ワイモバイルでMNP予約番号を発行する手順!再発行の方法や有効期限切れ、キャンセルについても解説

YM契約

楽天モバイルならWEB契約がおすすめ!
基本料金が3ヶ月間無料!

楽天モバイルはこちら

ワイモバイルから他のキャリアへ乗り換えるならワイモバイルでMNP予約番号を取得しましょう。

発行手数料は無料なので何回でも取得できますが、有効期限や受付時間など細かくルールが決められているので間違えると手間がかかることもあります。

そこで本記事ではワイモバイルでMNP予約番号をスムーズに取得できるように発行手続きの手順や有効期限などについて解説しています。

また特にMNP予約番号の再発行やキャンセルなどは迷いやすいので手続きをする前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ワイモバイルでMNP予約番号を取得する方法

ワイモバイルでMNP予約番号を取得する方法は全部で3つあります。

電話やWEB、店舗などどの方法でもMNP予約番号の発行手続きをすれば当日に即発行してくれるので便利ですね。

電話で取得WEBで取得店舗で取得
発行時間20分程度5分程度1時間程度
受付時間9時〜20時24時間営業時間内
発行手数料無料無料3,300円

一般的にはワイモバイルでMNP予約番号の取得をするなら手続き時間も5分程度で済むWEBで取得するのがおすすめです。

ただオペレーターやスタッフにMNP転出や解約について相談したいのであれば電話や店舗で発行手続きをするのもありですね。

ワイモバイルカスタマーセンターに電話して取得する

ワイモバイルでMNP予約番号を電話で取得するのであればワイモバイルカスタマーセンターに問い合わせて発行手続きをします。

ワイモバイルカスタマーセンターにはオペレーター対応の窓口「151」と音声ガイダンスの窓口「116」がありますが、どちらでもMNP予約番号の発行手続きができます。

オペレーター対応自動音声ガイダンス
電話番号ワイモバイルの電話:151
それ以外:0570-039-151
ワイモバイルの電話116
それ以外:0120-921-156
受付時間9時〜20時24時間
通話料有料無料

なお音声ガイダンスの「116」は音声ガイダンスで手続きを進めても結局オペレーターと会話することになるので受付時間は24時間ですが発行時間は9時〜20時までになります。

窓口が違うだけで手順はどちらも同じなので下記の流れでMNP予約番号の取得をしましょう。

  1. ワイモバイルカスタマーサポートに電話をする
  2. 音声ガイダンスに沿って短縮ボタンをプッシュ
  3. オペレーターにつながるので「MNP予約番号を取得したい」と伝える
  4. 解約に関する注意点やアンケートに回答する
  5. メール(SMS)でMNP予約番号が発行される

なお電話だとオペレーターからMNP転出する理由や乗り換え予定のキャリアなど聞かれて、解約防止のため様々な引き止め営業をされるのがデメリットです。

実際にソフトバンクやLINMOなどに乗り換えれば解約金がかからないのでというような引き止めをオペレーターから長々と説明されて発行時間が長くなることありましたので注意が必要ですね。

ちなみに仕事の都合でMNP転出すると伝えるとしつこい勧誘や引き止めを受けずに済むのでおすすめです。

My Y!mobileからオンラインで取得する

ワイモバイルでMNP予約番号を発行するのはMy Y!mobileからオンラインで取得するのが一般的です。

というのもWEBで取得するのであれば24時間いつでも受付可能で即日発行できるので、電話や店舗のようにしつこい勧誘などもなくスムーズに発行手続きができるからですね。

  1. My Y!mobileにアクセスする
  2. 最上部のメニューから「契約確認変更」をタップ
  3. 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」をタップ
  4. 4桁のネットワーク暗証番号を入力する
  5. 注意事項を確認して「同意する」をタップ
  6. アンケートに回答する
  7. MNP予約番号が画面に表示される

なお2019年6月からはワイモバイルユーザーなら誰でもWEBからMNP予約番号の発行手続きができるようになりました。

これまではWEBでMNP予約番号を発行できたのは旧e-mobile回線の利用者だけだったので便利になっていますよね。

ただMy Y!mobileのアプリからはMNP予約番号の取得はできないので注意しましょう。

4桁のネットワーク暗証番号を忘れた場合はワイモバイルショップで再発行が必要です。

ワイモバイルショップの店頭窓口で取得する

ワイモバイルでは全国のショップで契約変更や各種手続きができるので、もちろんMNP予約番号の発行手続きもできるようになっています。

ただ家電量販店やワイモバイル取扱店舗ではMNP予約番号の発行手続きができないので、公式サイトのワイモバイルショップ一覧から検索して来店予約をした上で店頭で取得するようにしましょう。

  1. ワイモバイルショップに行く
  2. スタッフに「MNP予約番号を発行したい」と伝える
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 電話でカスタマーセンターに問い合わせる
  5. メール(SMS)にMNP予約番号が発行される

上記の手順を見るとわかるようにワイモバイルショップに行っても結局はワイモバイルカスタマーセンターに問い合わせて電話でMNP予約番号を取得することになります。

あくまで店舗スタッフはMNP予約番号を電話で取得するためのサポートしてくれるだけなので、待ち時間を考えるとあまりおすすめできませんね。

ワイモバイルでMNP予約番号を取得する注意点

ワイモバイルのMNP予約番号は勘違いしやすい点がいくつかあるので知らないと手続きに時間がかかったり、余計な費用がかかる場合もあります。

そのためMNP予約番号を取得する前に注意点については把握しておくといいでしょう。

MNP予約番号には有効期限がある

ワイモバイルのMNP予約番号は有効期限が取得日を含めた15日間になっています。

そのためMNP予約番号を取得してから15日以内にMNP転出先のキャリアで乗り換え手続きを完了(回線切り替え完了)させる必要があるので注意しましょう。

特にWEBで契約する場合は申し込みから契約完了までに1週間ほど時間がかかることもあるので乗り換え手続きの途中で有効期限が切れるとMNP予約番号の再取得が必要になります。

また乗り換え先のキャリアによってはMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと申し込みができないこともあるので余裕を持って取得しておくといいですね。

ちなみに有効期限はSMSに届いた発行完了メールに記載されているのでメールを紛失したりしないようにしておきましょう。

MNP予約番号の発行手数料は無料

ワイモバイルのMNP予約番号は電話やオンライン取得するなら発行手数料や事務手数料は無料です。

以前はワイモバイルだけでなくauやドコモ、ソフトバンクでもMNP予約番号の発行手数料が3,300円かかっていたので、そう考えると気軽に乗り換えることができるようになっていますね。

ただMNP予約番号をワイモバイルショップで取得するときだけ事務手数料が3,300円かかるので注意しましょう。

MNP予約番号を取得するタイミングは?

MNP予約番号を取得して更新月以外でMNP転出するとワイモバイルの解約金がかかるケースもあるので、乗り換えるタイミングは注意したほうが良さそうです。

具体的にはワイモバイルでスマホプランS/M/Lに加入している人は契約期間が2年間のいわゆる2年縛りプランなので更新月が乗り換えるタイミングになります。

契約期間更新月解約金
シンプルS/M/Lなしなしなし
スマホベーシックプランなしなしなし
スマホプラン2年間24〜26ヶ月目10,450円

更新月は最後にワイモバイルで機種変更や乗り換えをした月の24ヶ月目〜26ヶ月目なので更新月のタイミングでMNP予約番号を取得して乗り換えると解約金を回避することが可能です。

ちなみに更新月はMy Y!mobileから調べることができるので、スマホプランに加入している人は更新月を確認してからMNP予約番号の取得をしておくといいでしょう。

シンプルプランやスマホベーシックプランに加入している人はいつ乗り換え(MNP)しても解約金がかからないので申し込みの直前にMNP予約番号を取得するといいですね。

ソフトバンクへ番号移行するならMNP予約番号は不要

“ソフトバンク”と“ワイモバイル”、“LINEMO(ラインモ)”のブランド間ののりかえ時に、お客さまによるMNP予約番号の発行手続きが不要になります。また、契約者情報や請求先情報などを転入先へ引き継ぐことができるようになるため、お客さま情報を再登録する必要がなくなります。

ソフトバンクプレスリリースから引用

2021年8月よりワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え(番号移行)にはMNP予約番号の取得が不要になっています。

またMNP予約番号だけでなく支払い方法や契約者情報もワイモバイルからそのまま引き継ぐことができるので非常に便利ですよね。

ソフトバンクとワイモバイル、LINEMO間であれば乗り換え(番号移行)の手続きが簡素化されていて解約金や事務手数料も負担してくれるので気軽に乗り換えることができます。

MNP予約番号は発行しても解約にならない

ワイモバイルは転出先のキャリアで回線の切り替えをしたタイミングで自動的に解約になるので、MNP予約番号を発行してからわざわざ解約手続きをする必要はありません。

また逆に言えばMNP予約番号は発行しても乗り換えの契約を完了しない限り解約にはならないので勘違いしないようにしましょう。

電話でMNP予約番号を取得するとオペレーターから「MNP予約番号は発行すると解約金がかかる」と案内されますが、実際には回線切り替えをしない限り解約金はかかりません。

そのためワイモバイルでMNP予約番号を取得すると解約金がかかると間違えがちなので注意しましょう。

解約するとメールアドレスが使えなくなる

ワイモバイルでMNP予約番号を取得して解約するとメールアドレスや一部のワイモバイルサービスが使えなくなるので注意が必要です。

具体的には下記のサービスがワイモバイルを解約するとできなくなります。

  • ワイモバイルメール(@ymobile.ne.jp)
  • ヤフーメール(@yahoo.ne.jp)
  • Yahoo!プレミアム for Y!mobile
  • ワイモバイルのオプションサービス
  • おうち割光セットや家族割引サービス

ワイモバイルが提供しているキャリアメールアドレスはもちろん使えななくなりますし、Yahooのプレミアム会員も解除されてしまうので注意しましょう。

LOHACOやZOZOTOWN、ヤフーショッピングをよく使う人はPayPayボーナスが貯まりにくくなってしまうのでワイモバイルを解約した後にヤフープレミアム会員に再加入しておくといいですね。

ちなみにワイモバイルからソフトバンクへ番号移行するならおうち割や家族割引サービスは解除されてしまいますがソフトバンクショップで申し込みすれば割引が復活します。

MNP予約番号が取得できないときの対処方法

ワイモバイルのMNP予約番号を「116」に電話して取得する場合はSIMのみ契約していると発行できないケースがあるので注意しましょう。

音声ガイダンスから「お客様の機種ではMNP予約番号の発行が可能ではありません」とアナウンスされたら「151」に電話してオペレーターに伝えればMNP予約番号の発行が可能です。

MNP予約番号を電話で取得したい人にとって「116」は通話料が無料なので便利ですが、取得できないこともあるのでWEBで手続きしたほうが確実ですね。

ワイモバイルのMNP予約番号に関するよくある質問

ワイモバイルのMNP予約番号について再発行やキャンセル方法などは迷いやすい点なのでまとめてみました。

MNP予約番号の期限切れで再発行するには?

ワイモバイルでMNP予約番号の有効期限が切れたら再度同じ手順で再発行することができます。

特別な手続きは不要で電話やWEB、店舗でMNP予約番号を取得しなおせばいいだけなので簡単ですよね。

ちなみにワイモバイルではMNP予約番号の再発行でも手数料は無料ですし、再発行したタイミングで古いMNP予約番号は使えなくなります。

そのためMNP予約番号の有効期限が残り数日なので更新したいというケースでも再発行すれば有効期限を伸ばすことが可能です。

ちなみに再発行には回数制限もないのでいつでも再発行ができますよね。

ただMNP予約番号を再発行すると「13から始まる10桁のMNP予約番号」が新しく発行されて古いMNP予約番号を使い続けられるわけではないので勘違いしないようにしましょう。

MNP予約番号は発行後にキャンセルできる?

ワイモバイルのMNP予約番号にはキャンセル手続きというものがありません。

そのためMNP予約番号を取得したけどワイモバイルから乗り換えるのをやめたいという人は有効期限が切れたら自動的に使えなくなるので放っておくだけでOKです。

キャンセル料金がかかるわけではないですし、回線を切り替えない限り解約金もかからないのでMNP転出するか迷っている人もとりあえず発行しておいてもいいですよね。

UQモバイルならWEB契約がおすすめ!
SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック
端末セット購入で最大22,000円の機種値引き

UQモバイルはこちら

ワイモバイルでMNP予約番号を取得する手順まとめ

ワイモバイルのMNP予約番号は15日間の有効期限があります。

そのため取得するタイミングを間違えると乗り換え手続きの途中で有効期限が切れてしまったということにもなりかねませんね。

MNP予約番号は即日発行されるとはいえ手間や時間がかかるのでスムーズに乗り換えるためには申し込みの直前に取得しておくといいですね。

タイトルとURLをコピーしました