
    2. デメリット2:通信速度が遅くなる時間帯がある
    3. デメリット3:UQお客様センターに電話がつながらない
    4. デメリット4:UQスポットや店舗が混雑してる
    5. デメリット5:複数回線の契約をしても割引がない
    6. デメリット6:最新のiPhoneが販売していない
    7. デメリット7:キャリアメールが有料オプションになる
    8. デメリット8:家族でデータシェアができない
    9. デメリット9:auのスマートバリューが解除される
    10. デメリット10:au以外のキャリア端末はSIMロック解除が必要
    11. デメリット11:未成年の契約はオンラインで申し込みできない
  2. UQモバイルのメリット11個
    1. メリット1:大手キャリアと比較して料金が安い
    2. メリット2:通信速度が速い
    3. メリット3:余ったデータを翌月に繰り越しできる
    4. メリット4:節約モードでデータ消費がなくなる
    5. メリット5:通話かけ放題がお得
    6. メリット6:口座振替で支払いができる
    7. メリット7:UQモバイルのショップや取扱い店舗が多い
    8. メリット8:5G回線で通信できる
    9. メリット9:auからの乗り換えが簡単
    10. メリット10:auひかりに加入していると割引がもらえる
    11. メリット11:認定中古品を販売してる
  3. 全国の利用者から見たUQモバイルの評判
  4. UQモバイルをおすすめできる人は?
    1. UQモバイルが向いている人
    2. UQモバイルはやめたほうがいい人
  5. UQモバイルへお得に乗り換えるキャンペーン
    1. SIMのみ契約で10,000円キャッシュバック
    2. UQモバイルオンラインショップおトク割
  6. UQモバイルのメリット・デメリットまとめ

UQモバイルのデメリット11個

UQモバイルは料金が安くなる反面、今までできていたことができなくなることもあるので、デメリットはしっかり確認しておきましょう。

デメリット1:データ使い放題のプランはない

UQモバイルのプランはデータ量に応じて「くりこしプランS/M/L」の3種類のプランがありデータ上限がくりこしプランLでも毎月25GBまでです。

大手のキャリアではデータ使い放題のプランが用意されていますが、UQモバイルにはデータ使い放題プランがないので25GB以上使う人にはデメリットですね。

データ使い放題月額料金
ドコモ5Gギガホ プレミア7,315円
au使い放題MAX 5G7,238円
ソフトバンクメリハリ無制限7,238円
楽天モバイルUN-LIMIT3,278円
ワイモバイルなし3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
UQモバイルなし3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円

実際にUQモバイルを利用していてyoutubeやネットフリックス、アマゾンプライムなどで毎日動画を見ると25GBのデータ上限を超過することも珍しくなかったです。

そのためUQモバイルでデータを気にせずに動画やゲームなどを楽しみたいのであればWiFiと併用して使う必要があるかもしれません。

デメリット2:通信速度が遅くなる時間帯がある

UQモバイルはauのサブブランドなのでauの基地局に独自のUQモバイル回線を持っているのが特徴です。

そのためUQモバイルは通信速度も大手キャリア並みに安定していると言われますが実際は18時〜24時までの時間帯は通信速度が多少遅くなることがあるので注意しましょう。

と言っても通信速度が遅すぎて使えないというわけではなく多少ネットが遅いかな?と感じるレベルの通信速度なのでネットや動画、ゲームも問題なく使えると言えます。

ただUQモバイルで大手キャリアの同じように時間帯を問わず安定して使えることを期待していると後悔することもあるので気をつけておいたほうが良さそうです。

デメリット3:UQお客様センターに電話がつながらない

UQモバイルは契約前も契約後もUQお客様センターに問い合わせすればトラブルや相談などを専門のオペレーターが対応してくれます。

ただUQお客様センターはUQモバイルの総合窓口なので時間帯によっては問い合わせしてもつながらないことも多いので注意が必要です。

UQお客様センターは受付時間が9時〜20時までになっているので、確実につながる時間帯の9時に問い合わせするようにしましょう。

ちなみにUQモバイルは電話だけでなくチャットでも問い合わせを受付しているので電話がつながらないという人はチャットで問い合わせるなど工夫が必要かもしれません。

筆者も何度か問い合わせをしたことがありますが12時以降は全くつながらないことが多かったので時間帯をずらして問い合わせるのがおすすめです。

デメリット4:UQスポットや店舗が混雑してる

UQモバイルの店舗数は全国に2,700店舗以上あるのでビックカメラやヤマダ電機など家電量販店内に設置されたブースやUQスポットなど見かけたことがある人も多いかもしれません。

ただテレビのCMなどで知名度が高いこともあって店舗やUQスポットはいつも混雑していて待ち時間だけで1時間〜2時間と長いので注意が必要です。

筆者自身もUQモバイルユーザーですが店舗は避けてネットや電話で手続きや問い合わせをするようにしていました。

UQモバイルは店舗でもネットでも同じ手続きができるのでなるべくネットで手続きするようにしたほうが良さそうですね。

デメリット5:複数回線の契約をしても割引がない

UQモバイルには家族割がないので複数回線の契約をしても割引が少ないのがデメリットですね。

厳密にはUQモバイルは「自宅セット割」という自宅のネット回線やでんきを契約すれば家族全員に割引されるキャンペーンがあります。

ただauひかりやauでんきの契約が条件なのでUQモバイルに家族で乗り換えるだけでは割引を受けられないということになります。

そのためネット回線や電気の契約をしない人にとっては家族で複数回線の契約をしても割引がないので家族割がある他の格安SIMと比較すると料金が高いことがあるので注意しましょう。

UQモバイルは家族や複数回線向けの特典や割引が少ない特徴があるので、家族間の無料通話がついてないなどもデメリットになるかもしれません。

デメリット6:最新のiPhoneが販売していない

UQモバイルでは最新のiPhoneは発売日から半年以上たたないと販売されないのはデメリットもかもしれません。

端末価格
iPhone1264GB:94,485円
128GB:100,015円
iPhone12 mini64GB:71,650円
128GB:77,170円
iPhone1164GB:66,235円
iPhoneSE(第2世代)64GB:55,270円
128GB:61,250円

現在はiPhone12やiPhone11、iPhoneSE(第2世代)が販売されていますが、iPhone13は販売していません。

そのためUQモバイルでiPhone13を使いたいならアップルストアでSIMフリー版のiPhone13を購入してUQモバイルでSIMのみ契約する必要があります。

デメリット7:キャリアメールが有料オプションになる

UQモバイルでは@uqmobile.jpというキャリアメールが使えますが有料オプションで月額220円かかります。

ワイモバイルや楽天モバイルなど他の格安SIMではキャリアメールが無料で使えることも多いのでガラケー利用者やキャリアメールをよく使う人にはデメリットかもしれません。

筆者もキャリアメールを使っていましたがUQモバイルでは有料オプションになってしまうためGmailやyahooメールなどのフリーメールに移行しましたね。

ちなみにauのキャリアメール(@au.comや@ezweb.ne.jp)はUQモバイルで引き継いで使うことができないのでフリーメールの利用を検討したほうがいいかもしれません。

デメリット8:家族でデータシェアができない

UQモバイルにはデータシェアプランがないので、家族でデータを分け合ったり共有することができません。

またmineoのように家族や友人にデータをプレゼントするサービスもないので家族で複数回線の契約をしても1回線ずつくりこしプランに加入することになります。

ただUQモバイルのくりこしプランは余ったデータを翌月に繰越すことができるのでデータシェアがなくてもデータが無駄になりにくい特徴があると言えます。

デメリット9:auのスマートバリューが解除される

auからUQモバイルへ乗り換えるとスマートバリューは解除されてしまいます。

ただUQモバイルにはスマートバリューと同等の自宅セット割があるので解除されてもauひかりやauでんきを契約している人はUQモバイルで自宅セット割に加入し直せば割引が復活します。

自宅セット割スマートバリュー
キャリアUQモバイルau
割引額くりこしS:638円
くりこしM:638円
くりこしL:858円
使い放題MAX:1,100円
ピタットプラン:550円

ちなみにauのスマートバリューは住所が違う家族でも割引が適用されますが、UQモバイルの自宅セット割は同居している家族でないと割引対象外になってしまうので注意しましょう。

デメリット10:au以外のキャリア端末はSIMロック解除が必要

UQモバイルでau以外の端末を持ち込みして使う場合はSIMロック解除が必要です。

ただ持ち込みしたい端末がUQモバイルで使えるかどうか事前に動作確認端末一覧から調べておくといいでしょう。

SIMロック解除
ドコモ端末必要
au端末不要
ソフトバンク端末必要
楽天モバイル端末不要
ワイモバイル端末必要
UQモバイル端末必要
SIMフリー端末不要

なおauや楽天モバイルで購入した端末であればSIMロック解除は不要でUQモバイルのSIMカードを挿すだけで使うことができます。

ちなみに2021年10月1日以降は法律でSIMロックが原則禁止になっているので全ての端末でSIMロック解除不要になります。

デメリット11:未成年の契約はオンラインで申し込みできない

UQモバイルでは中学生から契約者になることができますが、20歳未満の未成年者は保護者同伴の上で店舗に行って契約する必要があります。

UQモバイルのオンラインショップでは未成年者の契約ができないので子供に持たせたい時は契約手続きに手間がかかるというのがデメリットかもしれません。

ちなみにUQモバイルを親名義で契約するのであれば未成年でもオンラインショップで契約手続きをすることが可能です。

UQモバイルのメリット11個

UQモバイルを実際に使ってみた感想としては料金が安いだけでなくauが運営していることもあって不具合や通信障害などもなく安定して利用できるというのもメリットですね。

他にも実際に使ってみて感じたUQモバイルのメリットをまとめているのでぜひチェックしてみてください。

メリット1:大手キャリアと比較して料金が安い

UQモバイルのメリットは大手キャリアと比較すると月額3,000円ほど料金が安いのですが、安い理由はauの基地局を利用しているので設備費用や人件費を大きく節約できるからです。

プラン料金
UQモバイルくりこしプランS
くりこしプランM
くりこしプランL
3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
au使い放題MAX7,238円
ドコモギガホプレミア7,205円
ソフトバンクメリハリ無制限7,238円

冒頭でも解説しているようにUQモバイルはデータ使い放題プランがないので毎月のデータ量が25GBに収まるのであれば料金を下げることができますね。

通信速度が時間帯によって多少遅くなることもありますが使えないというわけではないので年間36,000円の料金節約を考えると乗り換えて損はないと言えるでしょう。

ちなみにUQモバイルは2年目以降の料金が高いというデメリットがありましたが、現在は3年目もずっと料金が変わらないようにサービス改善されています。

メリット2:通信速度が速い

UQモバイルは独自のau回線網を使っているので通信速度は速くネットや動画、ゲームも快適です。

ちなみにyoutubeを快適に見るために必要な通信速度は4K動画なら20Mbps、フルHD動画なら5Mbpsと言われています。

もちろんUQモバイルは地域によって多少の速度差はありますが通信速度が50Mbps出ている人もいるので十分速いと言えるでしょう。

またUQモバイルの通信帯域は3.7Ghzのプラチナバンドを利用しているので屋内や地下に強く圏外になりにくく通話品質も良いというものメリットの一つです。

メリット3:余ったデータを翌月に繰り越しできる

格安SIMではデータの繰り越しができないプランもあるのでデータをあまり使わなかった月は無駄な料金がかかってしまいますよね。

UQモバイルのくりこしプランは余ったデータを翌月に繰り越すことができるのでデータが無駄にならないというのは大きなメリットです。

くりこしSくりこしMくりこしL
データ量3GB15GB25GB
繰り越し上限3GBまで15GBまで25GBまで
有効期限翌月末まで翌月末まで翌月末まで

UQモバイルで加入しているプランによって繰り越し上限や有効期限があるのでその範囲内であれば自動的に余ったデータは繰り越しになります。

例えばくりこしプランSでデータを全く使わなかった場合は1ヶ月分の丸々3GBが翌月に繰り越されるということになりますね。

ちなみに余ったデータを翌月に繰り越しすると翌月は繰り越し分のデータから消費されるので有効期限切れになりにくいのは嬉しいポイントですね。

メリット4:節約モードでデータ消費がなくなる

UQモバイルには節約モードという機能があります。

この節約モードは高速通信から低速通信に切り替えられる機能で通信速度が遅くなる代わりにデータ消費がなくなるという便利な機能です。

節約モードで低速通信にすると通信速度が1Mbpsに落ちてしまいますがネット検索やLINE、SNSやyoutubeを中画質でみる程度であれば問題なく使えます。

UQモバイルにデータ使い放題プランはありませんが、節約モードを使えば低速通信のままデータ使い放題にすることも可能ですね。

ちなみにUQモバイルのマイページで高速通信から低速通信に自由に切り替えることができます。

メリット5:通話かけ放題がお得

UQモバイルのくりこしプランS/M/Lは通話料が22円/30秒でかかりますが、有料のオプションに加入することで通話かけ放題にすることも可能です。

しかもUQモバイルは通話かけ放題のオプションが豊富で特に通話パックはUQモバイルにしかないオプションサービスですね。

オプション料金詳細
オプションなしなし通話料:22円/30秒
通話パック550円月60分まで通話料無料
かけ放題(10分/回)770円10分以内の通話はかけ放題
かけ放題(いつでも)1,870円24時間いつでもかけ放題

一般的な通話かけ放題オプションは仕事などで毎月何回も通話をしている人でないと損することもありますが通話パックは月の合計時間によって通話料が無料になるので便利ですね。

ちなみに通話パックは月の合計通話時間が13分以上であればお得なので加入を検討するといいですね。

もちろんUQモバイル契約後に通話かけ放題オプションの加入や解除が自由にできます。

メリット6:口座振替で支払いができる

UQモバイルでは月額料金の支払い方法を口座振替にすることもできます。

またUQモバイルはWEB申し込みでも口座振替で契約手続きをすることができるのでクレジットカードを持っていない人でも便利ですよね。

ただUQモバイルでは口座振替にすると手続き完了までに1ヶ月〜2ヶ月ほど時間がかかるので口座振替の手続きが完了するまではコンビニ払いで料金を支払うことになるので注意しましょう。

メリット7:UQモバイルのショップや取扱い店舗が多い

UQモバイルは全国に2,700店舗以上あるのでサポートや相談などが気軽にできるというのはメリットですね。

UQモバイルのショップはUQスポットという小型店舗だけでなく家電量販店に取扱い店舗やブースが併設されていたり、auショップにもあるので対面でのサポートも万全ですね。

ただUQモバイルの店舗は常に混雑しているので予約なしでも対応自体は可能ですがスムーズに対面サポートを受けるなら来店予約をしておく必要がありますね。

メリット8:5G回線で通信できる

UQモバイルのくりこしプランS/M/Lは5G回線に対応しているのでプランに加入するだけで追加料金なしで高速通信ができるようになります。

ただUQモバイルの5G回線のエリアはauと同じですが一部地域に限られていて地方だと5G回線エリア外になることもあっるので5G回線のエリアかどうかauのエリアマップで調べておきましょう。

メリット9:auからの乗り換えが簡単

auからUQモバイルへの乗り換えは手数料もかかりませんし、支払い方法や契約者情報をUQモバイルに引き継ぐことができるので非常におすすめです。

  • 解約金や事務手数料(SIMパッケージ料金)は一切かからない
  • MNP予約番号は不要
  • クレジットカード払いなら支払い方法を引き継ぎできる
  • auひかりやネットフリックスも引き継ぎできる
  • au端末をそのまま使うならSIMロック解除が不要

UQモバイルへ乗り換えるとタイミングによっては通常だと解約金が10,450円とSIMパッケージ料金が3,300円かかるのでauからUQモバイルへ乗り換えると14,000円程度お得ですね。

メリット10:auひかりに加入していると割引がもらえる

auからUQモバイルへ乗り換えるとスマートバリューが解除される代わりに自宅セット割に加入することができます。

自宅セット割あり自宅セット割なし
料金くりこしS:990円
くりこしM:2,090円
くりこしL:2,970円
くりこしS:1,628円
くりこしM:2,728円
くりこしL:3,828円

UQモバイルでは自宅セット割に加入することでくりこしプランSなら月額990円と非常に安く使えるのでネット回線や電気の契約を検討している人は利用するとお得ですね。

ちなみにすでにauひかりやauでんきに加入している人もUQモバイルで申し込みするだけで割引されるのでうまく活用するといいですね。

メリット11:認定中古品を販売してる

UQモバイルでは「au Certified」というauが認定したリユーススマホ(認定中古品)の販売をしています。

UQモバイルでは販売していないiPhone8やiPhoneXRなどを激安で販売しているので中古品に抵抗がない人は認定中古品を購入して安くUQモバイルを使うのもおすすめです。

端末価格
iPhone864GB:550円
iPhoneXs Max64GB:37,760円
128GB:41,360円
iPhoneXs64GB:23,360円
128GB:26,960円
iPhoneXR64GB:18,320円
128GB:22,640円

au Certifiedはauが認定した専門業者が検査や端末の初期化をしているので不具合や情報漏洩などのリスクもなく安全にUQモバイルで使える点が大きなメリットですね。

また万が一認定中古品に不具合があれば購入後30日以内であれば無償交換が可能なので安心です。

全国の利用者から見たUQモバイルの評判

筆者だけでなく全国のUQモバイル利用者から見た評判や口コミをまとめてみました。

基本的に料金については悪い評判はほぼありませんでした。

むしろauと比べて料金が安くなって満足しているという声が多かったですね。

ちなみにUQモバイルの契約月のデータは日割りにならないので月末にUQモバイルへ乗り換えると1ヶ月分のデータを翌月に繰り越しすることができるのでお得ですね。

通信速度も速く地方でも圏外になることはなさそうですが、やはり昼休みの時間帯や夜間は若干ネットが遅いこともあるので注意したほうが良さそうですね。

UQモバイルの節約モードは低速通信でも通信速度が1Mbpsなので節約モードを使いながらシンプルSの最安値でUQモバイルを使う人も多いようです。

ただUQモバイルの悪い評判としては問い合わせ窓口に繋がりにくいといったサポート面に関するクレームや苦情、不便さを感じることが多いですね。

筆者の使ってみた感想もUQモバイルユーザーとしては料金も安いし回線も安定して速いのでサービスそのものは文句なしに使いやすいのですが、やはりサポート面では不満がありますね。

故障などのトラブルや急にネットが遅くなった時はネットで調べて解決するようにしたほうがいいかもしれません。

UQモバイルをおすすめできる人は?

UQモバイルには様々なメリット・デメリットがありましたね。

筆者のUQモバイルを3年使っていますが、利用者から見てUQモバイルがおすすめできる人もいますが、反面「UQモバイルはやめておけ・・・」という人もいるのでまとめてみました。

UQモバイルが向いている人

UQモバイルは一人で乗り換える人やauを使っている人など下記のような人は向いています。

  • 大手キャリアを使っていて料金を下げたい人
  • auの通信回線が利用したい人
  • auひかりやauでんきに加入している人
  • 一人で乗り換える人

UQモバイルは大手キャリアを使っている人、特にauユーザーは解約金やSIMロック解除も不要でSIMカードを挿し替えるだけで使えるので非常に大きなメリットがあります。

au回線なので通信品質もよく、通信速度が速いのでauとほぼ変わらない環境で月額3,000円安く使うことが可能です。

筆者はソフトバンクから乗り換えたのですがUQモバイルに不便を感じたことは全くありませんし、思っているほど通信速度も遅くないなという評価です。

UQモバイルは他のキャリアと比較して料金が一番安いわけではないのですが、その分サービスの安定感は抜群なのでリスクなしで料金を安くすることが可能ですね。

UQモバイルはやめたほうがいい人

ただ反面、UQモバイルには様々なデメリットがあったので下記のような人にはUQモバイルはやめておいたほうがいいかもしれません。

  • 動画ヘビーユーザーの人
  • 家族で複数回線の乗り換えを検討している人
  • auの電波が届かない人
  • とにかく最安値で使いたい人

UQモバイルは単純に料金だけを比較すれば楽天モバイルやワイモバイルよりも料金が高いので、とにかく料金を最安値にしたいという人にはおすすめしないです。

またUQモバイルのサービスやキャンペーンの特徴から見ればauの電波が届かない人や家族で複数回線の乗り換えを検討している人も割高になるかもしれませんね。

動画ヘビーユーザーは楽天モバイルならデータ無制限の使い放題で月額3,278円で使えます。

また家族で複数回線の乗り換えを検討しているならワイモバイルで家族割を使うと2回線目から月額990円と安く使うことができます。

UQモバイルへお得に乗り換えるキャンペーン

UQモバイルではオンラインショップで乗り換えるとキャッシュバックや機種代金の値引きなどお得なキャンペーンを実施しています。

UQモバイルの店舗では使えないキャンペーンなのでUQモバイルへ乗り換えるならオンラインショップで申し込みするようにしたほうがお得ですね。

SIMのみ契約で10,000円キャッシュバック

詳細
受付期間終了日未定
特典加入プランに応じてauPAYでキャッシュバック
(1)くりこしプランS:6,000円相当
(2)くりこしプランM:10,000円相当
(3)くりこしプランL:10,000円相当
条件下記全ての条件を満たすこと
(1)UQモバイルへ乗り換える
(2)オンラインショップでSIMのみ契約する
(3)くりこしプランS/M/Lに加入する
(4)契約後にauPAYの利用設定をする
受付してるショップUQモバイルオンラインショップ
申し込み方法条件を満たせば回線切り替えの翌月末に自動付与
注意点・auやPovoからの乗り換えは対象外
・店舗で契約する場合は対象外
・auPAYの設定がされていないと付与されない
・eSIMへの乗り換えもOK

UQモバイルではSIMのみ契約するとキャッシュバックが最大10,000円もらえるキャンペーンを実施しています。

UQモバイルで他社の端末を持ち込みする場合やSIMフリー端末を使う場合はオンラインショップで申し込みするとお得ですね。

ただauやPovoからUQモバイルへの乗り換えや店舗でSIMのみ契約するとキャッシュバック対象外になってしまうので注意しましょう。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルオンラインショップおトク割

詳細
受付期間2021年10月1日〜終了日未定
特典購入機種に応じて最大22,000円の機種代金値引き
条件下記全ての条件を満たすこと
(1)UQモバイルで端末購入する
(2)くりこしプランS/M/Lに加入する
(3)オンラインショップで申し込みする
受付してるショップUQモバイルオンラインショップ
申し込み方法条件を満たせば自動的に機種値引きされる
注意点・auやPovoからの乗り換えも対象
・店舗で契約する場合は対象外
・対象機種に応じて値引額が異なる
・認定中古品は対象外

UQモバイルオンラインショップで端末のセット購入をすると機種代金から最大22,000円の機種代金値引きされるキャンペーンを実施しています。

UQモバイルの機種値引きキャンペーンは最新のiPhone12はもちろんandroidなど全ての端末が値引きの対象機種になっているので安く使うならオンラインショップで乗り換えるのでお得ですね。

ちなみにUQモバイルオンラインショップは新規契約や機種変更でも機種代金の値引きキャンペーンを利用できるので事前に値引額を確認しておくといいでしょう。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルのメリット・デメリットまとめ

UQモバイルは大手キャリアと比較しても料金が安く通信速度も安定しているので、特にauユーザーはUQモバイルヘ乗り換えてもほぼ環境も変わらないのでおすすめですね。

実際にUQモバイルを使ってみると通信障害や不具合も少なく、auが運営しているだけあってサービスに安定感がありますね。

ただデータ使い放題プランがなかったり、サポートの評判が悪いなどデメリットもありますので事前にメリットとデメリットを把握して後悔しないようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました