楽天モバイルは自宅でWiFi代わりに使えるが注意!損しない使い方を解説

RMオプション

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルのアンリミットはデータ無制限の使い放題で月額3,278円と格安ですが、テザリング機能を使うことで自宅のパソコンやゲーム機などにもWiFi接続して使うことができます。

スマホ1台持っていればWiFiルーターやネット回線の代わりとして通信回線を一本化できるので通信費の節約には最適ですよね。

ただ楽天モバイルを自宅のWiFi代わりとして使うために条件や注意点もあるので、知らずにテザリングしてしまうと通信速度が遅いとかつながらないというケースもあります。

そこで本記事では楽天モバイルを自宅のWiFi代わりに使う方法や注意点をまとめてみました。

人によっては楽天モバイルをWiFi代わりで使うよりもRakuten CasaやWiFiの契約をした方がいいケースもあるので申し込みする前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

楽天モバイルはWiFiルーターや固定回線代わりに使える

楽天モバイルのアンリミットはテザリングが無料で使えるのでスマホ1台だけあればパソコンやゲーム機、iPadなどタブレットでもWiFi接続でデータ無制限の使い放題が利用できます。

そのため自宅のWiFiや固定回線代わりに楽天モバイルを契約する人も多く、ネット回線を一本化することで通信費の節約にもつながるので「テザリングすればWiFiいらない」という声も多いです。

WiMAXなどWiFiの使い放題プランやネット回線は月額料金が3,000円程度かかるので、例えばスマホとWiFiを併用すると通信費用だけで月額6,000円〜10,000円ほど固定費がかかりますよね。

ただ楽天モバイルでアンリミットをWiFiや固定回線の代わりにすることでスマホもWiFiもコミコミで月額3,278円と大幅に通信費用が節約できるのでお得です。

しかも楽天モバイルで販売している端末は一括1円など格安で購入できるのでポケットWiFiやWiFiルーターの代わりに端末を安く買って使うこともできるのでおすすめだと言えるでしょう。

ちなみに楽天モバイルの5G回線エリア内であれば5GにつながるWiFiルーターとして高速通信も可能です。

3ヶ月間無料で使える無制限のWiFiルーターになる

楽天モバイルでは「UN-LIMITⅥ3ヶ月無料キャンペーン」を実施していて初めて楽天モバイルを契約する人は3ヶ月間は無料でデータ無制限プランが使えます。

もちろんテザリングはオプション料金が0円ですし申し込みも不要なので、楽天モバイルのSIMカードを端末に挿すだけで3ヶ月間は無料で使えるWiFiルーターになるということですね。

楽天モバイルに他社のSIMロック解除したスマホを持ち込みすれば端末代金もかからないので、スマホとWiFiの料金を含めても0円運用が可能になるので非常にお得です。

もちろん楽天アンリミットはいつ解約しても違約金や契約解除料は0円なので、キャンペーン期間終了後に解約しても罰金などはありません。

そのため楽天モバイルをWIFiや自宅の固定回線の代わりにするのが不安な人も気軽にお試しで使うことができますよね。

楽天モバイルを自宅でWiFi代わりに使う注意点

楽天モバイルをWiFi代わりにすることで自宅の通信費を節約できるので、ファミリーだけでなく一人暮らしでもホームルーター化して使うと便利ですよね。

ただ自宅でWiFi代わりに使えないケースや注意点もあるので事前に確認しておきましょう。

パートナー回線エリアだとデータ無制限で使えない

楽天モバイルは楽天回線エリア外だとパートナー回線(au回線)に自動的に接続されます。

パートナー回線エリアでは楽天アンリミットに加入していてもデータ上限が毎月5GBまでに制限されていて超過すると翌月まで速度制限になってしまうことがあります。

楽天回線パートナー回線
データ上限無制限月5GBまで
速度制限使い放題あり
制限下の速度最大1Mbps

そのためパートナー回線エリアにつながってしまう人はテザリングが使えないわけではありませんがWiFi代わりとして使える上限は毎月5GBまででデータを無制限ではないので注意しましょう。

楽天モバイルの契約をする前にエリアマップから楽天回線エリアかどうか調べておくといいですね。

楽天回線エリアでも1日10GBまでのデータ上限がある

データ無制限は楽天基地局接続時。公平なサービス提供のため速度制御の場合あり

楽天モバイル公式サイトから引用

楽天モバイルは楽天回線エリアだとデータ無制限でWiFiや固定回線代わりに使うことが可能です。

ただ楽天回線エリアで無制限でも速度規制されるケースもあるようで、具体的には楽天回線エリアで1日10GB以上のデータを使うと翌日まで速度制限になってしまうようです。

ただ楽天回線エリアで速度制限になっても利用者の評判を確認するとyoutubeやNetflix、DAZNといった動画サービスの利用でも問題なく使えるようですね。

1日10GBなので滅多に超過することはないのですが、オンラインゲームや動画視聴でたくさん通信する人は注意したほうが良さそうです。

自宅だと圏外になりやすい

楽天モバイルの電波は屋内に弱いので自宅内でテザリングをしても電波が届かずに圏外になってしまったり、通信速度が遅くなってしまうというケースがあります。

これは楽天モバイルの通信帯域が1.7Ghzでauやドコモ、ソフトバンクのように室内でも電波が届くプラチナバンド帯ではないことが原因ですね。

屋外は楽天回線エリアなのに家の中だけ圏外でパートナー回線につながってしまうということはよくあるので注意したほうが良さそうです。

ちなみに楽天モバイルを契約する前でも楽天モバイルの電波が届くかどうか調べることができるので自宅の電波状況を確認してから申し込みするようにしましょう。

テザリングができる対応機種が必要

基本的には楽天モバイルで販売されている端末は全てテザリング対応機種になるので設定さえすれば自宅のWiFiや固定回線の代わりに使うことができます。

ただ楽天モバイルにSIMフリー端末や他社でSIMロック解除したスマホを持ち込みして使っている場合はテザリングが使えずWiFi代わりにできないこともあるので注意しましょう。

楽天モバイルではSIMフリーやSIMロック解除した端末でテザリングが使えるか動作確認をしていて確認済みの端末は公式サイトの動作確認済み端末一覧から調べることができます。

テザリング対応機種以外だと通信障害や不具合などのトラブルが起きやすく、保証対象外になってしまうので事前にテザリング対応機種かどうか確認しておくといいでしょう。

接続台数を増やすと通信速度が遅くなる

楽天モバイルでは端末ごとにWiFiテザリングで同時接続できる台数に制限がかかっていて、一般的にはiPhoneなら5台程度、androidなら10台程度です。

WiFiテザリングで同時に接続された台数が増えれば増えるほど通信速度は遅くなりがちなのでパソコンやタブレット、ゲーム機など自宅で複数の機器に接続するときは注意したほうが良さそうです。

ちなみに同時接続台数が10台を超える場合は楽天モバイルをWiFi代わりに使えないので都度、WiFi接続のON/OFFを切り替えながら使うかポケットWiFiやWiFiルーターを使うのが無難ですね。

楽天モバイルをWiFi代わりにして高速通信するなら同時接続台数を3台以内に抑えておくと快適に使うことができます。

スマホのバッテリー消耗が早い

テザリングを使うと端末のバッテリー消耗が早くなってしまうので、バッテリー容量の少ない端末をWiFiルーターの代わりに使うときは充電切れに注意しましょう。

楽天モバイルではiPhoneやandroidでもテザリング対応機種であればWiFi代わりに使えますがバッテリー容量が4,000mAh以上ある端末でテザリングを使うのがおすすめです。

ちなみにiPhoneでバッテリー容量が4,000mAh程度ある端末はiPhone11ProMax、iPhone12ProMax、iPhone13ProMaxくらいしかありません。

iPhoneよりもandroidの方がバッテリー容量が大きいので、楽天モバイルで端末購入してテザリングするなら同時接続台数やバッテリー容量をよく確認しておくといいでしょう。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルを自宅でWiFi代わりに使う方法

上述しているように、楽天モバイルは楽天回線エリアであればテザリングするだけで自宅のWiFiや固定回線の代わりに使えるので非常にお得ですよね。

ただ楽天回線エリア外でもRakuten Casaを使えばWiFi代わりに無料で使うことができるのでその方法についてもご紹介します。

テザリングでWiFi代わりに使う

自宅が楽天回線エリアで楽天モバイルの電波が届くならテザリングをしてWiFi代わりに使うのが便利ですね。

楽天モバイルはテザリングの申し込みが不要なのでスマホ本体で設定をすれば自宅のパソコンやゲーム機などにすぐ接続することが可能です。

  1. 端末に楽天モバイルのSIMカードを挿す
  2. 端末のテザリング設定をする
  3. 接続したい機器のWiFiをONにする
  4. アクセスポイントやパスワードを入力して接続する

ただ楽天モバイルのテザリングはWiFi接続だけでなくBluetoothでの無線接続、USBを使った有線接続の3つの方法があります。

どの方法を使っても自宅でWiFi代わりに使うことができますがメリット・デメリットがあるので事前に接続方法を決めておくといいでしょう。

WiFiBluetoothUSB
無線/有線無線無線有線
メリット通信速度が速い電池が減りにくい安全性が高い
デメリット電池消耗が早い通信速度が遅い同時接続できない

長時間テザリングするのであればWiFi接続だと充電したまま使用することになるのでBluetoothの方が便利かもしれません。

ただ動画やオンラインゲームなどに使うならBluetoothだと通信速度が遅いのでWiFi接続の方が快適ですよね。

楽天モバイルはWiFi、Bluetooth、USBでそれぞれテザリングの設定手順が違うのとアクセスポイントやパスワードの設定が必要なので、下記記事をチェックして設定するといいでしょう。

テザリングした時の通信速度の評判は?

楽天モバイルでテザリングを利用した人の評判をまとめてみると通信速度は30Mbps前後なので高速通信が可能との声が多くありました。

通信速度で見る限り在宅でのzoom会議などテレワークでもテザリングすれば無制限で使えますしオンラインゲームや動画視聴も快適に使えると言えるかもしれません。

ただ4Kの高画質動画の視聴をするには速度が遅いのとテザリングで同時接続台数を増やすと通信速度が落ちてしまうケースもあるので注意が必要ですね。

自宅が楽天回線エリアであればテザリングでWiFi接続しても高速通信ができて便利ですよね。

Rakuten casaを設置してWiFi代わりに使う

なお自宅がパートナー回線エリアだったり、楽天回線エリアなのに室内だけ圏外になってしまうという人はRakuten Casaをレンタルして設置するとWiFi代わりに使うことが可能です。

Rakuten Casaは楽天モバイルの小型基地局で設置するだけで室内を楽天回線エリアにすることができますし月額料金やレンタル料などもかからないので無料で使えます。

  1. 楽天モバイルの契約をする
  2. 契約後にRakuten casaのレンタル申し込みをする
  3. Rakuten Casaを設置する
  4. モバイル機器のWiFi接続をONにする

Rakuten Casaは30台まで同時接続できるのでホームルーターとして使えばテザリングなしでも複数のモバイル機器とWiFi接続できます。

ただRakuten Casaは持ち運びができないので外出先でWiFi代わりに使うことはできないので注意しましょう。

楽天モバイルでテザリングして使うのにおすすめ機種

楽天モバイルでは一括1円や実質0円の端末をポケットWiFiやWiFiルータ代わりにテザリング専用機として購入する人も多いです。

そのためWiFi代わりに格安で買えるバッテリー容量や同時接続台数に優れたおすすめの機種をいくつかご紹介します。

OPPO A73

画像出典元:楽天モバイル

スペック
価格15,001円
サイズ
(縦×幅×厚さ)
159.8×72.9×7.45(mm)
バッテリー約4,000mAh
同時接続台数10台まで
キャンペーン・初めて契約で10,000ポイント還元
・さらに楽天LINK利用で5,000ポイント付与
申し込み楽天モバイル

OPPO A73は楽天モバイルで販売しているandroidの中では最安値15,001円と低価格で買える端末で、バッテリー容量も4,000mAhなのでテザリングでWiFi代わりに使うには最適です。

初めて楽天モバイルを契約する人はキャンペーン利用で楽天ポイントが15,000円相当が還元されるので実質1円で購入することができる点で非常にお得です。

スマホのスペックとしては多少見劣りする面もありますがポケットWiFiやモバイルWiFiルーターの代わりに端末購入するならおすすめです。

AQUOS sense4 lite

画像出典元:楽天モバイル

スペック
価格25,001円
サイズ
(縦×幅×厚さ)
148×71×8.9(mm)
バッテリー約4,570mAh
同時接続台数10台まで
キャンペーン・端末とSIMのセット購入で20,000ポイント付与
・さらに楽天LINK利用で5,000ポイント付与
申し込み楽天モバイル

AQUOS sense4 liteはOPPO A73同様にキャンペーン利用で実質1円で購入できる端末です。

バッテリー容量も4,570mAhと非常に大きいのでテザリングで長時間WiFi接続しても電池切れになりにくく充電器につながなくても使えるので便利ですね。

またAQUOS sense4 liteはOPPO A73よりもCPUのスペックが高いのでWiFi代わりに使うだけでなくスマホの普段使いでも快適に利用できます。

Rakuten Hand

画像出典元:楽天モバイル

スペック
価格20,000円
サイズ
(縦×幅×厚さ)
138×63×9.5(mm)
バッテリー約2,630mAh
同時接続台数10台まで
キャンペーン・初めて契約で15,000ポイント還元
・さらに楽天LINK利用で5,000ポイント付与
申し込み楽天モバイル

Rakuten Handは楽天モバイルオリジナルのandroidでeSIM専用端末になっているので、eSIM専用端末の中では最安値で購入ができます。

初めて楽天モバイルを契約する人なら楽天ポイントで20,000ポイント還元されるので実質0円で買える機種として有名ですね。

もちろん楽天モバイルではeSIM専用端末でもWiFi代わりに使うことができますがバッテリー容量が少ないのでテザリングするならWiFi接続よりもBluetooth接続の方がおすすめです。

外出先ならWiFiスポット「楽天モバイルWiFi by エコネクト」もあり

楽天モバイルは利用する地域によってはパートナー回線につながってしまうので、外出先や移動中にWiFi代わりで使うのはデータ上限や電波の性質上様々なデメリットがあります。

そのため外出先で無制限のWiFiルーターとして使いたいのであれば「楽天モバイルWiFi by エコネクト」の利用をおすすめします。

楽天モバイルWiFi by エコネクトとは全国150,000箇所に設置している楽天モバイルのWiFiスポットが使えるようになるオプションサービスで月額398円かかります。

もちろんWiFiスポットにはデータ上限もありませんし、回線エリアを問わずデータ無制限で使えるので外出先や出張先のホテルの室内などでもWiFiルーターの代わりに使うことができますよね。

出典元:楽天モバイル

公衆WiFiはセキュリティが弱く通信速度も遅くなりがちですが、楽天モバイルのWiFiスポットは通信速度も最大300Mbpsの高速通信が可能で有料オプションゆえにセキュリティーも万全です。

屋外で無制限WiFiルーターを契約して使うなら楽天モバイルWiFi by エコネクトに加入した方が料金も安く済むのでありですね。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルはWiFiルーターも販売中

楽天モバイルのスマホはテザリングの同時接続台数が限られているので自宅で10台以上同時接続をしたい場合はWiFi代わりに使えません。

そのため楽天モバイルで販売しているWiFiルーターにSIMカードを挿せば10台以上の同時接続をしながらデータ無制限で使うことができるので検討してみるといいですね。

ただ楽天モバイルのWiFiルーターはスマホと同じ電波を使っているので楽天回線エリアでない場合は通信速度が遅いこともあるので注意しましょう。

ちなみに楽天モバイルではWiFiのレンタルはありませんので、できるだけ安く購入することをおすすめします。

Rakuten WiFi Pocket 2B

画像出典元:楽天モバイル

スペック
本体価格7,980円
サイズ
(縦×幅×厚さ)
63.8×107.3×15(mm)
重さ約106g
連続通信時間約10時間
同時接続台数16台まで
キャンペーン・アンリミットと同時契約で本体代金が1円
・さらに楽天モバイルが初めての人は5,000ポイント付与

楽天モバイルでWiFiルーターを購入するならRakuten WiFi Pocket 2B一択と言えます。

キャンペーンを利用すれば本体代金が1円で購入でき、さらに楽天ポイントが5,000円相当付与されるので実質無料以上に利益が出てしまうというお得なWiFiルーターです。

同時接続台数も16台までと多いので自宅のPCやゲーム機、タブレットやテレビなど様々な機器にWiFi接続が可能ですね。

Aterm MP02LN

画像出典元:楽天モバイル

スペック
本体価格13,800円
サイズ
(縦×幅×厚さ)
91×50×12(mm)
重さ約71g
連続通信時間約10時間
同時接続台数10台まで
キャンペーン・楽天モバイルが初めての人は5,000ポイント付与

Aterm MP02LNは楽天モバイルのWiFiルーターの中では重さがもっとも軽くサイズが小さいので持ち運びに便利な点が特徴です。

端末を2台持ちしたくないという人や外出して持ち運びすることが多い人には便利かもしれません。

Aterm MR05LN RW

画像出典元:楽天モバイル

スペック
本体価格23,800円
サイズ
(縦×幅×厚さ)
115×63×11(mm)
重さ約115g
連続通信時間約14時間
同時接続台数16台まで
キャンペーン・楽天モバイルが初めての人は5,000ポイント付与

Aterm MR05LN RWは楽天モバイルのWiFiルーターの中でも連続通信時間が14時間と長いので長時間WiFi接続したい人にはおすすめです。

またディアルSIM対応のWiFiルーターなので2枚のSIMカードを挿しておけば自由に回線を切り替えて使うことも可能です。

例えばWiFiルーターに楽天モバイルのSIMカードと他社のSIMカードを挿しておけば、楽天回線エリア外では他社のSIMカードを使うといった形で地域に応じて回線を選べるのは非常に便利です。

モバイルWiFiルーターの申し込み方法

楽天モバイルのWiFiルーターはスマホの購入と同じでオンラインショップからWEBで申し込みができます。

免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類をアップロードする必要があるのと、クレジットカードや口座振替の情報登録も必要になるので事前に準備しておくといいでしょう。

  • 本人確認書類
  • クレジットカードかキャッシュカード
  • 楽天会員IDとパスワード

ちなみにWiFiルーターはオンラインショップで申し込みすれば最短2日で自宅に届きますので下記の手順で申し込みしておくといいでしょう。

  1. 楽天モバイルにアクセス
  2. 右上のメニューから「製品→WiFiルーター/周辺機器」をタップ
  3. 購入するWiFiルーターを選択して「購入する」をタップ
  4. SIM+プランで申し込む」をタップして「この内容で購入する」をタップ
  5. 楽天会員IDとパスワードを入力してログインする
  6. 本人確認書類をアップロードして支払い情報を登録する
  7. 申し込み完了

楽天モバイルで端末購入するのと同じなのでWIFiルーターが自宅に届いたらSIMカードを挿してWEBで回線開通しておくといいでしょう。

ちなみにWiFiルーターのみ購入して他社のSIMカードを挿すこともできるので便利ですね。

楽天モバイルは自宅でWiFi代わりに使う注意点まとめ

楽天モバイルはスマホ1台あればテザリングで自宅のPCやタブレット、ゲーム機などにWiFi接続できるのでWiFiや固定回線の代わりに使う人も多いです。

ただ自宅が楽天回線エリアでないとデータ上限があったり電波が届かないために使えないということもあるので事前に楽天回線の電波が届いているかエリアマップから確認しておきましょう。

また自宅がパートナー回線エリアでもRakuten Casaを設置したりWiFiスポットを活用すればWiFi代わりにデータ無制限で使うことができるので電波状況に合わせて検討するといいですね。

タイトルとURLをコピーしました