楽天モバイルを海外利用する方法!設定や高額請求を回避する注意点を解説

RMオプション

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルは海外に持っていけば海外ローミングでそのまま使うことができます。

これから海外旅行や短期で海外留学の予定がある人は余計な追加料金もかからずに無料で使うことができるので非常に便利だと言えますよね。

ただ海外で使うためには渡航前と現地についてから設定が必要で、場合によっては通話料やSMSの料金で高額請求になってしまうこともあるので注意した方がいいでしょう。

そこで本記事では楽天モバイルを海外で使うための設定方法や料金、無料対象になる国やエリアについてまとめました。

楽天モバイルは海外専用のWiFiをわざわざレンタルするよりそのまま使う方がお得になるのでぜひ詳細チェックしてみてください。

スポンサーリンク

楽天モバイルは海外専用WiFiを使うよりお得!

楽天モバイルは国内だけでなく海外でも無料でそのまま使えるというのは大きなメリットです。

auやドコモ、ソフトバンクを海外で使うとオプションや海外専用サービスの追加料金がかかるので海外専用WiFiのレンタルをした方が安上がりなケースもあります。

ただ楽天モバイルは海外でも2GBまでなら無料で追加料金がかからないのでわざわざ海外WiFiをレンタルしたり、海外SIMを購入する必要はないということです。

もちろん海外利用の申し込みも不要なので楽天モバイルの端末をそのまま持っていくだけで使えるので便利ですよね。

海外でも通話料が無料のかけ放題

楽天モバイルは海外でも国内同様のサービスが使えるので楽天リンクのアプリから電話をかければ海外でも通話料が無料になります。

また通話だけでなくSMSも楽天リンク同士なら無料で送受信できるので、現地で家族や友人・恋人と連絡を取り合う人には嬉しいですよね。

通常、海外WiFiが使えるのはあくまでネット接続だけなので海外から電話をかける場合は別料金として高額請求されるケースもあります。

その点、楽天モバイルだとネットだけでなく通話料やSMS送信料も気にせず使えるのでメリットが大きいと言えるでしょう。

もちろん楽天モバイルは海外でも海外ローミングすればLINEでメッセージ送信もできるのでほとんど国内と同じ使い勝手で利用することが可能だと言えるでしょう。

データ容量は2GBまで使える

楽天モバイルのアンリミットは海外だと海外ローミング接続で月2GBまで使うことができます。

海外ローミングとは楽天モバイルと提携している海外の通信事業者回線に接続できるサービスで楽天の回線網ではなく海外の通信回線網が使えるようになります。

国内
(楽天回線)
国内
(パートナー回線)
海外
プランアンリミットアンリミットアンリミット
データ上限使い放題月5GBまで月2GBまで
データ超過時の
通信速度
無制限1Mbps128Kbps

海外でyoutubeなど動画をみなければ地図でお店やホテル・観光地を検索するくらいなら2GBあれば十分足りますよね。

ちなみに国内でもパートナー回線エリアは楽天モバイルではなく提携しているau回線網に接続されるので「auローミング」と言われます。

国内で楽天回線やパートナー回線に接続している人も海外だと海外ローミングで接続されるので通信エリアを気にせずに使えるのは便利ですね。

データの追加購入もできる

楽天モバイルは上述しているように海外なら月2GBまで使えます。

短期の海外旅行などには便利ですが、海外赴任や海外留学など長期滞在にはデータ容量が少し物足りないかもしれません。

ただ楽天モバイルでは現地でデータが不足してもMy楽天モバイルから1GB500円の追加データを購入してチャージすることができるので便利です。

auやドコモ、ソフトバンクだと追加データが1GB1,100円なので、そう考えると割安ですよね。

楽天モバイルの追加データは有効期限が購入日から31日間になるのでデータをまとめて購入するのではなく、2GBを超えたら都度購入するのがおすすめです。

ちなみに海外で追加データ購入してチャージすると国際取引になるので消費税対象外で非課税の扱いになります。

そのため渡航前に国内でデータチャージするよりも現地到着後に海外でデータチャージした方が少しだけお得になります。

楽天モバイルを海外利用できる国と地域

楽天モバイルは海外66の国と地域で海外ローミングが利用できます。

アメリカ本土やハワイ、中国や韓国、タイといった海外旅行に人気の国でも国内同様に通話料やSMS送信料が無料で使えます。

あ行→アイスランドアイルランドアメリカ(本土)
アラスカアンドライギリスイタリア
インドインドネシアエストニアオーストラリア
オーストリアオランダか行→カナダ
韓国カンボジアキプロスギリシャ
グアドループ島グアムクロアチアさ行→
サイパンサンマリノジブラルタルシンガポール
スイススウェーデンスペインスロバキア
スロベニアた行→タイ台湾
チェコ中国デンマークドイツ
トルコな行→ニュージーランドノルウェー
は行→バチカンハワイハンガリー
フィリピンプエルトリコフィンランド仏領ギアナ
仏領サンマルタンブラジルフランスブルガリア
米領バージン諸島ベトナムペルーベルギー
ポーランドポルトガル香港ま行→
マカオマルタマルティニクマレーシア
ミャンマーメキシコら行→ラトビア
リトアニアリヒテンシュタインルーマニアルクセンブルク
ロシア

現状では外国でもアジアやヨーロッパ、アメリカが中心でアフリカや中東といった地域では使えないので注意した方が良さそうですね。

ただ楽天モバイルは海外ローミングの対応地域を積極的に増やしているので、現状使えない地域でも今後増えていく可能性もありますね。

海外で電話をかけるときの通話料

楽天モバイルは海外66の国と地域で楽天リンク同士なら通話料が無料になります。

ただ通常の電話アプリから通話したり、電話をかける相手が楽天リンク以外だと海外から海外への発信は通話料がかかるので注意が必要です。

楽天リンク同士通話相手が
楽天リンク以外
日本に発信無料無料
海外に発信無料有料
海外で受ける無料無料

ただ楽天モバイルでは海外から海外への国際通話や国際SMSは毎月の利用上限が20,000円までになっているので、高額請求にはなりにくいのが便利です。

とはいえ相手が楽天リンクを使っていないなら電話をかけるよりLINEでメッセージ送信するなど、なるべく通話をしないようにするといいかもしれませんね。

ちなみに海外で楽天リンク以外の相手と通話するなら「国際通話かけ放題オプション」に加入することでかけ放題にできます。

楽天リンクは楽天モバイルユーザー以外は使えないので海外でauやドコモ、ソフトバンクユーザーに電話をかけるならオプション加入しておくのがおすすめです。

国際通話かけ放題オプション

国際通話かけ放題は海外で楽天リンク以外の相手との電話がかけ放題になるオプションです。

オプション料金として月額980円かかりますが、海外から海外へ電話をかける人は加入しておいて損はないですね。

楽天モバイルの国際通話かけ放題オプション

画像引用元:楽天モバイル

国際通話かけ放題オプションは契約途中でもMy楽天モバイルから申し込みが可能で、即日で使えるようになるので渡航前に加入しておくといいでしょう。

海外でSMSを使うときの料金

楽天モバイルはSMSの送信先が楽天リンクを使っていないとiPhoneは送信料金がかかるケースがあるので注意が必要です。

楽天リンク同士送信先が
楽天リンク以外
iPhoneで日本に送信無料有料
iPhoneで海外に送信無料有料
androidで日本に送信無料無料
androidで海外に送信無料有料

iPhoneはそもそも送信先の相手が楽天リンクを使っていないと海外から楽天リンク経由でSMSを送ることができません。

そのためiPhoneを使っている人は通常のメッセージアプリからSMS送信することになるので送信料が70文字あたり100円かかるというわけですね。

ちなみにSMSは基本的に送信する側が料金を支払うことになるので、受信料は国内でも海外でも無料です。

楽天モバイルを海外で使うための設定方法

楽天モバイルを海外で使う場合はAPN設定やSMSのメール設定は不要です。

ただ「出発前」「現地到着後」「帰国後」にそれぞれローミングの設定をする必要があるので設定手順を解説します。

といっても1,2分で設定できるので確認しておくといいでしょう。

設定1:出発前に海外ローミングをオンにする

まずは出発前に空港などで海外ローミングをONにしておきましょう。

My楽天モバイルから設定ができますが、WEB版でもアプリ版でも同じ手順で設定ができます。

  1. My 楽天モバイルへアクセス
  2. 右上の「」をタップして「契約プラン」を選択
  3. プラン内容の「海外ローミング(データ通信)」をオンにする

楽天モバイルで海外ローミングをオンにする

ちなみに海外ローミングをオンにしても国内にいる限り楽天回線やパートナー回線に接続されるので設定したからといって国内で使えなくなるということはありません。

設定2:現地到着後にデータローミングをオンにする

現地に到着したらスマホのデータローミングをオンにすれば自動的に海外の回線に接続できます。

iPhoneとandroidでデータローミングをオンにする設定手順が違うので注意しましょう。

■iPhoneの場合

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. モバイル通信」をタップ
  3. データローミング」をオンに変更する

■androidの場合

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. ネットワークとインターネット」をタップ
  3. モバイルネットワーク」をタップ
  4. ローミング」をオンにして「許可」をタップ

楽天モバイルを海外利用する設定

設定3:帰国後に海外ローミングをオフにする

ちなみに帰国したら海外ローミングとデータローミングをオフすれば国内の楽天回線やパートナー回線につながるようになります。

データローミングをオンにしたままだとメールが届かないとかネットにつながらないといったトラブルにもつながるので忘れずに戻しておくようにしましょう。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルを海外利用する注意点

楽天モバイルは海外でも国内と変わらず通話もSMSも無料で使えるので海外WiFiや海外SIMをレンタルするよりもメリットが大きいですね。

ただ反面、海外利用にはいくつか注意点もあるので事前に確認しておきましょう。

対象の国と地域以外は使えない

楽天モバイルは海外66の国と地域以外ではデータローミングが使えないので、ドバイなど中東やアフリカへの海外旅行には使えません。

対象の国と地域はまだまだ少ない傾向にありますが、海外ローミング対応エリアを順次拡大しているので楽天モバイルから確認しておくようにしましょう。

iPhoneは海外だと標準アプリに着信がくる

楽天モバイルでiPhoneを使っている人は海外で電話を受ける場合は無料ですが標準の通話アプリに着信がくるので注意しましょう。

そのまま電話を取ってしまうと楽天リンク以外の通話になってしまい国際電話の通話料がかかるので覚えのない高額請求につながるケースもあります。

そのためもし海外で標準の通話アプリに着信がきたら楽天リンクから掛け直すように気をつけておくといいでしょう。

海外で2GB以上使うと速度制限にかかる

楽天モバイルは国内だとデータ超過してもパートナー回線なら通信速度は1Mbpsなので、youtubeの標準動画程度なら問題なく使えます。

ただ海外だと2GB以上使うと速度制限で128Kbpsになってしまうのでネット検索やSMSなどは遅くてほぼ使えないと考えておいたほうがいいでしょう。

ただ海外でもデータを追加購入してチャージすれば速度制限を解除することができます。

楽天モバイルを海外利用する方法まとめ

楽天モバイルは海外でも追加料金なしで国内同様に通話もSMSも無料で使えます。

オプション加入や海外サービスの申し込みが不要なので、そのまま海外に持って行くだけで使えるので便利ですよね。

ただ楽天リンクを使って通話やSMS送信する必要があるので、まだ楽天リンクを使っていないという人は出発前にインストールしておくといいでしょう。

楽天リンクの使い方は下記記事でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました