UQモバイルで名義変更する手順!親から子供に譲る裏ワザや注意点も解説

UQ契約

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

UQモバイルは結婚で氏名が変わった場合や契約者が死亡して遺族が契約を引き継ぐ場合のみ名義変更の手続きが可能です。

基本的には譲渡目的での名義変更ができないので例えば親から子供に契約名義を変えたいとか、結婚して妻名義から夫名義に変更したいということができません。

ただ多少の手間やデメリットもありますが、実はUQモバイルで契約名義を変更する裏ワザがいくつかありますので本記事で詳しくご紹介します。

また改姓や承継の手続き手順や必要書類についてもまとめているのでスムーズに手続きができるように事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

UQモバイルは譲渡の名義変更ができない

一般的に携帯電話の名義変更には3つの手続きがあります。

冒頭でもご紹介しているようにUQモバイルでは改姓や承継の名義変更は可能ですが譲渡の名義変更ができないので注意しましょう。

  • 改姓:結婚や離婚で契約者の苗字(氏名)を変更する手続き
  • 承継:契約者が死亡したときに遺族が契約を引き継ぐ手続き
  • 譲渡:家族や第三者に契約名義を変更する手続き

譲渡の名義変更とは携帯電話の契約を第三者や家族に譲る手続きのことで、例えば親から子供に契約者を変更したいというケースが該当します。

UQモバイルは未成年のうちは親名義で使わせて成人したら子供名義に変更するということができないので申し込み時点で最初から子供の本人名義で契約しないといけないというわけです。

改姓や承継の名義変更はできる

UQモバイルでは改姓や承継の名義変更ならいつでも手続きができます。

改姓や承継の手続き手順はUQお客様センターに電話で問い合わせしてから届出書と必要書類をUQモバイルに郵送で送るだけなので簡単ですね。

  1. UQお客様センターに電話で問い合わせする
  2. 承継/改姓届出書をダウンロードする
  3. 届出書と必要な書類を同封して郵送で送る

なお改姓の名義変更はあくまで結婚や離婚で契約者本人の名前を変更する手続きなので契約者以外の家族や第三者に変えることはできません。

UQモバイルでは改姓の名義変更をしないで旧姓のままで苗字が違うと機種変更やMNP転出の手続きができないケースもあるので、苗字が変わったら必ず手続きするようにしましょう。

ちなみに承継の名義変更は遺族がUQモバイルの契約を引き継ぐときだけ必要になるので、契約を引き継がないでそのまま解約する場合は不要な手続きになります。

遺族が契約を引き継がないで解約するならUQお客様センターに問い合わせすればそのまま電話口で解約することが可能です。

名義変更(改姓・承継)の手続きに必要な書類

UQモバイルでは改姓や承継の名義変更でそれぞれ必要な書類があるのでまとめてみました。

改姓の手続きに必要な書類

UQモバイルで改姓の名義変更をする場合は下記いずれかの書類が必要になるので、改姓届出書と一緒に用意しておくようにしましょう。

注意点
運転免許証のコピー新旧両方の氏名が記載されていること
おもて面と裏面が必要
健康保険証のコピー住所記載があること
新旧両方の氏名が記載されていること
おもて面と裏面が必要
住民基本台帳カードのコピー顔写真がついていること
新旧両方の氏名が記載されていること
おもて面と裏面が必要

必ず本人確認書類に新旧両方の氏名が記載されている必要があるので区役所や市役所・警察署などで本人確認書類の名字変更をしてからUQモバイルで改姓の名義変更をするようにしましょう。

ちなみに健康保険証に住所記載がない場合は裏面にボールペンを使って手書きで記載しておけばOKです。

承継の手続きに必要な書類

承継の名義変更をする場合は届出書とは別に「契約者の死亡が確認できる書類」と「死亡した契約者の本人確認書類のコピー」が必要になります。

契約者の死亡が確認できる書類とは具体的には下記のいずれかの書類が必要です。

注意点
戸籍謄本被承継者と承継者の2名が記載されていること
発行日から3ヶ月以内であること
死亡診断書
葬儀の案内状

戸籍謄本を提出する場合は被承継者(死亡した契約者)と承継者(契約を引き継ぐ遺族)の2名が記載されている必要があるので注意しましょう。

また死亡した契約者の本人確認書類も必要になるので、下記いずれかの書類をコピーしておく必要があります。

注意点
運転免許証有効期限内であること
パスポート有効期限内であること
住所が記載していること
マイナンバーカードおもて面のみ提出すること
身体障がい者手帳住所が記載していること
療育手帳住所が記載していること
精神障がい者保健福祉手帳住所が記載していること
住民基本台帳カード顔写真がついていること
有効期限内であること
健康保険証+補助書類住所が記載されていること
下記いずれかの補助書類も提出する
・住民票
・公共料金の領収書

承継届出書と死亡が確認できる書類、被承継者の本人確認書類コピーの3点をUQモバイルへ郵送すれば承継の手続きが完了します。

なお名義変更して承継や改姓の新しい名義が反映されるのはUQモバイルで書類不備がないと確認が取れた日からになるので問い合わせから1週間〜2週間ほど時間がかかるので注意しましょう。

副回線や子回線だけを名義変更できない

UQモバイルは副回線や子回線が主回線の契約者名義になっているので、副回線や子回線だけを名義変更することはできません。

例えば一人で2台持ちしていて余ったスマホを子供や家族に譲渡したいとか親名義で契約している子回線の娘が結婚して苗字が変わったというケースですね。

譲渡はもちろんできませんが、改姓や承継の名義変更も手続きすると主回線に紐づく全ての回線名義が変わってしまうので基本的には後述する利用者登録を変更するようにしましょう。

UQモバイルの契約を譲渡する裏ワザ

UQモバイルでは上述しているように譲渡の名義変更ができません。

ただどうしても家族や子供にUQモバイルの契約を譲渡したいという人は下記の方法であれば契約者を変更することが可能です。

契約の手間や手数料がかかるなどデメリットもあるので事前に注意点などは確認するようにしましょう。

UQモバイルを解約してから再契約して戻る

すでにUQモバイルを契約している場合は一度解約してから新しい契約者名義で新規契約し直せば契約者を変更することが可能です。

電話番号は変わってしまいますが、くりこしプランなど契約期間のないプランに加入していて違約金や手数料を回避できるのであれば検討してみるといいかもしれません。

  • 電話番号が変更になる
  • 違約金が10,450円かかることもある
  • 店舗で新規契約すると事務手数料が3,300円かかる

UQモバイルのおしゃべりプランやぴったりプランは契約期間が2年間のいわゆる2年縛りプランなので更新月以外で解約すると違約金が10,450円かかります。

またUQスポットや家電量販店、auショップなど店舗で再契約すると事務手数料が3,300円かかるため初期費用が最大13,750円かかることになるので注意した方が良さそうですね。

ちなみにUQモバイルのオンラインショップで新規契約すれば契約事務手数料は免除されるので違約金がかからないのであればオンラインショップで申し込みするようにしましょう。

他社に乗り換えしてから再転入する

いま使っている電話番号を変えたくないという人は譲渡の名義変更ができる携帯キャリアに乗り換えてから、再度UQモバイルへMNP転入するというのもありですね。

auやドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアだけでなくワイモバイルや楽天モバイルでは譲渡の名義変更が可能です。

そのため他社に乗り換えて名義変更した後に再度UQモバイルへ戻れば電話番号を維持したまま契約名義を変更することができるというわけです。

  • UQモバイルで違約金が10,450円かかることもある
  • 他社へ乗り換えで契約事務手数料が3,300円かかる
  • 他社で名義変更の手数料が3,300円かかる
  • UQモバイルに戻るときに事務手数料が3,300円かかることもある

ただUQモバイルと他社で2回も乗り換え(MNP)をすることになるので違約金や事務手数料、名義変更手数料などで最大20,350円かかります。

そのため乗り換えるタイミングを確認しながら事務手数料や名義変更の手数料がかからない乗り換え先を探す必要がありますよね。

楽天モバイルに乗り換えるのがおすすめ

名義変更でUQモバイルから乗り換えるなら楽天モバイルがおすすめです。

というのも楽天モバイルでは契約事務手数料や名義変更の手数料、解約金が一切かからない上に、3ヶ月間はプラン料金も無料になります。

つまりUQモバイルから楽天モバイルに乗り換えて譲渡の名義変更をすれば余計な初期費用をかけずにUQモバイルへ戻れるということですね。

楽天モバイルは名義変更の手続きをWEBで簡単にできるのでわざわざ店舗に来店予約をして行く必要もなく便利ですよね。

もちろん楽天モバイルはデータ無制限の使い放題で月額3,278円と激安プランを提供しているので、すぐにUQモバイルに戻らなくても試しに3ヶ月間使ってみるのもおすすめです。

名義変更してからUQモバイルへ乗り換える

なおまだUQモバイルへ乗り換える前であれば先にいま使っているキャリアで譲渡の名義変更を済ませておくのがおすすめです。

auやドコモ、ソフトバンクなど大手キャリアなら譲渡の名義変更が店舗で手続きできるので、譲渡者(今の契約者)と譲受者(新しい契約者)の2人でショップに行きましょう。

なお大手キャリアでは家族間の譲渡だと手数料が無料になりますが、家族以外の他人に譲渡する場合は下記の手数料がかかります。

家族間の譲渡他人への譲渡
ドコモ無料2,200円
au無料2,970円
ソフトバンク無料3,300円
ワイモバイル3,300円3,300円
楽天モバイル3,300円3,300円

なお譲渡の名義変更は手続きに譲渡者と譲受者の本人確認書類が必要になりますので、事前に用意しておくようにしましょう。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが使えますが未成年の子供名義にする場合は学生証は本人確認書類として使えないので注意しましょう。

譲渡者と譲受者どちらか1人でも委任状を持参すれば店舗で手続きすることができます。

UQモバイルで利用者登録をする

UQモバイルの名義変更(譲渡)はあくまで契約名義を変更する手続きです。

子供や家族にUQモバイルのスマホを譲って使わせたいのであれば、わざわざ親から子や家族に譲渡して契約者を変更しなくても利用者登録をしておくだけで使えるようになります。

UQモバイルは契約名義と支払い名義を別にすることができないので名義変更(譲渡)をすれば支払いも子供や家族のクレジットカードや口座振替で支払うことになります。

逆に言えば名義変更をしないことで家族の支払いをまとめることができるので便利かもしれませんよね。

UQモバイルでは契約者と使用者が違うことでデメリットはないので子供に使わせたいとか家族に譲りたいという理由であれば名義変更をする必要はないかもしれません。

UQモバイルで利用者登録する手順

利用者登録はWEBやアプリのMyUQmobileから簡単に手続きすることができます。

ただ利用者登録できる条件は契約者の配偶者や親、子供、義理の親、義理の子供に限られるので注意しましょう。

  1. My UQmobileにアクセス
  2. 画面右上の「メニュー」をタップ
  3. 契約内容の確認・変更」をタップ
  4. 利用者情報変更」をタップ
  5. 利用者の氏名と生年月日を入力し「次へ」をタップ
  6. 内容確認して「変更する」をタップ

なおUQモバイルのくりこしプラン+5Gに加入している人は書面の郵送が必要になるのでUQお客様センターに電話で問い合わせする必要があります。

基本的に利用者登録をしておけば譲渡の名義変更をしなくても子供や家族にスマホを使わせることができるので便利ですよね。

ちなみに利用者登録情報の変更や更新も同じ手順で手続きできます。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

店舗申し込みなら支払い名義を家族にできる

UQモバイルは契約名義と支払い名義を別にすることができないので、例えば子供名義で契約して支払いは家族名義のクレジットカードや口座振替にはできません。

ただUQモバイルの店舗で申し込みする場合は契約名義と支払い名義を分けることができるので、家族で別々に支払いたい人は店舗で乗り換え(MNP)をするようにしましょう。

ちなみにUQモバイルは店舗で申し込みするとキャッシュバックや機種値引きのキャンペーンが使えない上に事務手数料(SIMパッケージ料金)もかかるので注意した方が良さそうです。

初期費用も含めて最大で25,300円も損することがあるので下記記事も参考にしてみましょう。

UQモバイルで名義変更する手順まとめ

UQモバイルでは改姓や承継の名義変更はできますが、譲渡の名義変更ができないので親から子供や家族に譲りたいときは名義変更ではなく利用者登録しておくといいでしょう。

家族で支払いを分けることはできませんが手間や初期費用をかけずに譲ることが可能です。

またどうしても名義変更して契約者を変えたい場合は楽天モバイルへ乗り換えてからUQモバイルへ出戻りすると解約金や手数料なしで契約者を変更することができます。

UQモバイルは他の格安SIMと違い名義変更が面倒なので契約する前に将来的に名義変更する可能性があるかどうかを考慮した上で契約者を決めておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました