ワイモバイルの通話料はいくら?かけ放題の詳細とおかしいときの対処方法

YMオプション

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバイルでは通話料が22円/30秒でかかりますが、通話かけ放題オプションに加入することで通話料を無料にすることができます。

ただ通話かけ放題オプションに加入していても通話料が有料になるケースもあるので、知らないうちに高額請求になってしまうというケースもあるので注意が必要です。

本記事ではワイモバイルの通話料について通話料が無料になるケースと有料になるケースについて解説してみました。

またワイモバイルの通話料を節約して安く抑える裏技もまとめているのでぜひチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ワイモバイルの通話料は22円/30秒

ワイモバイルのシンプルプランは無料通話がついていないので通話をした分だけ22円/30秒で通話料金が発生します。

ただ基本的には発信するときに通話料がかかるだけでワイモバイルにかかってきた電話を受ける(着信)なら料金はかかりません。

発信
(電話をかける)
着信
(電話を受ける)
通話料22円/30秒通話料はかからない

ちなみにワイモバイルでは携帯から携帯にかけた場合だけでなく固定電話にかけた場合も22円/30秒の通話料金がかかります。

実はワイモバイルの通話料にも消費税がかかっていて税抜きだと30秒あたり20円なので通話料は1分あたり40円の通話料がかかるということになりますね。

また楽天モバイルや格安SIMなどは通話料を無料のかけ放題にするなら通話アプリを経由して電話をかける必要があります。

ただアプリに不具合があったり着信があった時に掛け直しが必要になるなど利便性があまり良くないですよね。

ワイモバイルには通話アプリはありませんが通話オプションに加入するだけで手間なく通話かけ放題にすることができるので利便性は高いと言えるでしょう。

もちろん0120などフリーダイヤルに電話をかけるのであれば通話オプションに加入しなくても通話料は無料です。

通話オプションでかけ放題になる

ワイモバイルではオプションに加入すると毎月定額で通話かけ放題になります。

通話オプションによってかけ放題になる時間が異なるので、通話頻度に合わせてオプションに加入するかどうか検討するといいでしょう。

通話料オプション料金
オプションなし22円/30秒
だれとでも定額10分以内の通話が無料月額770円
スーパーだれとでも定額時間無制限のかけ放題月額1,870円

なおSMSの料金はワイモバイルでかけ放題オプションに加入していても3.3円〜33円で文字数に応じてかかるので注意しましょう。

だれとでも定額で10分以内の通話が無料

ワイモバイルのだれとでも定額は10分以内の通話なら何回かけても通話料が無料になるオプションです。

だれとでも定額は月額770円かかるので通話料金を計算すると毎月の合計通話時間が18分以上通話するならだれとでも定額に加入が必要ということになります。
だれとでも定額
未加入
だれとでも定額
加入
30秒の通話を1日1回
(月15分間の電話)
660円
(22円×30日)
770円
1分の通話を1日1回
(月30分間の電話)
1,320円
(44円×30日)
770円
3分の通話を1日1回
(月90分間の電話)
3,960円
(44円×3分×30日)
770円

なお、だれとでも定額で10分以上通話した場合は10分を超過した分だけ22円/30秒で通話料金がかかります。

例えばだれとでも定額に加入して11分通話したら超過した1分だけ通話料金がかかるということになりますね。

スーパーだれとでも定額(s)で通話かけ放題

ワイモバイルのスーパーだれとでも定額(s)は時間無制限の24時間通話かけ放題になるオプションです。

ワイモバイルのスマホを仕事で使う場合は非常に便利で、毎月の合計通話時間が43分以上通話するならスーパーだれとでも定額(s)に加入したほうがお得です。
スーパーだれとでも定額
未加入
スーパーだれとでも定額
加入
20分の通話を月2回
(月40分間の電話)
1,760円
(44円×20分×2回)
1,870円
30分の通話を月2回
(月60分間の電話)
2,640円
(44円×30分×2回)
1,870円
20分の通話を月10回
(月200分間の電話)
8,800円
(44円×20分×10回)
1,870円

なおスーパーだれとでも定額(s)で通話かけ放題になるのは国内通話のみで国際電話などはかけ放題対象外になるので注意しましょう。

60歳以上ならスーパーだれとでも定額が割引

ワイモバイルでは「60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン」を実施していて60歳以上ならスーパーだれとでも定額(s)が毎月1,100円割引で利用できます。

つまり60歳以上ならだれとでも定額と同じオプション料金770円で時間無制限のかけ放題になるということですね。

大手キャリアだとかけ放題オプションは料金が2,000円以上することもありますし、格安SIMではそもそもかけ放題オプションがないこともあります。

そのため高齢者がスマホに乗り換えると通話料金やオプションで料金が高くなりがちですがワイモバイルなら最小限のオプション料金でかけ放題にできるので非常に便利ですね。

なお、以前は60歳以上のお年寄りがかんたんスマホを契約するとスーパーだれとでも定額が無料でかけ放題になるというキャンペーンを実施していましたが現在は終了しているので注意が必要です。

スマホベーシックプランなど旧プランは通話料が10分以内無料

なおワイモバイルでは旧プランのスマホベーシックプランやスマホプランはオプションに加入しなくても元々10分無料のかけ放題が付いています。

現在は旧プランに加入できませんがすでに旧プランに加入している人はかけ放題にしたいならスーパーだれとでも定額に加入することができます。

スーパーだれとでも定額の料金
シンプルプラン1,870円
※60歳以上なら770円
スマホベーシックプラン1,100円
スマホプラン1,100円
ケータイベーシックプランSS1,100円
ケータイプランSS1,100円
ケータイプラン1,650円

ワイモバイルでは新プランと旧プランでスーパーだれとでも定額のオプション料金が違うので注意したほうが良さそうですね。

ちなみに旧プランのスマホベーシックプランやスマホプランは元々10分通話無料なのでだれとでも定額には加入できません。

ケータイプランはソフトバンクとワイモバイル間の通話が無料

ちなみにワイモバイルのケータイプランは1時から21時まではソフトバンクとワイモバイル間の通話が無料になります。

無料になる時間帯が1時から21時と1日の大半で通話料がかからないので便利ですよね。

ただワイモバイルでケータイプランに加入していてもドコモやau、固定電話に電話をかけると通話料が発生するので注意しましょう。

なお現在はワイモバイル同士の通話やワイモバイルからソフトバンクへの通話、家族間の通話なども通話料がかかります。

ワイモバイルの通話料がおかしいときに勘違いしやすい注意点

ワイモバイルではかけ放題にしてるのに「覚えがない通話料がかかっている」とか「通話料で高額請求されてしまう」というケースもあるので注意が必要です。

これはワイモバイルの通話かけ放題が対象外になるケースや通話料が無料になると勘違いしているケースがほとんどですね。

ワイモバイルの通話料の明細を見ておかしいと感じたら下記の内容をチェックしてみるといいでしょう。

ナビダイヤルや国際電話は通話かけ放題対象外

ワイモバイルでは宅配便の再配達などに使われるナビダイヤル(0570番号)や国際電話、国際ローミング通話などは無料通話対象外になるのでかけ放題でも通話料がかかります。

またそれ以外にもワイモバイルが指定する電話番号に電話をかけると通話料金がかかってしまうので注意しましょう。

ワイモバイルで通話料が無料とならない電話番号一覧は下記です。

03-4570-961303-6110-210203-6110-5197
03-4570-961403-6110-210303-6110-5198
03-4570-961503-6110-2104050-5864-2343
03-4579-824703-6110-2201050-5864-2344
03-4579-824903-4570-9614050-5864-2345
03-6110-200103-6110-2801050-5864-2346
03-6110-200203-6110-2802050-5864-2347
03-6110-200303-6110-2803050-5864-2355
03-6110-200403-6110-2804050-5864-2359
03-6110-210103-6110-4144

ちなみに0570番号など通話料無料の対象外になる電話番号にかけると通話料が22円/30秒かかります。

また間違えやすいですがフリーダイヤルの0120番号や0800番号はかけ放題オプションに加入していなくても通話料は無料です。

ワイモバイルではかけ放題オプションに加入していても通話料が発生するケースとかけ放題オプションに加入していなくても通話料が無料のケースがあるということですね。

ワイモバイル同士の家族間通話は無料ではない

ソフトバンクで家族割に加入している人はソフトバンクの家族間通話が無料になるので、ワイモバイルでも家族間通話が無料になると勘違いしがちなので注意しましょう。

ワイモバイルでは家族間通話は無料ではありません。またワイモバイルの家族割引サービスに加入していても家族同士の電話は通話料がかかります。

ワイモバイルでは家族同士でも通話料が有料で22円/30秒かかるので、家族間で通話無料にしたいのであればだれとでも定額やスーパーだれとでも定額に加入する必要があります。

また同様にワイモバイル同士の通話は無料にはならないので注意しましょう。

留守番電話を聞くのも通話料がかかる

ワイモバイルでは留守番電話にメッセージを残すのもメッセージを聞くのも通話料がかかります。

これはワイモバイルでかけ放題オプションに入っていても通話料がかかるので頻繁に留守番電話を使っていると高額請求に繋がりやすいので注意が必要です。

海外のワイモバイル以外への発信は通話料がかかる

ワイモバイルでは日本から海外のワイモバイルスマホに電話をかけるなら国内通話扱いなのでオプションに加入していればかけ放題になります。

ただワイモバイルのスマホで日本から海外の携帯電話や固定電話に電話をかけるとかけ放題対象外になるので注意しましょう。

通話料金
日本から海外のワイモバイルに発信国内通話の料金
日本から海外のその他電話に発信国際電話の料金

国際電話は国や地域によって通話料が違いますがアメリカなら39円/30秒、韓国や中国なら99円/30秒、イギリスなら119円/30秒かかります。

国内通話の通話料の1.5倍〜2倍ほど高いので海外に電話をかけるときは注意した方が良さそうですね。

ワイモバイルで通話料を節約して安くする方法

ワイモバイルで通話かけ放題オプションに加入しないで通話料を節約したいという人も多いですよね。

携帯電話の通話料金はちょっとした工夫で節約して安くする裏技がいくつかあるのでご紹介しようと思います。

LINE通話を使う

LINE通話は電話回線を利用しているわけではないので通話料がかかりません。

そのためワイモバイルで通話料を節約したいならちょっとした通話はLINEで電話をするのがおすすめです。

ただLINE通話は通話料が無料になる代わりにデータ消費するので注意が必要です。

データ消費量
1分の通話0.3MB
10分の通話3MB
30分の通話9MB
1時間の通話18MB

例えばワイモバイルでシンプルSに加入しているとデータは毎月5GBまで使えるので、LINE通話だけなら月間277時間の通話できるということになりますね。

LINEで電話をしてもそこまでデータ消費しないのでワイモバイルの通話料を節約したいなら積極的にLINE通話をするといいでしょう。

IP電話を使う

LINE通話はLINEの友達になっていない人に電話がかけられないので、LINEの友達以外に電話するならIP電話を使うのもいいかもしれません。

IP電話はLINE通話同様にデータ通信を利用した電話なので通話料がかからず専用の050番号が発番されるのでスマホから直接電話がかけられるので非常に便利です。

ちなみにスマホにIP電話アプリをインストールすると050番号が発行されるのでアプリ内で電話をかけるようになります。

つまりワイモバイルの電話番号とは別にIP電話用の050の電話番号がもらえるということですね。

ただIP電話は通話品質がそこまで高くないので電波の悪いところで電話をかけると音が途切れたりするケースもあるというのが欠点ですね。

通話かけ放題の人に掛け直してもらう

ワイモバイルは電話を受ける側の通話料はかからないので相手がかけ放題なら掛け直してもらうのもありですね。

LINEやSMSなどで事前に「電話が欲しい」と伝えておけばいいので特に家族間での通話は便利かもしれません。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバイルの通話料はいくら?まとめ

ワイモバイルの通話料は通話かけ放題のオプションに加入していないと通話料が22円/30秒でかかります。

ただ通話かけ放題のオプションに加入していても通話無料の対象外になるケースもあるので高額請求にならないように注意した方が良さそうですね。

また通話料金は節約を意識していないと高くなってしまうことも良くあるので日頃からLINE通話やIP電話などを活用して少しでも安く抑えるようにしておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました