楽天モバイルでSMSを無料で使う方法!送受信できないときの対処法も解説

RMオプション

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルでは楽天リンクのアプリを利用すれば国内のSMSだけでなく海外でもSMSを無料で使えるので非常に便利ですよね。

ただiPhoneとandroidでSMSを無料で使える条件が違うだけでなく、利用する地域によってはSMSが使えなかったり届かないというケースもあるので注意が必要です。

そこで本記事では楽天モバイルのSMSを無料で使う方法やSMSが届かないときの原因と対処方法についても解説しています。

特に楽天モバイルでiPhoneを使っている人は無料でSMSが使えないこともあるので事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

楽天モバイルはSMSが無料で使える

楽天モバイルはアンリミットの契約をすればSMS(ショートメッセージ)を有料オプションに加入しなくても使えます。

SMSは標準のショートメッセージアプリから送信すると3.3円/70文字で料金がかかりますが楽天リンクのアプリを使えば送信料が無料なので便利ですよね。

楽天リンク
アプリ
ショートメッセージ
アプリ
国内SMS送信料無料3.3円/70文字
国内SMS受信料無料無料
海外SMS送信料無料100円/70文字
海外SMS受信料無料無料

また楽天リンクアプリからSMSを使うと国内だけでなく海外での国際SMSも無料になるのでメリットは大きいです。

アメリカ本土やハワイ、グアムといった人気の観光地から韓国や中国、イタリアやイギリスなど楽天モバイルが指定する世界66の国と地域でSMSが無料で使えるので海外旅行には重宝しそうです。

ちなみにSMSは受ける分には受信料は一切かかりません。

SMSの初期設定は不要

楽天モバイルのSMSは初期設定が不要なのでSIMカードを挿し替えるだけですぐにショートメッセージが送れるようになります。

楽天リンクならアプリをインストールして楽天会員IDでログインするだけで自動的に090や080、070の電話番号とSMS機能を連携してくれるので便利です。

またSMSの拒否設定や海外SMSの利用設定も楽天リンクのアプリ内で簡単にON/OFFの切り替えができるのでSMS設定ができないと困ることもありませんね。

ちなみに楽天リンクのアプリでは電話帳に登録している連絡先と自動的に連携できるので設定や再登録は不要です。

iPhoneは楽天リンク同士の国内SMSだけ無料

楽天モバイルのiPhoneは楽天リンク同士の国内SMSのみ無料になるので注意しましょう。

というのもiPhoneはiOSの仕様変更に伴い楽天リンク以外からのSMSがショートメッセージアプリ届いてしまうというのが大きな原因です。

楽天モバイルのiPhoneは楽天リンクアプリ同士だけ無料

画像出典元:楽天モバイル

楽天リンクは楽天モバイルユーザーしか使えないのでiPhoneを使っている人は楽天モバイル以外の人とのSMSは送信料が3.3円/70文字でかかるということになりますね。

もちろん文字数に応じて送信料は高くなるので長文のSMS送信には注意した方が良さそうです。

iPhoneandroid
国内SMS
(楽天リンク同士)
無料無料
国内SMS
(楽天リンク以外)
3.3円/70文字
無料

海外では楽天リンクアプリが使えない

楽天モバイルのiPhoneは海外で楽天リンクアプリを使えないので、標準のショートメッセージアプリを使ってSMSを送ることになります。

楽天リンク以外のアプリからSMSの送信をすることになるので国際SMSの料金が100円/70文字でかかってしまうので注意しましょう。

iPhoneandroid
海外SMS
(楽天リンク同士)
100円/70文字
無料
(66の国と地域)
海外SMS
(楽天リンク以外)
100円/70文字
無料
(66の国と地域)

ちなみにandroidであれば海外でも楽天リンクのアプリが使えるので、楽天モバイルが指定する66の国と地域でSMSが無料で使えます。

楽天リンク同士でも楽天リンク以外でも無料になるので海外でSMSを使うならiPhoneよりもandroidの方が利便性は高いと言えますよね。

プライベートリレーをONにするとSMS料金がかかる

なおiPhoneではicloudのプライベートリレー機能がONになっていると楽天リンク同士なのにSMSの料金がかかることがあります。

プライベートリレー機能とはiPhoneのプライバシー保護機能のことで、safariを利用してインターネットを使うときに提供されるIPアドレスや位置情報、閲覧履歴を非公開にできます。

iOS15以降の機能になっているのでiPhone13やiOSのアップデートをした人は自動的にONになっていることもあるので、SMSを使う前にプライベートリレー機能がOFFになっているか確認しておきましょう。

プライベートリレーの設定を解除する方法

iPhoneのプレイベートリレー機能の確認や解除は下記の手順でできます。

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. 最上部の「AppleID(名前)」をタップ
  3. icloud」をタップ
  4. プライベートリレー機能(ベータ版)」をタップ
  5. 機能をOFFに変更する

好きなタイミングでON/OFFを切り替えできるので、SMS送信するときだけプライベートリレー機能をOFFにして送信すると料金を節約できますよね。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天リンクからSMSを送信する方法

楽天リンクは通常のチャットアプリ同様にアプリを立ち上げればそのままSMSの送信が可能です。

  1. 画面下部のメニューバーから「メッセージ」をタップ
  2. 画面右下の「+」アイコンをタップ
  3. 新規チャット」をタップ
  4. 宛先を選択してメッセージを入力
  5. 送信する

電話帳と自動的に連携されるので楽天リンクから電話帳に登録されている連絡先を選んでそのまま送信することができるので便利ですよね。

もちろん楽天リンク以外のメッセージアプリからSMSが送られても楽天リンクにSMSが受信されるのでそのまま返信することができます。

ちなみに楽天リンクではSMSの既読の表示や送信成功(チェックマーク)が表示されるのでSMSが相手に届いているかを確認することも可能です。

SMSが届かないときでも一目でわかるので利便性はメッセージアプリと比較しても高いと言えますよね。

楽天リンクはテキストメッセージだけでなく写真や画像などのファイル添付も送信料は無料です。

楽天モバイルでSMSが届かないときの対処方法

楽天モバイルは楽天リンクやショートメッセージアプリを使ってもSMSが届かないケースがあるので原因と対処方法については知っておいたほうが良さそうです。

特に通信エリアによってはSMS認証ができないこともあるので事前に確認しておきましょう。

パートナー回線だとSMSが届かない

楽天モバイルで楽天リンクではなく通常のショートメッセージアプリを利用していると機種によってはパートナー回線エリアでSMSが届かないケースもあります。

楽天回線エリアパートナー回線エリア
iPhone楽天リンク:OK
メッセージアプリ:OK
楽天リンク:OK
メッセージアプリ:NG
android楽天リンク:OK
メッセージアプリ:OK
楽天リンク:OK
メッセージアプリ:OK

iPhoneはパートナー回線エリアで標準のメッセージアプリが使えないので楽天リンクのアプリからSMSを送るといいですね。

パートナー回線エリアだとSMS認証ができない

楽天モバイルではパートナー回線エリアだとTwitterなどのSNSやPayPayなどで二段階認証してもSMS認証コードが受信できず認証できないことがあります。

認証コードを送信したら「設定」からモバイルネットワークの「通話モード設定」でVoLTEをONにすれば認証コードをSMSで受信できるようになることもあるので試してみましょう。

なおVoLTE設定でもSMSの受信できない場合はパートナー回線エリアから楽天回線エリアに移動してSMS認証するようにしましょう。

My楽天モバイルのアプリから現在接続している回線を確認することができます。

対応機種でないとSMSが届かない

楽天モバイルではSMSの対応機種でないとそもそもSMSが使えないので事前に動作確認済み端末一覧から調べておきましょう。

楽天モバイルのSMS対応機種

楽天モバイルで販売されている端末であれば基本的にSMS対応機種ですがSIMフリー端末や他社のSIMロック解除した端末だとSMS非対応になっていることもあります。

楽天リンクだけでなくメッセージアプリからのSMS送受信もできないので注意しましょう。

海外で楽天モバイルのSMSを使う料金

冒頭でもご紹介しているように楽天モバイルは楽天リンクを使えば国内SMSだけでなく海外66の国と地域でSMSが無料で使えます。

海外でのSMSの利用は70文字100円と非常に高いので楽天リンクアプリの利用が必須ですね。

楽天リンク
アプリ
ショートメッセージ
アプリ
日本から海外への送信海外66の国と地域で無料100円/70文字
海外から日本への送信無料100円/70文字
海外から海外への送信海外66の国と地域で無料100円/70文字

ちなみに楽天モバイルでは66の国と地域以外だと海外ローミング(データ通信)ができないのでSMSの送受信もできません。

海外でWiFi接続すればデータ通信やSMSが利用できますが、ショートメッセージアプリを使うことになるのでSMS送信料がかかります。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルでSMSを無料で使う方法まとめ

楽天モバイルは楽天リンクを使えばandroidなら国内SMSや海外SMSが無料で使うことができます。

楽天リンクは無料のアプリで電話帳との連携や既読表示など便利な機能が付いているので楽天モバイルを利用しているならインストール必須のアプリと言えるでしょう。

ただパートナー回線だとSMSが届かなかったりSMS認証ができないケースもあるのでSMSを使う地域や利用する機種に応じて使い方やSMSの送り方を変える必要があるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました