楽天モバイルの評判は悪い?全国の利用者が語る評価・口コミまとめ

RM契約

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルは月額3,278円と非常に安く、しかも1GBまでなら基本料金が無料になるのでスマホを安く使いたいという人には魅力的ですよね。

ただTwitterやニュースサイトなどでも通信障害や電波が悪いなど評判が悪いという話もよく聞くので実際どうなのか気になっている人も多いかもしれません。

そこで本記事では全国で楽天モバイルを利用している人たちの口コミや評判をまとめながら電波状況や使い勝手、本当に契約しても大丈夫なのか?について解説していきます。

楽天モバイルを契約するか迷っている人の参考の一つとしてチェックしていただければと思います。

スポンサーリンク

楽天モバイルの利用者が語る評判や口コミ

楽天モバイルの契約者数は今や500万回線を突破していて様々な評判や口コミが見受けられます。

特に回線エリアやつながりやすさ、サポート体制といったサービス品質の良し悪しは実際に使って見ないとわからないことも多いですよね。

ネットやWEBサイトで言われているようなメリット・デメリットとは少し違うリアルな口コミになっているのでぜひ参考にしてみてください。

通信速度や電波状況に関するエリア別の評判

楽天モバイルは回線エリアによってつながりやすい地域とつながりにくい地域がありますが、一概に田舎だからつながらないとか、都会だからつながりやすいというわけではなさそうです。

ただ都道府県によって電波状況に違いがあるようなのでエリアごとに評判や口コミをまとめてみました。

東京都

東京23区内でも江戸川区、江東区、葛飾区、墨田区辺りの電波状況は良さそうですね。

楽天モバイルは2021年3月までに東京都の離島や一部地域を除いてパートナー回線(au回線)エリアから楽天回線エリアへの切り替えを進めています。

つまり都内なら基本的にはパートナー回線ではなくほとんどの地域が楽天回線につながるようになるので今まで以上に高速通信が可能になりますね。

東京都だと楽天モバイルの5G回線エリアにもなっているので5Gの電波をつかめば高速通信も可能です。

一般的に通信速度の目安は20Mbpsあればyoutubeなどで4K動画でもストレスなく視聴できると言われているのでそう考えると通信速度も問題なさそうですね。

楽天モバイルは総務省から割り当てられている通信帯域が1.7Ghzでいわゆるプラチナバンドではないので楽天回線エリアでも屋内や地下だと電波が弱い特徴があります。

そのため都内でもビル内や地下鉄の構内ではつながりにくいケースもあるので注意した方が良さそうですね。

神奈川県

神奈川県は2022年3月末までにパートナー回線のデータローミング終了になるので、横浜市など含め全て楽天回線につながる予定です。

楽天モバイルの基地局も増えているので東京都内と同様に神奈川県はつながりやすいエリアですね。

楽天モバイルはMVNOではなく自社回線と基地局を持っているMNOなので時間帯によってつながりにくいということはないですね。

そのためデータ通信の速度が遅いのは時間帯ではなく利用する場所が原因かもしれません。

建物内の電波が悪いときはRakuten casaという自宅に設置できる小型の基地局を設置するのがおすすめです。

Rakuten casaは設置するだけで電波の届きにくい屋内を楽天回線エリアにできるので在宅でリモートワークをするときなどは非常に便利です。

ちなみにRakuten casaは申し込みをすれば実質無料でレンタルできるのでパートナー回線にしかつながらない人や屋内で圏外になってしまうという人にはオススメです。

埼玉県

埼玉県はさいたま市や熊谷市、川越市など主要な市区町村では2022年3月までに全域が楽天回線エリアに切り替わる予定になっています。

ただ現状でも埼玉県は電波がつながりやすく通信速度も速いという評判や口コミが多いので楽天モバイルを契約しても失敗するということはなさそうですね。

また東京都内に近いさいたま市や和光市、川口市や所沢市だけでなく埼玉県の中部や北部エリアでも楽天モバイルの電波が届いているという口コミも多くあります。

愛知県

愛知県でも名古屋市内であれば都内と変わらず楽天回線エリアなので電波も強く高速通信ができそうですね。

auユーザーの人は楽天モバイルとPovoでどっちがいいか迷っている人も多いかもしれませんが、電波状況で比較すると名古屋ならPovoより楽天モバイルの方が電波がいいみたいですね。

楽天モバイルもPovoも料金は格安ですが電波状況はエリアによって大きく違うので2台持ちしている人も少なくないですね。

ただ名古屋市内以外だとエリアによってはつながらないとか電波が不安定なこともあるようです。

大阪府

楽天モバイルは楽天回線とパートナー回線を手動で切り替えることができないのがデメリットかもしれませんね。

大阪でも梅田などの繁華街では地下ショッピングモールと地上を行き来していると楽天回線エリアなのにパートナー回線につながるというケースも珍しくありません。

また一部の地域では若干電波が弱くなるエリアもあるようなので、エリアマップは確認しておくといいかもしれません。

大阪府だとほとんどの地域が楽天回線エリアになっているので問題なく使えると言えますが、5G回線エリアは狭いのでまだ大阪全域をカバーしきれていない印象ですね。

福岡県

福岡県は都内や大阪と同様にビルや建物の多い市街地だと楽天回線の電波を掴まないのでパートナー回線に接続されるケースも多いようです。

ただ反面、市街地を離れると楽天回線につながるという評判も多いので地域によって差がありますね。

楽天モバイルは都市部だとつながるというイメージもあるかもしれませんが、逆に郊外や田舎の方がビルや建物が少ないので楽天回線につながりやすいというケースもあるということですね。

楽天アンリミットに関する評判

楽天アンリミットはデータ使い放題が月額3,278円で1GBまでなら無料と激安なので利用者の評判も良く悪い口コミは見受けられませんでしたね。

楽天回線エリアであればデータは無制限で使えるのでテザリングを利用してWiFiや自宅の固定回線の代わりに楽天アンリミットを使う人も多いようです。

ちなみに楽天アンリミットはテレワークなどでzoomやGoogle meetsでのミーティングも問題なく使えるので便利ですね。

また楽天モバイルは契約後3ヶ月間は無料期間なのでどれだけデータ消費してもアンリミットの料金は無料になります。

4ヶ月目以降は料金がかかりますが、街中や職場のWiFiを併用しながら1GB以内に抑えて0円運用する人もいますね。

iPhoneや端末に関する評判

楽天モバイルはauやドコモ、ソフトバンクと同じ最新のiPhoneを販売していて値段も主要キャリアの中では最安値なので端末購入は非常に良いと評判ですね。

しかも販売している端末はSIMロックがかかっていないSIMフリー端末なのでSIMカードを差し替えるだけで他のキャリアでも持ち込みして使えるようになっています。

ちなみに楽天モバイルのiPhone13は3キャリアだけでなくアップルストアを含めても最安値で買えるのでiPhone13の購入はオススメですね。

iPhone8などの旧iPhoneもSIMロック解除さえすればSIMカードを挿し替えるだけで使えるようになっているので便利ですね。

ただ中には楽天モバイルに対応していない端末もあるので、事前に手持ちの機種が使えるかどうか動作確認済み端末一覧から調べておくといいでしょう。

ちなみに楽天モバイルはnanoSIMやmicroSIMといった物理SIMだけでなく、端末内蔵型のeSIMにも対応しています。

eSIMはSIMの挿し替えが不要になるだけでなくWEBで申し込みするだけで最短5分で使えるようになるなどMNPして乗り換えるなら非常に便利なSIM規格ですね。

ただeSIM対応機種でないと使えないので失敗しないように事前に対応機種を調べておく必要がありますね。

通話品質や楽天リンクに関する評判

楽天モバイルの通話品質は現状だと悪い評判の方が多いですが、通話品質が改善しているという口コミが多く見受けられます。

楽天リンクのアプリ経由で電話をかければ通話料やSMSが無料になりますが、通信エリアによって通話品質に差があるようですね。

ちなみに楽天リンク経由でも0570番号のナビダイヤルや特定の電話番号への発信は通話料がかかってしまうので注意した方が良さそうですね。

店舗やサポートに関する評判

楽天モバイルの悪い評判はサポートに関することほとんどで、カスタマーサポートには電話がつながらないしチャットで問い合わせても返信が遅いという口コミが多いですね。

カスタマーサポートの受付時間は9時から18時までですが、昼以降は電話してもオペレーターにつながらないので時間帯をずらして朝9時に問い合わせするのが良さそうです。

ただチャットサポートについては返信がないというケースもありチャットで問い合わせして1ヶ月後に回答が来たということもあるようです。

そのためなるべくチャットサポートではなく電話で問い合わせるなど工夫する必要がありそうですね。

ちなみに店舗でのサポートも受け付けていますが来店予約をしていても待ち時間が相当長いようですね。

契約変更や手続きは全てオンラインでネットからできるようになっているので、なるべく自分で問題を解決できるようにしておいた方がいいかもしれません。

キャンペーンに関する評判

楽天モバイルではiPhone購入やandroid購入、SIMのみ契約とそれぞれで楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施していて評判は良さそうです。

キャンペーン特典でもらった楽天ポイントは有効期限が6ヶ月間になりますが楽天市場や楽天トラベルなど様々な楽天サービスで使うことも出来るのでお得ですね。

ただ楽天モバイルのキャンペーンは1回線目だけに適用されるので2回線目ではキャンペーン利用ができないということもあるので注意しましょう。

楽天モバイルの口コミからわかるメリットとデメリット

楽天モバイルの評判や口コミをまとめてみると一般的に言われているようなメリット・デメリットとは少し違うかもしれません。

もちろん実際に利用している地域や回線エリア、端末によって評判の良し悪しは分かれるところですが、口コミからわかる楽天モバイルの利点や欠点をまとめてみましょう。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルはアンリミットの料金や端末の値段に関する評判は非常によかったですよね。

  • アンリミットの料金が安い
  • キャンペーンでポイントが貯まりやすい
  • 楽天回線なら高速通信が可能
  • 端末は最安値で買える

金銭的な面だけで見れば楽天モバイルのコスパは非常に高いのでとにかく料金を安くしたいという人にはいいかもしれません。

メリット1:楽天アンリミットの料金が安い

楽天アンリミットは大手3キャリアと比較すると月額4,000円ほど安いので1年間で48,000円も通信費用や固定費を削減することができます。

また通話料やSMSも無料なので使い方次第では0円運用も可能な点で利用者の評価が高いですよね。

月額料金
ドコモ7,315円
au7,238円
ソフトバンク7,238円
楽天モバイル0〜1GB:無料
1〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円

大手3キャリアではデータ使い放題で月額7,000ほどかかりますが、楽天モバイルはデータ無制限でも料金は3,278円なので非常に安いですよね。

また口コミにもあったように職場や学校のWiFiを併用して1GBまで抑えれば3ヶ月の無料期間が終わった後も無料で使うことができるのでうまくWiFiなどを活用するのもありかもしれません。

メリット2:キャンペーンで楽天ポイントが貯まる

楽天モバイルでは楽天ポイントが特典としてもらえるキャンペーンを様々実施していますので口コミにもあったように楽天市場などで買い物をよくする人には便利ですよね。

また楽天ポイントだけでなく機種値引きや料金無料なども実施しているのでどんな契約方法でもお得にMNP転出して乗り換えることが可能ですね。

  • アンリミットの料金が3ヶ月間無料
  • iPhoneの機種代金値引き22,000円
  • 対象のandroidスマホを購入で20,000ポイント付与
  • 楽天モバイルでSIMのみ契約すると20,000ポイント付与

もちろんキャンペーンは実施期間が決まっていることもあるので、楽天モバイルの契約する前にキャンペーン条件や特典などはしっかりチェックしておくようにしましょう。

メリット3:楽天回線なら高速通信が可能

楽天モバイルは楽天回線であれば通信速度も速いですし、5G回線の電波を掴めば200Mbpsと高速通信も可能です。

一般的にはメールやWEBサイトの閲覧、動画視聴をする上で通信速度の目安は下記になっているので高画質の4K動画でもストレスなく使うことができますね。

通信速度の目安
メールやLINE128Kbps〜1Mbps
WEBサイトの閲覧1Mbps〜10Mbps
4K動画の視聴20Mbps

ただもちろん評判にもありましたが地域や回線エリアによっても通信速度は変わるので楽天回線エリアで電波が届いていることが条件にはなりますよね。

そのため楽天モバイルでは自身の地域が楽天回線エリアになっているかどうかが契約するかどうかを決める上では最重要です。

メリット4:iPhoneは最安値で購入できる

楽天モバイルはiPhoneやandroidなどの端末が大手キャリアと比較しても3万円ほど安く買うことができるので端末セットで購入するのがおすすめです。

例えば最新のiPhone13も販売しているキャリアの中では最安値というのはメリットですね。

iPhone13
(128GB)
iPhone13
(256GB)
iPhone13
(512GB)
ドコモ111,672円125,136円164,736円
au115,020円128,970円156,995円
ソフトバンク115,920円129,600円157,680円
楽天モバイル98,800円110,800円134,800円

もちろん上記でもご紹介しているiPhoneのキャンペーンがさらに使えるのでiPhoneやandroidなどを購入するなら楽天モバイルで買うのが一番安いと評判です。

中には楽天モバイルで回線契約なしで端末だけ購入する人もいるのでSIMフリー端末を安く買いたいという人はお得ですね。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルはアンリミットの料金や端末代金など金銭的な面では良い評判も多いですが電波が不安定だったりサポートなどサービス面では悪い評判が集中していましたね。

おすすめしない理由としても多く取り上げられているデメリットなのでチェックしておくようにしましょう。

デメリット1:電波が不安定なエリアもある

口コミでもわかるように楽天モバイルは利用する地域やエリアによって評価は変わってきますよね。

これは自社回線の基地局が少なくパートナー回線に接続されてしまうことが原因なので将来的には改善するデメリットではあります。

ただいざ契約をしてみたけどパートナー回線に接続されて使えない・・・と後悔しないようにご自身の地域が楽天回線エリアかどうか公式サイトのエリアマップで確認しておくといいでしょう。

ちなみに回線エリアの調べ方はエリアマップ以外にもあるので下記記事も参考にしてみましょう。

デメリット2:屋内や地下だと圏外になりやすい

また楽天モバイルの通信回線は帯域がプラチナバンドではないので屋内や地下だと圏外になりやすいという評判や口コミも多く見られましたよね。

例えばPayPayや楽天Payなどの電子決済も電波が届かなければ使えないので地下の飲食街での支払いなども回線エリアによっては使いにくいこともあります。

もちろん地下でも楽天回線につながる地域はあるので事前によく行く場所の電波状況などは確認しておいたほうが良さそうですね。

楽天モバイルでは電波が悪い時の改善方法などもあるので参考にチェックしてみるといいでしょう。

デメリット3:電話やチャットでのサポートが悪い

楽天モバイルではサポート面に関しての評判が悪いことが多かったですよね。

問い合わせ内容によってサポート窓口を分けていますし電話やチャット、メールや店舗など受付窓口を増やしているとは言え問い合わせてもつながらないというのは困りものです。

ただ問い合わせる時間帯や時期によってはすぐに対応してくれることもあるので問い合わせるタイミングは見計らったほうがいいでしょう。

また何よりトラブルや不具合があったときになるべく自分で調べて解決できるようにしておくといいかもしれません。

楽天モバイルは契約するべきか評価してみる

結論から言えば楽天モバイルは契約するのがおすすめだと言えるでしょう。

もちろん全国の楽天モバイルユーザーからの評判や口コミをみると良い評判もあれば悪い評判もありますが悪い評判は知っていれば対応策が取れますよね。

例えば電波の届かないエリアならWiFiやRakuten casaと併用すれば使えますし、サポートが悪いのであれば自己解決できるようにネットで調べるなどできるかもしれません。

そう言った悪い評判を差し引いてもデータ無制限で月額3,278円は魅力的ですし1GBまで無料というのは他のキャリアと比較にならないくらいの激安プランになっています。

もちろん事前に楽天回線エリアで使えるかどうか調べた上で、どうしてもメイン回線の乗り換えは不安ということであれば新規契約で3ヶ月間無料で使ってみるといいかもしれません。

楽天モバイルは解約金もかかりませんし、仮に3ヶ月間の無料期間終了後に解約しても罰金やペナルティは一切ないのでまずは試しに0円で使ってみて継続するかどうか決めるのもありですね。

楽天モバイルの評判まとめ

楽天モバイルは料金や端末代金も安く、キャンペーンも手厚いので金銭的な評判は非常に良いですが電波が不安定だったりサポートが悪いこともあるのがデメリットですね。

ただ悪い評判を知っていれば対策することもできますし、3ヶ月間は無料期間なのでどうしてもメイン回線で乗り換えるのが不安ということであれば新規契約で試しに使ってみるといいでしょう。

全国の楽天モバイルユーザーの評判や口コミをみても地域によって評価は様々なので実際に使ってサービスの良し悪しをまずは知っておくといいかもしれません。

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

タイトルとURLをコピーしました