2022年ワイモバイルの学割「ワイモバ親子割」の間違えやすい条件や申し込み方法を解説

YMキャンペーン

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバイルで毎年実施されている学割キャンペーンですが、今年は「ワイモバ親子割」という名前ですでに受付が開始されています。

子供だけでなくその家族にも大きな割引がもらえるお得なキャンペーンなのでこれを機に子供にワイモバイルのスマホを持たせたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

ただワイモバ親子割は利用条件や申し込み方法が複雑で手順通りに手続きを進めないとワイモバ親子割の割引が適用できないというケースもあるので注意が必要です。

そこで本記事ではワイモバ親子割の条件や申し込みの手順、併用できるキャンペーンなどを詳しく解説していきます。

スムーズに申し込みができれば非常にお得なキャンペーンになっているのでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ワイモバ親子割の特徴とメリット

画像引用元:ワイモバイル

ワイモバイルでは2022年度の学割キャンペーンとして「ワイモバ親子割」の受付が開始しています。

ワイモバ親子割は5歳〜18歳の子供とその家族に12ヶ月間毎月1,100円の割引が適用できるキャンペーンでシンプルM(15GB)なら月額990円で利用できるようになります。

シンプルS
シンプルMシンプルL
データ量3GB15GB25GB
プラン料金2,178円3,278円4,158円
家族割引サービス
おうち割
-1,188円-1,188円-1,188円
ワイモバ親子割
(12ヶ月間)
対象外-1,100円-1,100円
月額料金990円990円1,870円

なおシンプルSはワイモバ親子割の対象外になりますが、シンプルMやシンプルLの大容量プランを安く使えるので子供に初めてスマホを持たせたい人は検討すべきキャンペーンですね。

しかも2021年に実施していたワイモバ学割とは違い、すでにワイモバイルを契約している人でも加入できるなど様々なメリットがあるのでご紹介していきましょう。

学生じゃなくても利用できる

ワイモバ親子割は割引を適用できる対象者の幅が広いのがメリットの一つです。

学割キャンペーンではありますが5歳〜18歳までの子供なら学生じゃなくても利用可能ですし、その家族も親等数に制限はないので住所が違う田舎の祖父や祖母でも適用可能です。

また住所が同じなら同居している友人や恋人も家族と見なされるので子供だけでなく家族の定義も広いと言えますね。

ちなみにワイモバ親子割は主回線を含めた最大5回線までが割引される人数の上限になるので、ワイモバイルを家族で複数回線契約する人には特におすすめです。

もちろん子供1人だけワイモバ親子割に加入することもできるので、これからワイモバイルの契約を検討している人は加入必須のキャンペーンですよね。

家族割引やおうち割と併用できる

ワイモバ親子割はワイモバイルの家族割引サービスやおうち割など他の複数回線向けの割引キャンペーンと併用ができる点もメリットです。

ただワイモバイルでは家族割引サービスとおうち割の併用ができないのでワイモバ親子割と併用できるのはどちらか一方だけということになります。

ワイモバイルのおうち割はソフトバンク光やソフトバンクAirなど自宅で使うネット回線の契約が必要なので、スマホだけなら家族割引サービスと併用するのがおすすめです。

ちなみに家族割引サービスやおうち割は2回線目から家族全員に毎月1,188円の割引が適用されるのでワイモバ親子割と併用することでかなりお得になりますね。

ワイモバイルユーザーもプラン変更で割引適用

これまでの学割キャンペーンはワイモバイルで新規契約や乗り換え(MNP)が条件だったので、機種変更やプラン変更しても割引されないという点がデメリットでした。

ただ今年のワイモバ親子割はシンプルMやシンプルLにプラン変更すればすでに契約中のワイモバイルユーザーでも割引適用になるのでメリットが大きいと言えますよね。

ちなみにワイモバ親子割はワイモバイルの契約と同時に加入する必要はなく契約途中でも好きなタイミングで申し込みすることが可能です。

そのため去年や一昨年のワイモバ学割と比較すると格段に申し込みしやすくなっています。

ワイモバ親子割の利用条件

ワイモバ親子割は子供とその家族でそれぞれ利用条件が異なります。

子供1人だけワイモバ親子割に加入させるなら簡単ですが、家族にも割引を適用させる場合は条件が若干複雑になるので間違えないようにチェックしておきましょう。

ワイモバ親子割を「子供」に適用する条件

ワイモバ親子割を子供に適用する条件は下記になります。

新規契約や乗り換えだけでなくソフトバンクやLINEMOからの番号移行やプラン変更でも割引が適用されるので加入しやすく便利ですよね。

  • 5歳〜18歳の子供が対象
  • 新規契約/乗り換え/番号移行/プラン変更する
  • シンプルM/Lに加入する
  • 過去にワイモバ学割の利用なし

ただ冒頭でも解説しているように5歳から18歳までの未成年者が対象なので、申し込み時点で19歳になっている人は割引適用はできません。

またワイモバイルは学割の利用が1回のみで2020年や2021年にワイモバ学割の利用がある人は今年のワイモバ親子割には加入できない点も注意しましょう。

ワイモバ親子割を「家族」に適用する条件

ワイモバ親子割を家族にも適用させる条件は下記になります。

基本的には子供に適用させる条件とほぼ同じですが家族割引グループに加入する必要がある点だけ注意しましょう。

  • 子供と同じ家族割引グループに加入する
  • 新規契約/乗り換え/番号移行/プラン変更する
  • シンプルM/Lに加入する
  • 過去にワイモバ学割の利用なし

ワイモバイルでは家族割引サービスや学割など複数回線向けの割引を適用させるために家族グループをワイモバイルに登録する必要があります。

この家族グループに登録された回線は一つの家族と見なされ自動的に家族割引サービスやワイモバ親子割の割引を適用させることができるというわけですね。

ただ家族割引グループはワイモバイルの店舗でのみ登録が可能なので、家族グループがまだない人はオンラインストアで契約してもワイモバ親子割に加入できません。

ワイモバ親子割の申し込み手順は後述するので事前にチェックした上で手続きをしておきましょう。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバ親子割を利用した場合の料金シミュレーション

冒頭でも解説しているように、ワイモバ親子割の割引期間は12ヶ月間なので2年目(14ヶ月目)からは料金が変わるので注意した方が良さそうです。

また家族割引サービスも2回線目から割引対象になるので1年目と2年目、1回線目と2回線目以降でそれぞれ料金が違うので家族の人数に応じて料金シミュレーションをしてみました。

子供だけ契約する場合の維持費と料金

ワイモバイルを子供1人だけ契約するなら家族割引サービスやおうち割の割引が適用されないのでワイモバ親子割のみ適用されます。

シンプルS
シンプルMシンプルL
データ量3GB15GB25GB
プラン料金2,178円3,278円4,158円
家族割引サービス0円0円0円
ワイモバ親子割対象外-1,100円-1,100円
月額料金
(1年目)
2,178円2,178円3,058円
月額料金
(2年目)
2,178円3,278円4,158円

子供1人でワイモバ親子割に加入すると1年目はシンプルMでもシンプルSと同等の月額2,178円で利用することが可能になります。

なお2年目はワイモバ親子割が解除されますがシンプルSにプラン変更すれば1年目と同じ料金で利用することができるのでデータ消費量に応じて1年後にプラン変更を検討するのもありですね。

2人家族で契約する場合の維持費と料金

2人家族でワイモバイルの契約をした場合はワイモバ親子割と家族割引の併用ができます。

ただ家族割引は2回線目以降が割引対象になるので、2人家族で毎月の維持費を料金シミュレーションすると下記になります。

■毎月の維持費(2人家族)

  • シンプルS:3,168円
  • シンプルM:(1年目)3,168円,(2年目)5,368円
  • シンプルL;(1年目)4,928円,(2年目)7,128円

1回線目は家族割引対象外になりますがワイモバ親子割は主回線を含めて割引対象になるので主回線(1回線目)と副回線(2回線目以降)で料金が異なる点は注意しましょう。

シンプルS
シンプルMシンプルL
データ量3GB15GB25GB
プラン料金2,178円3,278円4,158円
家族割引サービス-1,188円-1,188円-1,188円
ワイモバ親子割対象外-1,100円-1,100円
月額料金
(1年目)
■1回線目
2,178円
■2回線目
990円
■1回線目
2,178円
■2回線目
990円
■1回線目
3,058円
■2回線目
1,870円
月額料金
(2年目)
■1回線目
2,178円
■2回線目
990円
■1回線目
3,278円
■2回線目
2,090円
■1回線目
4,158円
■2回線目
2,970円

他の格安SIMではデータ定額15GBプランだと一人あたり月額3,000円ほどかかるので家族2人でトータルの維持費が3,000円というのは破格の料金だと言えますよね。

3人家族で契約する場合の維持費と料金

3人家族でワイモバイルを契約した場合もワイモバ親子割と家族割引が併用可能です。

ワイモバ親子割や家族割引は家族の人数に応じて割引額が変わらないので、3人家族で毎月の維持費を料金シミュレーションすると下記になります。

■毎月の維持費(3人家族)

  • シンプルS:4,158円
  • シンプルM:(1年目)4,158円,(2年目)7,458円
  • シンプルL;(1年目)4,928円,(2年目)10,098円

2回線目と3回線目以降の料金は同じなので家族の人数が増えれば増えるほどお得になりますよね。

シンプルS
シンプルMシンプルL
データ量3GB15GB25GB
プラン料金2,178円3,278円4,158円
家族割引サービス-1,188円-1,188円-1,188円
ワイモバ親子割対象外-1,100円-1,100円
月額料金
(1年目)
■1回線目
2,178円
■2回線目
990円
■3回線目
990円
■1回線目
2,178円
■2回線目
990円
■3回線目
990円
■1回線目
3,058円
■2回線目
1,870円
■3回線目
1,870円
月額料金
(2年目)
■1回線目
2,178円
■2回線目
990円
■3回線目
990円
■1回線目
3,278円
■2回線目
2,090円
■3回線目
2,090円
■1回線目
4,158円
■2回線目
2,970円
■3回線目
2,970円

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバ親子割の申し込み方法

ワイモバ親子割はワイモバイルの店舗やオンラインストアで申し込みができます。

ただワイモバイルは店舗申し込みよりもオンラインストアでWEB申し込みした方が、機種代金の値引きや事務手数料が無料になるなど手厚いキャンペーンを実施しています。

最大で2万円ほどお得に契約できるのでワイモバ親子割に申し込みするならオンラインストアで申し込みするのがおすすめですね。

ワイモバ親子割は子供と家族で申し込み手順が違うのでそれぞれで必要な書類や流れを解説します。

【子供】ワイモバ親子割に申し込む手順

ワイモバ親子割を子供に適用させる場合はオンラインストアで契約するだけで自動的に割引が適用できます。

ただ契約名義や利用者登録など注意点もいくつかあるので事前にチェックしておきましょう。

手順1:必要な書類を用意する

まずは事前準備としてワイモバ親子割に必要な本人確認書類を準備しましょう。

子供にワイモバ親子割を適用させる場合は契約名義を親(親権者)、利用者を子供にして申し込みする必要があるので親と子供で両方の本人確認書類が必要になります。

  • 契約者(親)の本人確認書類
  • 利用者(子供)の本人確認書類
  • 契約者のキャッシュカードorクレジットカード
  • MNP予約番号※乗り換えの場合だけ

ワイモバ親子割に申し込みする場合だけ子供の本人確認書類は学生証も使えるので学生証を用意しておくのがスムーズですね。

なお本人確認書類はスマホのカメラで撮影した画像をアップロードすることになるので事前に写真を撮っておくようにしましょう。

手順2:オンラインストアにアクセスする

必要な書類を準備したらワイモバイルオンラインストアにアクセスして端末やSIMカードを選んで申し込み手続きをしましょう。

【子供】ワイモバ親子割の申し込み手順1

ワイモバ親子割は端末のセット購入だけでなくSIMのみ契約でも割引適用されるので希望に合わせて選択しましょう。

手順3:シンプルM/Lを選ぶ

ワイモバ親子割が適用されるようにシンプルM/Lを選びましょう。

【子供】ワイモバ親子割の申し込み手順2

なおシンプルSを選んでしまっても契約後にプラン変更すればワイモバ親子割が適用されます。

とはいえ新しいプランが適用されるまで最大で1ヶ月程度かかるので間違えないようにしましょう。

手順4:家族割引サービスにチェックを入れる

まだ家族割引グループの登録なしだったり家族にワイモバ親子割の割引を適用させない場合はチェック不要です。

すでにワイモバイルで家族割引グループの登録ありで家族にもワイモバ親子割を適用させたい場合だけ家族割引サービスにチェックを入れましょう。

【子供】ワイモバ親子割の申し込み手順3

子供にだけワイモバ親子割を適用させるなら家族割引サービスは適用されないのでチェックは不要になるので注意しましょう。

手順5:契約者(親)の情報を入力する

ワイモバイルの契約者になる親の情報を入力して本人確認書類をアップロードしましょう。

【子供】ワイモバ親子割の申し込み手順4

ちなみにアップロードする画像は明るさや大きさを加工したり、スクリーンショットだとエラーでアップロードできないことがあるので事前に注意点など確認しておきましょう。

手順6:利用者(子供)の情報を入力する

利用者(子供)の情報を入力しましょう。

ワイモバ親子割の年齢確認は利用者情報の「生年月日」から判定されるので申し込み時点で満5歳〜満18歳であることを確認するようにしましょう。

早生まれなどは加味する必要はなく、あくまで申し込み時点の年齢でワイモバ親子割に加入できるかどうかが決まります。

【子供】ワイモバ親子割の申し込み手順5

また家族割引サービスにチェックを入れた人はすでに登録している家族グループで主回線になっている電話番号を入力して子供の本人確認書類をアップロードしましょう。

子供の本人確認書類に学生証が使えるので学生証の画像を用意しておくといいですね。

【子供】ワイモバ親子割の申し込み手順6

子供の本人確認書類はすでに家族グループがある場合だけアップロードするので子供にだけワイモバ親子割に加入させる人は子供の本人確認書類は提出不要ということになります。

あとは支払い情報を登録すれば申し込みは完了します。

ワイモバ親子割の割引は回線切り替え月の翌月から適用になるので、自宅に端末やSIMカードが届いたらすぐに回線切り替えをしておきましょう。

ワイモバイルはオンラインストアがお得!
今なら機種代金から最大21,600円値引き実施中!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

【家族】ワイモバ親子割に申し込む手順

ワイモバ親子割を家族に適用させる場合は家族割引グループがあるかどうかによって申し込み手順が違うので注意しましょう。

家族割引グループの登録ありならオンラインストアでWEB申し込みすれば適用されますが、登録なしだと契約後に店舗に行ってワイモバ親子割に申し込みする必要があります。

家族割引グループの登録ありの場合

すでにワイモバイルで家族割引グループの登録がある場合は、子供にワイモバ親子割を適用するのと同じ手順で申し込みすれば割引を受けられます。

ただ1回の申し込みで複数回線の同時申し込みはできないため家族の人数だけ複数回手続きが必要になるので注意しましょう。

もちろん本人確認書類も家族の人数分用意する必要があるので事前に用意しておきましょう。

家族割引グループの登録なしの場合

家族グループの登録がまだない場合はまず家族割引サービスのチェックを外して申し込みを完了させましょう。

【家族】ワイモバ親子割の申し込み手順

ワイモバイルの契約後に店舗に行って新規で家族割引グループの登録をすれば子供とその家族にワイモバ親子割を適用させることが可能です。

ちなみにビックカメラやヤマダ電機など家電量販店では申し込み不可になるので、必ずワイモバイルショップで来店予約をした上で家族グループの登録をしましょう。

ワイモバ親子割の注意点

ワイモバ親子割は1回線目から家族全員に割引が適用されるため、人数が多ければ多いほどお得になるキャンペーンです。

ただ割引適用にあたり、併用できないキャンペーンや割引対象外になってしまうケースもあるので事前に確認をしておくといいでしょう。

同一名義の家族のみ割引が適用される

ワイモバ親子割は子供と同一名義の家族だけ割引対象になるので、家族で契約者が別になっていると割引が適用されないので注意が必要です。

ワイモバ親子割は同一名義の家族のみ割引が適用される

例えば夫と妻、子供の3人家族で全員にワイモバ親子割に加入するなら妻と子供(利用者)は契約者が同じ夫でないと家族としてみなされません。

夫と妻で契約者が分かれてしまうと子供と同一の家族グループには加入できないので、妻の契約名義を夫に変更(譲渡)して同一名義にしておくといいですね。

シンプルM/Lの利用者は自動適用されない

ワイモバ親子割はすでにワイモバイルでシンプルSを利用中でもシンプルM/Lにプラン変更すれば割引を適用することが可能です。

ただ現在シンプルMやシンプルLに加入している人は自動的にワイモバ親子割が適用されるわけではないので一度シンプルSにプラン変更してから再度シンプルM/Lに戻る必要があります。

ワイモバイルでは新しいプランが使えるようになるのはプラン変更した月の翌月になるのでワイモバ親子割が適用されるタイミングは3ヶ月後ということになります。

例えば11月にシンプルSにプラン変更すると12月1日から使えるようになるので、すぐにシンプルM/Lに戻ると反映は1月1日からということになります。

ワイモバ親子割の割引が適用されるのは申し込みした月の翌月からなので1月に申し込みすると2月の料金から割引されるということですね。

シェアプランは割引対象外

ちなみにワイモバイルではシンプルM/L以外のプランではワイモバ親子割の割引が適用されません。

例えばスマホベーシックプランやスマホプラン、データベーシックプランやシェアプランなどではワイモバ親子割の割引対象外になってしまいます。

もちろん旧プランならシンプルM/Lにプラン変更すれば割引適用になるのでMy Y!mobileから手続きしておくといいですね。

ただタブレットやデータ専用端末向けのシェアプランは音声通話プランに変更ができずワイモバ親子割の適用ができないので注意しましょう。

新どこでももらえる特典は併用できない

ワイモバ親子割は家族割引サービスやおうち割などワイモバイルの公式キャンペーンが併用可能ですが、新どこでももらえる特典だけは併用ができません。

新どこでももらえる特典とはPayPayボーナスが最大3,000円相当付与されるキャンペーンで事前エントリーをすれば店舗でもWEBでも利用できるキャンペーンです。

ワイモバ親子割は申し込みと同時に加入する必要はないので新どこでももらえる特典をもらった後に途中からワイモバ親子割に加入するというのもありですね。

新どこでももらえる特典は申し込み方法や条件が間違えやすいので事前に詳細を確認した上でエントリーして申し込みするようにしましょう。

ワイモバ親子割に関するよくある質問

ワイモバ親子割を検討する上でわかりにくい点などよくある質問についてまとめてみました。

受付期間はいつからいつまで?

ワイモバ親子割の受付期間は2021年11月17日から2022年5月31日までになります。

例年、学割終了間近の3月〜5月は申し込みが殺到して通常の倍以上手続きに時間がかかるので、学割終了までに手続きが間に合わないというケースも頻発しています。

特に現在シンプルM/Lに加入している人はプラン変更を2回する必要があるので、そう考えると締め切り直前に申し込みするよりも余裕を持って申し込みしておいたほうがいいでしょう。

ワイモバ親子割が利用できる家族の上限は?

ワイモバイルでは同一の契約名義なら最大10回線まで家族割引グループに登録できます。

ただ10回線の内スマホは5回線までで残りはタブレットやポケットWiFiのみ登録できるので実質的にワイモバ親子割は子供を含め5回線が利用できる家族の上限になります。

ちなみにタブレットやポケットWiFiではシンプルM/Lの契約ができないためワイモバ親子割も対象外になってしまうので注意しましょう。

ワイモバ親子割の割引が適用されるタイミング

ワイモバ親子割の割引が適用されるタイミングは申し込み完了の翌月からになります。

ただワイモバ親子割を家族に適用させる場合で家族グループの登録なしだと店舗で家族グループの登録をした月の翌月1日から割引適用になるので注意しましょう。

つまり子供と家族でワイモバ親子割の割引が適用されるタイミングが違うと言うことですね。

ちなみにワイモバイルは契約初月の料金が日割りになるので2ヶ月目〜13ヶ月目の12ヶ月間がワイモバ親子割の割引期間になります。

ワイモバ親子割の申し込み方法や条件まとめ

ワイモバ親子割は子供にだけ適用させるのであれば、オンラインストアでWEB申し込みするだけで自動的に割引適用になります。

ただ家族に適用させる場合は家族割引グループの登録がないと契約後に店舗に行って申し込みする必要があるので注意した方が良さそうですね。

受付期間は2022年5月31日までで時間的には余裕がありますが、割引適用までに時間がかかるので余裕をもって申し込みするようにしておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました