ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるデメリットは?違約金や注意点まとめ

YM契約

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

携帯電話の料金はソフトバンクよりもワイモバイルの方が月額料金で4,000円ほど安くなります。

電波も同じソフトバンクエリアだし、料金が安くなるならソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えようかなと検討している人も多いかもしれませんね。

  • ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるデメリットは?
  • ワイモバイルへ乗り換えるメリットや使えるキャンペーンは?
  • ワイモバイルへ乗り換えるならどこのショップがお得?
  • ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える手順は?
  • ワイモバイルへ乗り換えに注意点はある?

ただソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えることでデメリットがあるのも事実です。

ワイモバイルの料金が安いからと契約してみたけど、実際に使ってみたら損してしまったとか、手間がかかって面倒になったというケースも珍しくありません。

そのため本記事をチェックしてワイモバイルへ乗り換えるメリットやデメリットなどはしっかり把握しておいた方が良さそうですね。

スポンサーリンク
  1. ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるデメリット
    1. ワイモバイルショップは店舗数が少ない
    2. ワイモバイルへの乗り換えで違約金がかかることも
    3. 最新のiPhoneは取り扱いまでに時間がかかる
    4. ワイモバイルにはデータ使い放題プランがない
    5. ワイモバイルへ乗り換えるタイミングによっては二重請求になる
    6. SIMロック解除が必要なケースもある
    7. キャリアのメールアドレスは引き継ぎできない
  2. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット
    1. ソフトバンクよりもワイモバイルの方が料金が安い
    2. ソフトバンクとワイモバイルで通信速度に違いはない
    3. 家族割やおうち割が使える
    4. ソフトバンクのwifiスポットをワイモバイルでも使える
  3. ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えで使えるキャンペーン
    1. 基本料金1ヶ月無料キャンペーン
    2. SIMのみ契約でPayPayボーナス3,000円キャンペーン
    3. ワイモバイルオンラインストアなら事務手数料が無料でお得!
  4. ソフトバンクからワイモバイルにMNPして乗り換える手順
    1. 手順1:ソフトバンクでSIMロック解除する
    2. 手順2:事前準備をする
    3. 手順3:ワイモバイルで乗り換え(MNP)の手続き
    4. 手順4:ソフトバンクからワイモバイルへ切り替える
    5. 手順5:ワイモバイルでメール設定やAPN設定をする
    6. 手順6:データ移行やアプリ引き継ぎをする
  5. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える前に確認したい注意点
    1. ソフトバンクの支払い方法を引き継げない
    2. 家族割やおうち割光セットの割引は引き継げない
    3. ワイモバイルで乗り換えても端末代金の残債は請求される
    4. ワイモバイルに乗り換えてもヤフープレミアムに加入できる
    5. ソフトバンクもワイモバイルもまとめて支払いが使える
    6. paypayとの連携は引き継ぎできる
    7. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えでアップルケアは解除される
  6. ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える方法まとめ

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるデメリット

損することもあるので注意!

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えにはデメリットがいくつかあります。

場合によってはワイモバイルに乗り換えることで損することもあるので事前にデメリットの把握をしておくことが必要ですね。

ワイモバイルショップは店舗数が少ない

ソフトバンクと比較するとワイモバイルは店舗数が少ないというのがデメリットの一つです。

もちろんワイモバイルの店舗でもソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは可能ですが東京や大阪などの大都市圏以外は店舗数が少なくなりがちです。

また仮にワイモバイルショップがあっても混雑しがちなので乗り換える前に店舗予約が必須だと言えるでしょう。

なおソフトバンクショップではワイモバイルへの乗り換えはできません。

あくまでワイモバイルショップかソフトバンクとワイモバイルの併設店でワイモバイルへの乗り換え手続きが可能です。

ワイモバイルへの乗り換えで違約金がかかることも

ソフトバンクでは加入しているプランによってはワイモバイルに乗り換えると違約金がかかることもあります。

具体的にはホワイトプランやスマ放題など2年契約でいわゆる2年縛りプランと言われるプランですね。

つまりソフトバンクで2年契約のプランに加入している人は契約期間中にワイモバイルへ乗り換えると契約解除料として違約金が10,450円かかるケースがあるので注意しましょう。

ホワイトプランスマ放題/スマ放題ライト
違約金(解約金)10,450円10,450円
契約期間2年間の自動更新2年間の自動更新

なお2019年9月以降に下記のプランに加入している人はいつワイモバイルに乗り換えても違約金は免除になります。

  • ギガモンスター
  • ミニモンスター
  • ウルトラギガモンスター
  • ミニフィットプラン
  • メリハリプラン
  • メリハリ無制限

極端な話、ソフトバンク契約後に半年後でワイモバイルに乗り換えても違約金はかかりません。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで違約金がかかるという人は違約金がかからないプランにプラン変更してからワイモバイルに乗り換えると違約金を回避できます。

違約金をかけないでワイモバイルに乗り換える裏技ですね。

最新のiPhoneは取り扱いまでに時間がかかる

ソフトバンクと違いワイモバイルのiPhoneは発売日当日に取り扱いが開始されないというのはデメリットですね。

通常だとワイモバイルでは最新のiPhone発売日から半年〜1年ほど待たないと購入できないので、いち早く購入したいならソフトバンクで購入する必要があります。

ただソフトバンクで最新のiPhoneを購入してからワイモバイルに持ち込むということはできます。

ワイモバイルにはデータ使い放題プランがない

ソフトバンクにはメリハリ無制限というデータ使い放題のプランがありますが、ワイモバイルではシンプルLでも毎月28GBまでしか使えません。

つまりデータ使い放題プランがワイモバイルにはないというのがソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるデメリットの一つです。

毎月データを28GB以上使うのであればソフトバンクの方がワイモバイルに乗り換えるよりもトータルで見れば安くなります。

あくまで毎月のデータ量を0GB〜28GBまでに抑えられるようであればソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると安くなるということですね。

ワイモバイルへ乗り換えるタイミングによっては二重請求になる

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてもソフトバンクの解約月は料金が日割りにならないので注意が必要です。

例えば8月20日にソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると

  • ソフトバンクの解約月は8月1日〜8月31日の料金が請求される
  • ワイモバイルの初月は8月20日〜8月31日の料金が請求される

ということになりますね。

なのでソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングによっては解約月の料金と初月の料金が二重請求されることもあります。

無駄な料金を支払うことになるのでソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはタイミングを図る必要がありますね。

SIMロック解除が必要なケースもある

ソフトバンクからワイモバイルへスマホそのまま乗り換える場合はソフトバンクでスマホのSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除には手数料などの費用はかかりませんがMysoftbankから手続きが必要なので手間がかかります。

なおソフトバンクでSIMロック解除したらワイモバイルでSIMカードだけ乗り換えればソフトバンクのスマホをワイモバイルでそのまま使えるようになります。

なおソフトバンクからワイモバイルのスマホに買い替えるならSIMロック解除は不要です。

キャリアのメールアドレスは引き継ぎできない

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えてもソフトバンクのキャリアメールアドレス(@softbank.jp)は引き継ぎできません。

ワイモバイルでもキャリアメールアドレス(@ymobile.ne.jp)が使えますがソフトバンクのアドレスを引き継ぎできるわけではなく、あくまで新しいメールアドレスです。

重要なメールはGmailやYahooメールなどに転送するなどしてバックアップを取っておくことが必要ですね。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット

料金が安くて通信速度も変わらない!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリットは一言で言えば通信速度が変わらないのに料金は安くなるという点です。

また料金だけでなくワイモバイルに乗り換えでかかる事務手数料などの初期費用がかからなかったり、Wifiスポットが使えたりと様々なメリットがあります。

ソフトバンクよりもワイモバイルの方が料金が安い

ソフトバンクよりもワイモバイルの方が料金が圧倒的に安く使えるという点が大きなメリットです。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることで料金を半額程度まで抑えることができます。

ソフトバンクとワイモバイルで料金プランに違いがあるので、事前にそれぞれのプランを比較してチェックしておくといいですね。

ソフトバンクとワイモバイルの料金プランの違いを比較

ソフトバンクの料金プランはデータプランと通話プランでそれぞれ料金がかかります。

一方でワイモバイルはデータプランと通話プランがセットになっているのでその分安く使えることができるという点が大きな違いですね。

ソフトバンク
メリハリ無制限
ソフトバンク
ミニフィット
ワイモバイル
シンプルS/M/L
データ量無制限0GB〜3GBシンプルS:4GB
シンプルM:18GB
シンプルL:28GB
プラン料金6,160円1GBまで:2,200円
2GBまで:3,300円
3GBまで:4,400円
4GB:2,178円
18GB:3,278円
28GB:4,158円
通話プラン1,078円1,078円データプランに含む
かけ放題5分以内:880円
無制限:1,980円
5分以内:880円
無制限:1,980円
10分以内:770円
無制限:1,870円
月額料金7,238円3,278円〜5,478円2,178円〜4,158円

例えばソフトバンクとワイモバイルで毎月3GB利用すると

  • ソフトバンクのメリハリ無制限なら月額7,238円かかります。
  • ソフトバンクのミニフィットプランなら月額5,478円かかります。
  • ワイモバイルのシンプルSなら月額2,178円かかります。

ソフトバンクよりもワイモバイルの方が圧倒的に料金が安いということがわかりますよね。

またソフトバンクよりもワイモバイルの方がかけ放題オプションが充実しているので、通話をよくする人もワイモバイルの方が安く利用することができます。

ソフトバンクとワイモバイルで通信速度に違いはない

ソフトバンクとワイモバイルは同じソフトバンク回線を使っています。

厳密に言えばソフトバンク回線内にワイモバイルの専用回線を持っているのでワイモバイルのネットワーク(通信エリア)はソフトバンクのネットワークと全く同じということになりますね。

そのためソフトバンクとワイモバイルで通信速度に違いはありませんし、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたら電波が圏外になってしまうということもありません。

ワイモバイルはソフトバンクと全く同じ通信速度、通話品質で使うことが可能です。

家族割やおうち割が使える

ソフトバンク同様にワイモバイルに乗り換えても家族割やおうち割を使うことができます。

ソフトバンクワイモバイル
家族割毎月1,210円割引毎月1,188円割引
おうち割毎月1,100円割引毎月1,188円割引

ソフトバンクとワイモバイルでは家族割やおうち割の利用条件が同じなので、ソフトバンクで家族割やおうち割を利用していた人はワイモバイルで申し込みさえすれば引き継ぐことが可能です。

ソフトバンクのwifiスポットをワイモバイルでも使える

ワイモバイルはソフトバンクのwifiスポットを無料で使うことができます。

ソフトバンクのWifiスポットとはカフェやレストラン、主要駅などの公衆無線LANのことでワイモバイルを利用している人であれば誰でも申し込み不要で使うことが可能です。

ワイモバイルは外出時にWiFiを利用してデータ消費量を節約することで料金を抑えることができるのでwifiスポットを積極的に利用するといいですね。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えで使えるキャンペーン

オンラインストアがお得!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると様々なキャンペーンが利用できます。

ワイモバイルではキャッシュバックやクーポンではなく特典がPayPayボーナスでもらえる点が大きな特徴ですね。

  • プラン料金1ヶ月無料キャンペーン
  • SIMのみ契約でPayPayボーナス3,000円キャンペーン
  • 事務手数料無料キャンペーン

またワイモバイルではショップ限定のキャンペーンが盛んなのでショップ選びは重要です。

基本料金1ヶ月無料キャンペーン

ワイモバイルでは期間限定で基本料金1ヶ月無料キャンペーンを実施中です。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるだけで1ヶ月間は基本料金(プラン料金)が無料になるので乗り換えを迷っている人でも試しに使ってみるのはありですね。

■受付期間

  • 2021年8月1日〜2021年8月31日まで

■特典

  • シンプルS/M/Lの料金が1ヶ月間無料

■キャンペーン条件

  • キャンペーン期間中にワイモバイルを契約する
  • ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える
  • シンプルS/M/Lに加入する

■キャンペーン申し込み方法

  • 条件を満たせば自動的に無料になる

■注意点

  • 受付期間中にワイモバイルの契約をすると2021年9月の料金が1ヶ月間無料になります。

なおワイモバイルの店舗でもオンラインストアでも基本料金1ヶ月無料キャンペーンは利用可能です。

8月31日までとキャンペーン終了間近なので早めに申し込みしておくといいですね。

SIMのみ契約でPayPayボーナス3,000円キャンペーン

ソフトバンクからワイモバイルにSIMのみ契約するならPayPayボーナス3,000円がもらえます。

ワイモバイルの新どこでももらえる特典というキャンペーンで加入するワイモバイルのプランに応じてもらえるPayPayボーナスが異なります。

ワイモバイルではSIMのみ契約のキャンペーンは貴重なので、SIMのみ契約したい人はぜひ利用を検討してみるといいでしょう。

■受付期間

  • 2021年6月1日〜終了日未定

■特典

  • シンプルS:PayPayボーナス500円
  • シンプルM:PayPayボーナス3,000円
  • シンプルL:PayPayボーナス3,000円

■キャンペーン条件

  • ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える
  • ワイモバイルでシンプルS/M/Lに加入する

■申し込み方法

  1. 申し込み専用ページからエントリーする
  2. ワイモバイルで契約する
  3. ワイモバイルとエントリーしたYahooIDを連携する
  4. ワイモバイルとPayPayの連携をする

ソフトバンクからワイモバイルにSIMのみ乗り換える前に事前エントリーが必要です。

またワイモバイルで契約後に設定も必要になるので、新どこでももらえる特典を利用したい人は下記記事を見ながら申し込みしておくといいでしょう。

ワイモバイルオンラインストアなら事務手数料が無料でお得!

結論から言うと、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるならワイモバイルオンラインストアがお得です。

というのもワイモバイルショップだとソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは事務手数料が3,300円かかります。

ただワイモバイルオンラインストアのみソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでも事務手数料が無料になります。

また事務手数料が無料になるだけでなく、24時間受付可能乗り換え日数も最短2日なのでワイモバイルの店舗よりもお得で便利に乗り換えることが可能です。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ソフトバンクからワイモバイルにMNPして乗り換える手順

最短1日で乗り換え完了!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順はSIMのみ契約する場合と端末とSIMのセット契約する場合で若干異なります。

  • SIMのみ契約:ソフトバンクのスマホをワイモバイルでそのまま使う。
  • 端末とSIMのセット契約:ワイモバイルで新しいスマホを購入する。

ただどちらもソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えにかかる日数は最短1日です。

手順1:ソフトバンクでSIMロック解除する

ソフトバンクからワイモバイルにSIMのみ乗り換える時だけSIMロック解除が必要です。

ソフトバンクのスマホをワイモバイルでそのまま使うためにMysoftbankからSIMロック解除の手続きをしましょう。

ちなみにソフトバンクではSIMロック解除の手数料は無料です。

  1. Mysoftbankにログインして「契約確認」をタップ
  2. その他お手続きの「SIMロック解除する」をタップ
  3. SIMロック解除したいスマホのIMEI番号を入力する
  4. 内容を確認して「解除手続きをする」をタップ
  5. SIMロック解除完了

ソフトバンクでSIMロック解除の手続きをすれば即日完了します。

ただSIMロック解除の受付時間は9時〜21時までになっているので注意しましょう。

ソフトバンクのスマホに機種代金の残債があってもSIMロック解除は可能です。

手順2:事前準備をする

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える前に事前準備をしましょう。

具体的には・・・

  • 本人確認書類を準備する
  • ソフトバンクでMNP予約番号を発行する
  • 店舗に行くなら来店予約をする

という準備が必要です。

特に必要な書類やMNP予約番号は不足していたり間違ってしまうと不備のためワイモバイルで乗り換えができないので事前にしっかりチェックしておきましょう。

本人確認書類

ワイモバイルへの乗り換えには本人確認書類が必要になります。

ワイモバイルで使える本人確認書類は具体的には下記になるので事前にいずれかの書類を用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード + 補助書類
  • 健康保険証 + 補助書類

なお住民基本台帳カードや健康保険証は補助書類として住民票か公共料金の領収書も必要になります。

補助書類がないと本人確認書類として使えないので事前に区役所や市役所で発行してもらいましょう。

MNP予約番号

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはMNP予約番号が不要だと勘違いしがちです。

ただソフトバンクとワイモバイル間の乗り換えでもMNP予約番号は必要なので事前に準備しておきましょう。

なおソフトバンクでは電話やショップ、WEBからMNP予約番号を発行することが可能です。

概要受付時間
電話ソフトバンクの電話:*5533
その他の電話:0800-100-5533
9時〜20時
ショップソフトバンクショップのみ受付可能
本人確認書類が必要
ショップの営業時間
WEBMysoftbankから発行できる
ガラケー利用者だけ発行できる
9時〜20時

ソフトバンクでMNP予約番号の発行は電話で取得するのが一般的ですね。

発行手数料は無料ですし、発行時間も5分程度です。

ただMNP予約番号には有効期限が15日間なので、ワイモバイルで乗り換える直前に発行しておくといいでしょう。

店舗で乗り換えるなら来店予約をする

ソフトバンクからワイモバイルへ店舗で乗り換えるなら来店予約をしておきましょう。

と言うのもワイモバイルショップは店舗数が少ないため混雑しやすく待ち時間が長くなりがちです。

なので事前にワイモバイルの店舗に来店予約をしておけば混雑していても優先的に手続きをしてくれるようになります。

なおワイモバイルの店舗一覧ページから来店予約ができます。

手順3:ワイモバイルで乗り換え(MNP)の手続き

ワイモバイルへの乗り換えは店舗で契約する方法とネットで契約する方法があります。

ワイモバイルでは店舗で契約すると事務手数料が3,300円かかってしまうのでワイモバイルオンラインストアで事務手数料無料で契約するのがお得ですね。

ワイモバイルへ乗り換えに必要なもの

ワイモバイルへの乗り換えに必要なものは店舗契約とネット契約で異なります。

■ショップで契約する場合

  • 本人確認書類の原本
  • MNP予約番号
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • クレジットカードorキャッシュカード

ショップで契約する場合は契約書の記入が必要になるので印鑑を忘れないようにしましょう。

■ネットで契約する場合

  • 本人確認書類の画像
  • MNP予約番号
  • クレジットカード

ネットで契約するのであれば、本人確認書類をスマホのカメラで撮影した画像が必要です。

また支払い方法に応じて契約者名義のクレジットカードやキャッシュカードも用意しておきましょう。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

オンラインストアは支払い方法がクレジットカード払いのみ

ワイモバイルのオンラインストアでは支払い方法をクレジットカード払いしか選べないので注意しましょう。

ワイモバイルの支払い方法を口座振替にしたいならワイモバイルショップで口座振替依頼書の記入や捺印など手続きが必要です。

ワイモバイルへの乗り換えは月末がベストタイミング

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えタイミングは月末です。

と言うのもソフトバンクの解約月の料金は日割りにならないので、月の途中で解約すると無駄な料金を支払うことになるからです。

例えば7月1日にワイモバイルに乗り換えても7月30日に乗り換えてもソフトバンクの7月の料金は1ヶ月分支払うことになるということですね。

なのでワイモバイルに乗り換えるなら月末がベストなタイミングになります。

ワイモバイルをオンラインストアで契約するなら、契約完了まで2,3日かかります。なので余裕を持って1週間前くらいに申し込みをしておくといいでしょう。

ワイモバイルへの乗り換えでも契約審査がある

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えても契約審査があります。

ソフトバンクの料金に未納や延滞などがあるとソフトバンクを使っていてもワイモバイルの契約審査に落ちてしまうこともあるので注意しましょう。

ワイモバイルの契約審査が心配な人はソフトバンクの料金に未納がないかどうか事前にチェックしておきましょう。

手順4:ソフトバンクからワイモバイルへ切り替える

新しいスマホやSIMカードを受け取ったら翌日にはソフトバンクからワイモバイルに回線が自動的に切り替わるようになっています。

ただ自分で回線を切り替えるタイミングを決めたいのであればご自身でワイモバイル回線に切り替えることもできます。

ソフトバンクからワイモバイルに回線を切り替える方法は簡単で開通窓口にソフトバンクのスマホから電話をするだけです。

開通窓口の問い合わせ先は新しいスマホやSIMカードに同封しているので確認しておきましょう。

なおソフトバンクからワイモバイルに回線が切り替わった時点でソフトバンクは自動的に解約になります。

ソフトバンクで解約の手続きをする必要はありません。

手順5:ワイモバイルでメール設定やAPN設定をする

ソフトバンクからワイモバイルに回線を切り替えたらワイモバイルのスマホにSIMカードを挿して初期設定をしておきます。

初期設定としてやることは・・・

  1. APN設定をする
  2. My Y!mobileの初期登録をする
  3. Yahooプレミアム会員になる
  4. メールの設定をする
  5. AppleIDやGoogleIDの設定をする
  6. PayPayとワイモバイルの連携をする

ワイモバイルでは順番通りに設定をしていかないと初期設定ができないので注意しましょう。

手順を確認しておけば設定時間は30分程度なので簡単です。

ワイモバイルでSIMのみ契約した人だけAPN設定が必要

なおワイモバイルでスマホを購入した人はAPN設定は必要ありません。

あくまでソフトバンクのスマホをワイモバイルでそのまま使う場合だけAPN設定が必要になるので注意しましょう。

手順6:データ移行やアプリ引き継ぎをする

スマホの初期設定が済んだらデータ移行やアプリの引き継ぎをしておきましょう。

ワイモバイルではYahoo!かんたんバックアップというアプリを利用してデータ移行が可能です。

■ワイモバイル乗り換え前

  1. ソフトバンクのスマホでYahoo!かんたんバックアップアプリをインストール
  2. YahooIDでログインする
  3. データのバックアップをしておく

■ワイモバイル乗り換え後

  1. ワイモバイルのスマホでYahoo!かんたんバックアップアプリをインストール
  2. YahooIDでログインする
  3. バックアップしておいたデータの移行をする

Yahoo!かんたんバックアップのアプリはYahooIDが必要なので持っていない人はYahooIDを取得しておくといいでしょう。

ただLINEやアプリの引き継ぎはアプリごとに引き継ぎの設定が必要になります。

ワイモバイルへ乗り換える前に引き継ぎの設定をしておくといいでしょう。

SIMのみ契約するならデータ移行やアプリ引き継ぎは不要

なおソフトバンクからワイモバイルにSIMのみ乗り換えるのであればデータ移行は必要ありません。

データやアプリはソフトバンクのスマホ自体に保存されているのでワイモバイルに乗り換えたとしてもそのまま使うことができます。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える前に確認したい注意点

再登録や再申し込みが必要!

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるとソフトバンクで使えたものがそのまま引き継げるわけではありません。

場合によっては再登録や再申し込みが必要なケースもあるので注意しましょう。

ソフトバンクの支払い方法を引き継げない

再登録が必要!

ソフトバンクもワイモバイルも支払い方法はクレジットカード払いと口座振替があります。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えると支払い方法は引き継ぐことができないのでワイモバイルで登録し直す必要があるので注意しましょう。

ワイモバイルで使えるクレジットカードや銀行口座は同じなので、ソフトバンクと同じ支払い方法にしておくとスムーズですね。

ただワイモバイルの契約者名義のクレジットカードやキャッシュカードが必要になるので注意しましょう。

家族割やおうち割光セットの割引は引き継げない

再申し込みが必要!

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えるとソフトバンクの家族割やおうち割光セットは解除されてしまいます。

ただワイモバイルでも家族割やおうち割光セットに加入できるのでワイモバイルで申し込みしなおせば家族割やおうち割光セットの割引は復活します。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えてもソフトバンク光やソフトバンクエアーは解約されないので家族割やおうち割を継続したい人は再度申し込みしましょう。

ワイモバイルではおうち割と家族割の併用ができない

なおソフトバンクではおうち割と家族割は併用できましたが、ワイモバイルでは併用ができません。

ソフトバンクでおうち割と家族割の併用をしていた人はワイモバイルではどちらかを選ぶ必要があります。

といってもワイモバイルではおうち割も家族割も割引額は同じなので好きな方を選べばいいでしょう。

ワイモバイルで乗り換えても端末代金の残債は請求される

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてもソフトバンクの端末代金の残債(残金)は引き続き請求されます。

例えばソフトバンクで機種代金を48回払いしていて25ヶ月目にワイモバイルに乗り換えると残りの23回分は残債として請求されるということですね。

ワイモバイルの機種代金とソフトバンクの残債が二重で請求されることになるので注意しましょう。

なおソフトバンクで半額サポートやトクするサポートを利用して割賦残債を免除してからワイモバイルに乗り換えるのも一つの手ですね。

ワイモバイルに乗り換えてもヤフープレミアムに加入できる

再設定が必要!

ソフトバンクでヤフープレミアムに加入していた人はワイモバイルに乗り換えてもヤフープレミアムを利用することができます。

ただワイモバイルに乗り換えるとソフトバンクとYahooIDの連携は解除されてしまいます。

なのでワイモバイルへ乗り換えした後にワイモバイルとYahooIDの連携しし直す必要があるので注意しましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使えるヤフープレミアムに違いはないのでYahooショッピングやPayPayモールで同様の特典をもらうことが可能です。

ソフトバンクもワイモバイルもまとめて支払いが使える

再設定が必要!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてもワイモバイルのまとめて支払いが利用できます。

ただワイモバイルでまとめて払いの再設定が必要になるので注意しましょう。

なおワイモバイルでもまとめて払いを利用してPayPayへのチャージもできます。

paypayとの連携は引き継ぎできる

再設定が必要!

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるとソフトバンクとPayPayの連携が解除されてしまいます。

ただソフトバンクで貯めたPayPayボーナスはワイモバイルで連携設定をすれば引き継ぎすることが可能です。

ソフトバンクもワイモバイルもPayPayボーナスが貯まりやすいのでワイモバイル契約後に再度連携設定をしてお得に利用できるようにしておきましょう。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えでアップルケアは解除される

再加入はできない!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるとアップルケアは解除されてしまいますので注意しましょう。

ソフトバンクのスマホをそのままワイモバイルで使う場合はアップルケアへの再加入ができず修理費用が全額実費負担になります。

ただワイモバイルでは契約時に端末保証があって、ソフトバンクのスマホをそのまま使うなら故障安心パックライトという端末保証に加入できます。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える方法まとめ

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えると通信速度はそのまま料金だけが半額程度まで節約することができます。

ただ一方でソフトバンクよりもワイモバイルの方が店舗数が少なかったり最新のiPhoneが発売日に取り扱いがないといったデメリットもあります。

ソフトバンクよりもワイモバイルの方が料金が安いからといって無闇に乗り換えるのではなくまずはメリットとデメリットをしっかり把握した上で乗り換えるのがいいですね。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

タイトルとURLをコピーしました